2017年3月30日 (木)

「義とされる」とは

人は信仰によって義とされる、って何のこっちゃと非キリスト教徒は思うわけだが、とりあえず『プロテスタンティズム』(深井智朗・著、中公新書)第3章からメモしよう。
 
キリスト教の救いとは「義とされる」ということである。しかし「義」とは説明の難しい考え方だ。
 
義とは神との関係の正しさのことであり、罪とはこの正しい関係の破壊のことである。
神の教えに反したり、神の存在や恩寵を否定したり、拒否することは罪である。関係が破壊されているからだ。人間が罪人であるのは、自らこの関係を破壊したからである。
この罪の状態では人間は天国に行けないのだから、神との壊れてしまった関係を修復しなければならない。 
しかしルターは、人間の側の努力によって正しい関係を回復することや、自分は義とされたという確信を持つことは不可能だと考えた。
 
ルターが聖書に発見した事実は、神は義を持つだけではなく、それを与えることが可能だということであった。義人とは、神によって義とされた人を指すというのが、ルターが聖書を読み、そこから引き出した結論であった。
 
この神の義を人間が受け取るために、この世に来たのがキリストとしてのイエスである。キリストとしてのイエスは神の子であるから、まさに義を持った存在だ。罪や過ちのないイエスが私たちの罪や過ちを引き取り、その代わりに義を与える。
ルターはこの発見を、「キリストの義と人間の罪が交換される」という、いわば神秘主義的な表現によって説明した。
人間が義とされるのはただこの事実を信じる信仰によるのだということになる。
 
ルターは、神が人間を救うという行為を人間はただ受け取るのであり、神がなすことを信頼するのが信仰だと考えたのである。
 
・・・義とは、神との正しい関係である、と言われればまあ分かるような気もする。けど、義を「持つ」とか、「与える」とか言われると、やっぱりよく分からなくなる。はあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

応仁の乱は時代の転換点

新聞広告に「28万部」の文字。中公新書『応仁の乱』(呉座勇一・著)が、教養書としては破格の売れ行きだ。中央公論4月号(特集「歴史力で乱世を生き抜く」)掲載の対談記事から、呉座先生の発言の一部をメモする。
 
(応仁の乱を時代の転換点と見る理由として)最も大きいのは、応仁の乱を契機に、延々と続いてきた、京都を中心とした政治体制・政治秩序が崩壊したことです。いわゆる戦国大名が各地に出現し、地方の時代が始まる。戦国大名の乱立は、江戸時代に幕藩体制に再編成され、明治維新によって中央集権国家となるまで、地方自治的に社会が動いていく。その出発点が応仁の乱なのです。
 
応仁の乱が始まるまでは、細川、山名、畠山、斯波といった有力な守護大名たちの勢力均衡によって、一定の政治的な安定が実現していました。ところが、応仁の乱によって、それまでの勢力均衡が崩れ、新興勢力が擡頭する。これが、いわゆる戦国大名です。
 
守護大名は幕府の家来ですが、特に南北朝時代は南朝という幕府の不倶戴天の敵がいることによって、不満を持った大名が南朝と結び付いて叛乱を起こすことが続きます。そうさせないために、有力な守護大名たちを京都に集め、彼らが地方軍閥化することを防いだのです。
この体制がうまくいったのは1400年代初頭からの20~30年間です。京都に集められた守護大名は、合議によって各々の利害調整を行いました。
 
ところが、六代将軍足利義教がこの合議をやめてしまう。大名たちが全会一致で決めたことを将軍が覆すことができないため、将軍にとっては非常に邪魔な存在だったわけです。義教は問題が起きた時には、個別に大名に諮問を行いました。その結果、大名たちの横のつながりが断たれた。短期的には将軍優位の体制になりましたが、幕府が非常に不安定になった。その後、義教が暗殺されてしまうと、後はもう勢力均衡でやっていくしかない。その勢力均衡ですら崩れてしまった結果起きたのが、応仁の乱なのです。
 
・・・応仁の乱勃発(1467年)の背景を考えるためには、まず室町幕府の権力構造(教科書的にいう「守護大名の連合政権」)を再認識する必要がある。そして六代将軍足利義教の暗殺(嘉吉の変、1441年)以降、権力構造の求心力が低下していく推移の帰結として、応仁の乱が起きる。この結果、足利将軍と室町幕府の権威は地に落ちたことが誰の目にも明らかになった、ということなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

