2021年4月11日 (日)

今城、久々利城、美濃金山城

昨日10日、旅行社のツアーを利用して、名古屋から日帰りで岐阜県可児市の山城巡りに出かけた。可児は2019年の山城サミット大会開催地。山城の調査研究や整備に熱心に取り組んでいる。今回のツアーで回ったのは今、久々利、美濃金山、あとオマケ的に明智(長山)を加えた4城。城郭研究者の加藤理文氏が同行。やっぱり解説付きは有難いです。写真はまず今城(本丸の土塁)。

Photo_20210411162401

今城は、もともと地元豪族の小池氏が築いた城だったが、美濃金山城の城主となった森氏が改修を施して支城にしたと考えられている。全体はごく小規模ながら桝形虎口、切岸、土塁等を備えて、戦国の城の基本的なパーツは揃っている、まさに戦国山城の入門的なお城。次の写真は久々利城。

Photo_20210411162402

久々利氏は土岐氏の一族ながら詳細は不明。写真の右上に見えるのが本丸だが、本丸の向こうのさらに高い場所に小さい曲輪がある。地形上の都合らしいが、本丸が一番高い場所に無いことが、この城の特長。次の写真は美濃金山城。

Photo_20210411162501

美濃金山城を最初に築いた斎藤大納言妙春は、久々利氏に暗殺された。その後1565年、織田信長の家臣、森可成が城主に。以後長可、乱丸、忠政が城主になったが、1601年頃城は破却された。城内には石垣破壊の跡があちこちに残る。それはそれで廃墟感が増して味わい深い。

最後は明智城(市指定史跡名称「長山城」)に行きましたが、ここは戦うための城ではないらしいので、他の3城に比べれば見どころは乏しいです。

|

2021年3月27日 (土)

鳥羽城に行く

今日は、鳥羽城を訪ねた。亀山、津、松坂、伊勢上野そして鳥羽、これで三重県5城巡り(スタンプラリー)は完結。

鳥羽は5城の中で、名古屋から一番遠方だと思われるが、電車(JR利用)だと一本で行けるので、行き方としては簡単。名古屋から快速電車に2時間乗れば終点の鳥羽駅。お城は駅から10分程歩いたところにある。

築城主は九鬼嘉隆。戦国時代、織田信長や豊臣秀吉の下で嘉隆率いる九鬼水軍は大活躍、その名を轟かせた。鳥羽城も当時は四方を海に囲まれた「海城」だったと伝わる。
写真は上から三の丸広場、本丸石垣、本丸からの眺め。お城の向かいには鳥羽水族館がある。奥に見える島は、手前がミキモト真珠島、中央が答志島。

Photo_20210409210401
Photo_20210409210501
Photo_20210409210601

関ヶ原の戦いでは嘉隆は西軍、息子の守隆は東軍と、父子が敵味方に分かれ鳥羽城を巡って戦った。関ヶ原本戦の結果は西軍敗北となり、嘉隆は答志島に逃れる。守隆は父の助命を訴えて認められたが、その知らせが伝わる前に嘉隆は自害した。享年59歳。

|

2021年3月14日 (日)

伊賀上野城に行く

今日は、三重県5城巡りの第2回目を実行。最初に松坂、津、亀山の3城を一日で回った後に続く、4つめの目的地として、伊賀上野城を選んだ。

自分は基本、電車利用の旅なのだが、伊賀上野城は最寄りの駅まで何度か乗り換えが必要なので、先に考えておかないといけない。ということで選択したルートは、行きはJRで名古屋から亀山、亀山から伊賀上野、そこから伊賀鉄道で伊賀上野から上野市駅。乗り換えはあるが、とにかく駅まで来れば、お城は駅前にあるので容易にたどり着ける。帰りは伊賀鉄道で上野市から伊賀神戸、そこから近鉄で伊賀神戸から伊勢中川、伊勢中川から名古屋に至るというコース。

伊賀上野城は慶長13年(1608)、藤堂高虎が城主となって大拡張工事を実施。本丸を高さ30メートルの「超」高石垣で囲んだ。一方、当時の天守は工事中に暴風雨で倒壊。その後長らく天守は築かれなかったが、昭和10年(1935)に地元の名士が私財を投じて新たに建てられたとのこと。

Photo_20210314213601
Photo_20210314213602

ところで伊賀は言うまでもなく忍者の里ですが、個人的にはあんまり興味がないので、今回は関係施設はスルーでした。

|

2021年3月 7日 (日)

松坂城、津城、亀山城

先日、関宿に行った時、関駅の観光案内所で目に付いたのが、三重県の城巡りのパンフレット。伊賀上野・伊勢亀山・津・松坂・鳥羽の5城でスタンプラリー開催中と知り、やってみるかあという気になった。

ということで昨日6日土曜日、朝起きたら意外と天気が良く、気温も高めの予報だったので急遽出陣を決意。まずは名古屋から比較的近場の亀山、津、松坂の各城を一気に回るつもりで出発した。
自分は電車を使うので、こういう周遊の時に便利なJR東海「青空フリーパス」2620円を購入し、さてどういう順番で行こうかと少々迷ったが、ひと駅乗り換えのある津城を最初の訪問地に選択。名古屋からJRで津駅に行き、近鉄に乗り換えて津新町駅へ。そこから15分程歩き、大体11時頃お城に到着。公園化されている城跡を見て回り、JR津駅に戻る。12時30分頃の電車に乗り、1時前に松阪駅到着。徒歩20分程で松坂城に着く。自分的には2度目の訪問。15年くらい前、やはり名古屋に住んでた時にJRさわやかウォーキングで来た。その時も思ったけど、やっぱり石垣がすごい。駅に戻り2時30分頃の電車に乗り亀山へ。途中津駅での長めの停車時間も含めて1時間15分程かかって亀山駅に到着。10分程歩いて大体4時頃亀山城に着く。ここも以前、JRさわやかウォーキングで来た覚えがある。天気も曇に変わり寒くなっていたので、見どころの多門櫓の写真を撮り、そそくさと撤収し駅に戻った。ということで少々駆け足だったが、三重県城巡り第1回目終了。残りの伊賀、鳥羽は遠いので一個ずつ行くつもり。
(写真上は津城。写真中は松坂城の本丸石垣、角部分は算木積みで江戸時代に改修された部分かと。写真下は亀山城の多門櫓)

Photo_20210307141901
Photo_20210307142001

Photo_20210307142101

|

2020年11月 3日 (火)

宇土櫓、復旧まで長い道のり

11月1日日曜日、熊本城を訪ねた。テレビで千田嘉博先生が熊本城を案内する番組を見て、地震後の城内見学コースができていることを知り、行ってみようと思い立った。あと、宇土櫓が解体復旧の方針と聞いて、一度「見納め」しておこう、という気にもなった。

実際に行ってみると、かなりのダメージを受けていると思われる宇土櫓の姿がそこにあった。解体復旧も止むなしという感じである。

20201101

扉や窓が閉められていると、何だかお城が目を閉じて、眠りについているようにも見える。(子供みたいな感想)
以下に、熊本日日新聞の記事(2019年12月6日付)から一部を引用してみる。

本丸の西北側にある宇土櫓は、築城当時の姿を保っている貴重な建物で、国指定の重要文化財です。文化庁の「国指定重要文化財等データベース」には、「桃山時代初期の天守の様式を示している。」と、その価値が記されています。
明治10(1877)年の西南戦争や明治22(1889)年の地震も乗り越えた宇土櫓。平成28年熊本地震でも、倒壊を免れました。しかし、建物内部の損傷は大きく、1・2階のしっくい壁がひどく剥落、床が大きく傾き、2階の鉄骨製の補強材が1カ所たわむなどの被害が生じました。
宇土櫓は国の重要文化財なので、その価値を守るべく、丁寧に調査しながらじっくりと工事を進める計画になっています。