野村證券と80年代バブル相場

野村證券 第2事業法人部』(講談社)の著者である横尾宣政氏は、野村證券の優秀な営業マンとして、80年代のバブルから90年代の損失補填問題、総会屋問題と、まさに野村の激動の時代を生きた人物。同氏が80年代バブル相場を語る部分からメモする。
(1985年9月22日の「プラザ合意」に始まる為替の急激な円高ドル安により、日本企業は危機的状況に陥った)
 
私は「日本の輸出産業もこれで終わりか」と、本気で考えた。
この窮地から日本企業を救ったのが株価の急騰、誤解を恐れずに言えば野村證券が描いた「トリプルメリット」「ウォーターフロント」のシナリオ相場である。 
円高、金利安、原油安を囃して86年から始まったトリプルメリット相場では、この3つの材料の好影響をもろに受ける東京電力、関西電力、中部電力などの電力会社、東京ガスや大阪ガスといったガス会社、それに関電工など電気設備・電力工事会社が買われた。トリプルメリット相場がある程度限界に達すると、ほぼ切れ目なく、再開発プロジェクトによって地価が高騰した東京湾岸に広大な土地を保有しているIHI、東京ガス、日本鋼管(88年6月にNKKに社名変更)を"御三家"とするウォーターフロント相場が始まる。
 
ところでこの当時、株式市場では「Qレシオ」(実質株価純資産倍率)と称する、株価を1株当たりの実質純資産で割って弾き出す指標が使われた。実質純資産とは純資産に、時価で計算した含み資産を加えたもの。「会社が保有する土地の含み益を考慮すると、その会社の株価は決して割高ではない」と主張するための材料だったが、事業の将来価値を軽んじる可能性があり、私はこの指標だけで株価を考えるのは間違っていると思った。
 
いずれにせよ、トリプルメリット相場やウォーターフロント相場に引っ張られて、日本の株価は暴騰していった。そこで起きたのがエクイティファイナンス(株式発行を伴う資金調達)の大流行だ。
80年代の後半の数年間は、エクイティファイナンスで調達した資金を使った生産設備の充実が図られ、技術開発が最も進んだ、日本の黄金時代だった。つまりプラザ合意後の産業界の危機的状況を救ったのは株式市場であり、野村證券が仕掛けたトリプルメリット・ウォーターフロント相場だったと、私は確信している。
 
・・・トリプルメリット、ウォーターフロントそしてQレシオ―――まさにバブル相場の熱気を帯びた記憶が甦える。東京電力、石川島(現・IHI)、新日鉄(現・新日鉄住金)など、大型株中心に売買が空前の盛り上がりを見せた、流動性相場の全面的大展開。あの頃、野村證券の存在感は圧倒的で、証券業界すべての人間が野村の動向に関心を寄せていた、と言っても過言ではなかったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

『応仁の乱』に注目

中公新書『応仁の乱』(呉座勇一・著)が、販売部数10万部を超える注目の本に。同書は、先日発表された「新書大賞」(中央公論新社主催)でも、昨年発行の新書ランキング5位の評価を獲得している。毎日新聞サイト本日付発信記事(「不人気」応仁の乱、異例のヒット)から以下にメモ。
 
本書の読みどころは、広く知られた定説を覆すところにある。
まずはこれまでの説をおさらいしてみよう。銀閣寺(京都)を建てたことで知られる室町幕府八代将軍の足利義政が文化に力を入れるあまり政治に関心を示さなくなり、弟義視(よしみ)を後継者に決めた。しかし、「悪妻」とされる日野富子が、その後産んだ義尚(よしひさ)を後継ぎにしようと「ごり押し」したことで、それぞれの後見である細川勝元(東軍)と山名持豊(宗全、西軍)をはじめとする有力大名が争った――と伝えられることが多かった。
 
しかし、呉座さんは「日野富子の悪女説は(歴史上の合戦を題材にした文芸作品である)軍記物『応仁記』が起源です。近年の研究で虚構性が指摘され、歴史学界での富子への評価は、経済面から幕府を支えた存在に変わりつつある」と解説する。きちんとした史料には、富子が直接的に開戦に関与した形跡は見当たらず、義政も政治に無頓着なわけではなかったという。
開戦の直接的なきっかけは、有力大名だった畠山氏の家督争いだが、さまざまな思惑を持って多くの大名が戦乱に参加し、京都は焼け野原になってしまう。
1467年に始まった戦乱は1477年まで延々と続く。そして結局、勝者も敗者もはっきりしないままに終戦を迎えた。一言で言えば「ぐだぐだ」である。