・・・宇土櫓の調査、解体復旧には10年以上、下手すりゃ20年近くかかるかも知れない。ので、再建された宇土櫓の姿を、還暦過ぎた自分がまた見ることができるのかどうか、自信が有るような無いような・・・。(苦笑)

|

2020年11月 2日 (月)

熊本城「特別公開」

11月1日日曜日に熊本城を訪ねた。4年半前の地震により相当な被害を受けた熊本城では、現在、地上から5~7ⅿの高さがある特別見学通路を設けて、城内の復旧の様子や被害の状況を見ることのできる「特別公開」を行っている。見学通路は、「飯田丸」から本丸の南側を通り、「本丸御殿」地下の通路を経て「天守閣」に至るコース。途中、巨大な石垣にさらに追加の石垣が重ねて築かれた、いわゆる「二様の石垣」も、ちょっとパノラマ的に眺められる。

Photo_20201103143101 

特別見学通路は毎日公開。この空中通路の「南ルート」のほか、「天守閣」と「宇土櫓」の側を通る「北ルート」もあり、こちらは日曜・祝日のみ通行可能。できれば日曜・祝日に行って、両方歩く方がよろしいですね。

|

2019年11月18日 (月)

「秘境駅号」に乗ってみた。

いわゆる「秘境駅」に自分も少しは興味を持っている。けど、是非行きたいという程でもない。でも行くなら今、名古屋に住んでる間かな。と考えて、乗ってみました「飯田線秘境駅号」。JR東海が春と秋に企画する観光列車だ。何でも運行10年目に突入ということで、根強い人気が窺える。

今年の「秘境駅号」のスケジュールは11月16日、17日、23日、24日、週末土日の4日間、いずれも午前の下り(豊橋から飯田)、午後の上り(飯田から豊橋)、合計8本が運行される。自分は17日日曜日の午後、上り列車に乗車。切符を取る時に、乗客は団体客が多いと聞いていたが、実際に当日お昼過ぎに出発駅の飯田駅に着くと、JTB、クラブツーリズム、JRツアーズなどのお客さんが集まっていた。

午後1時過ぎに飯田駅を出発した「秘境駅号」は途中、千代(ちよ)、金野(きんの)、田本(たもと)、為栗(してぐり)、伊那小沢(いなこざわ)、中井侍(なかいさむらい)、小和田(こわだ)、合計7駅の「秘境駅」に停車。乗客は各駅5分から15分程度の下車観光ができる。秘境駅は特急停車駅でいうと天竜峡駅と中部天竜駅の間に集中していて、秘境駅の観光自体は飯田駅出発から約3時間で終了。列車は午後6時前に豊橋駅に到着した。

Photo_20191119201801

為栗駅。山と湖に挟まれた風光明媚な?秘境駅。

 

Photo_20191119202001

田本駅。コンクリの崖の下で秘境駅が混雑してる。(笑)

 

Photo_20191119202002

小和田駅。郷愁を誘うかのような駅舎を持つ秘境駅。

秘境駅、とりあえず行ってみました、という感じではある。今度は天竜峡温泉立ち寄りも含めて、飯田線秘境駅(を車窓から見る)の旅を自分でプランしてみようかな。

|

2016年3月22日 (火)

「回天」基地の島

年度末。まず休暇の消化を決めて、さて何をするかと考えた。で、前から何となく気になっていた場所に行ってみるかと、瀬戸内海の大津島(おおづしま)にある回天記念館を訪ねた。

Photo
太平洋戦争末期の特攻兵器である人間魚雷「回天」。大津島は、その訓練基地のあった場所。徳山駅前のフェリー乗り場から船に乗って、大津島の「馬島」まで40分(直行便なら20分)で到着。そこから10分程歩いた高台に回天記念館がある。建物の入り口横には、回天の模型が展示されている。全長約15メートル、直径1メートル。「人間魚雷」回天、その姿はとりあえず一人乗り型の潜水艦というところ。

Photo_2
大津島の海岸に残るこの構築物は、もともとは九三式魚雷の発射試験場として昭和14年に作られた施設。回天が九三式魚雷をベースに開発されたこともあり、この施設を利用して回天の操縦訓練が行われ、島に基地も建設されたということである。

ここに来るまでの自分の回天に対するイメージは、敗色濃厚な戦争末期に現われた苦し紛れの兵器というものだったが、記念館の展示を見ると、かなり大規模な組織的プロジェクトだったんだなあとちょっとびっくり。回天の基地は大津島の他に山口県の光(ひかり)と平生(ひらお)、大分県の大神(おおが)の合計4ヵ所あり、いずれも工場や兵舎などの施設が整えられていた。全国から集められた志願兵約1,400名は、昭和19年9月から「新兵器」の運用をマスターする特訓開始。一日のカリキュラムを見ると、予定がびっしりなのにまた驚く。訓練中の事故死もあったとのことだが、とにかく2ヵ月の猛訓練を経て11月から実戦に投入。翌年昭和20年8月までの出撃回数は約30回。大型潜水艦に目標近くまで運ばれる形で出撃するのだが、諸々の条件や事態に左右されて、攻撃にまで至らず帰還する場合もあり、空母や戦艦など大物の敵艦を沈めたという戦果は皆無。やはり相当運用の難しい兵器だったのは否めない感じだ。なお回天に係わる戦没者は搭乗員に整備員他も含めて145名、没時平均年齢21.1歳とのこと。

強い使命感があれば、人は死ねるのかも知れない。あるいは、死を納得するために使命感を湧き立たせるのか。そこは分からないにしても、戦争についていつも思うのは、時代が違えば人の運命は恐ろしい程に違うという残酷な現実だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

三春滝桜

広告に影響されることは結構あるもので、JRのポスターで見た福島県三春の滝桜の見事な美しさに「こりゃすごい」と圧倒されて、「じゃ、行ってみるか」と決めた。

三春滝桜は日本三大桜のひとつ。あと二つは岐阜県の根尾谷淡墨桜と山梨県の山高神代桜。滝桜は大正11年に、桜の木としては初めて天然記念物に指定された。エドヒガン系ベニシダレザクラで高さ13.5メートル、推定樹齢は1000年を超える。

1
郡山まで新幹線、そこから磐越東線に乗り換えて2つ目の三春駅下車。桜の時期に出ている臨時バスに乗り、20分程で観桜コースの入り口に到着。5分程緩やかな上り坂を歩くと、目指す滝桜が現れる。この時期は老若男女、団体さんも含めて、たくさんの人がやって来る一大観光地なわけですね。

Photo

三春は江戸時代には秋田氏5万石の城下町だったとのことだが、それより前に人はどれくらいいたのだろうか。滝桜の樹齢1000年と聞いて、今は大勢の人が見に来るけれど、過去には人知れず花を咲かせて散らせていた時もあったのかなぁと考えたりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

鯖街道熊川宿に行く

Photo_7

ふと思い立って、鯖街道熊川宿を訪ねた。

2月27日金曜日の夜に京都に入り、翌28日土曜日の訪問。京都からJR湖西線近江今津駅まで約50分。そこからバスに約30分乗って「若狭熊川」で下車した。が、ひとつ手前の「橘町」で降りて、そこから戻る格好で歩いて「道の駅」からスタートするのがベターかも。

しかし殆ど人がいない。まだ冬場だから?

やはり木曾の妻籠や奈良井に比べたら、全体的に物足りない感じではありますが。

戦国時代好きに面白い史実は、細川藤孝の妻が熊川出身とのこと。
「室町時代末期から江戸時代初期の武将であり優れた歌人として有名な幽斎(玄旨)細川藤孝(1534~1610)の妻は、実は熊川城主沼田光兼の娘麝香(じゃこう、受洗名マリア)でありました。幽斎も光兼も足利将軍直属の家臣でありましたから、二人は浅からぬ縁に結ばれていたようです」(当地の資料館で購入したパンフレットより)

帰りの新幹線の車中では、ビールを飲みながら焼き鯖寿司をつまむ。充分贅沢だよな、という気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)