売れ行きは好調だが、決して易しい本ではない。開戦26年前の六代将軍・義教(よしのり)暗殺(嘉吉の乱)など戦乱に至るまでの背景も丹念に描き、巻末の人名索引は約300人もの名前を掲載する。入り組んだ人間関係を過度に図式化することは避け、興福寺(奈良)の高僧が残した日記などを基に「同時進行ドキュメント」のような一冊にしたのは、呉座さんが「この先に何が起こるのか知るよしもない当時の人々の視点から、乱を描きたかった」ためだ。

・・・確かに、応仁の乱は「ぐだぐだ」ゆえによく分からない戦いだから「不人気」であるのだと思う。でもだからこそ知りたいという潜在的欲求があり、それに応えたのがこの本であるということなんだろう。でも店頭でぱらぱら見たけど、確かに簡単に読める本じゃないんだよね。ということで、自分はとりあえずもう少しやさしめな『戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本』(じっぴコンパクト新書)を買いました。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

「老後」と宗教の無力化

宗教学者の島田裕巳は、「老後」というものが現代日本人の死生観を大きく変えた、と見ている。雑誌「アエラ」(1/16号)のインタビュー記事からメモする。
 
「老後」という言葉が朝日新聞に登場したのは1984年。戦後、第1次産業から第3次産業へと産業がシフトして都市化とサラリーマン化が進むなかで、「定年」という制度が生まれました。それまでは、基本的に死ぬまで働いていたわけですから、「生」と「死」の二分法でした。
ところが、戦後のサラリーマン世代が最初に定年を迎える80年代中盤以降に「老後」が誕生したことで、人生が3段階になった。老後に「死ぬまでの心配」をしなければならなくなったことは、大きな変化です。
 
同時に、家制度の弱体化も「死の意味」を変えました。日本人の死生観は「西方浄土」「極楽」という仏教的観念と家制度が結びついて醸成されてきました。「死んだら極楽浄土に行ける」「ご先祖様になって家や子孫を守る」と考えることで、「死」は意味を持ちました。
 
日本人には、「世の全てのものは移り変わり、いつまでも同じものはない」という無常観が根底にある。死が身近でいつ死ぬかわからないから、無常の世の中ではない「極楽浄土」に生まれ変わることを期待してきたのです。
 
だが、平均寿命が70、80歳と延びるにつれて、家の"新陳代謝"は滞り、核家族化や病院死の増加によって、死はどんどん遠いところへと追いやられていった。「極楽浄土」や「ご先祖様」という意味は見いだせなくなり、生きることが最大の価値になった。これが今の日本人の死生観なのです。
 
・・・昔は人間は簡単に死んだ。戦争、災害、伝染病、飢饉等々。だから昔の人の気持ちになれば、来世を信じないでやってられっか!というわけで、今生は来世や天国に行くための準備の時間と意味づけられる。しかし今では、新生児はほぼ無事に成人できるし、リタイアしてからの時間も延びた。要するに人間は長生きできるようになった。科学的知見の普及もあり、来世や天国を信じる切迫感は昔よりも大きく低下。これに伴い、人生から宗教的な意味というか目的(あの世の救済)も失われた。今では人生の目的というと「長生き」、加えて「金持ち」というところだろう。これが文明進歩の果てに人間の抱く願望なのか。それは違うぞと思うなら、自分で自分の人生の意味を見つけるほかない。そういう意味では実存主義は今でもそれなりに有効なのかなと思う。
 
しかし有象無象の人生に大した意味があるとは思えない。それこそアメリカ大統領くらいにならないと、自分の人生に意味があるとか言えないなあと。この頃そんな気がしているのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

「ポピュリズム」というレッテル

「週刊エコノミスト」(1/3・10合併号)掲載のコラム記事「リベラルの罪」(英国在住のブレイディみかこ執筆)から、以下にメモする。
 
現代のメディアや知識人、政治家などに使用されるときの「ポピュリズム」は、デマゴギー(虚偽宣伝)やレイシズム(人種差別)といったネガティブな要素を多分に含んだ「脅威」の同義語になっている。欧米のリベラルにとって、ポピュリストとは、洗練されていない低学歴の人々のことであり、メディア人や知識人、政治家は、こうしたポピュリストを諸悪の根源であるかのようにレッテル貼りする。
 
現代のメディアにおける「Pワード」(ポピュリズム)の氾濫を見ていると、それは「間違った考え方」を象徴する言葉になり、メディアも政治家もそれと戦うことに躍起になっているように見える。
これほど欧米がPワードを恐ろしがるのは、それが欧州におけるファシズムの台頭を思い起こさせるからだろう。1920年代と30年代の大恐慌の時代に、大衆を喜ばせる言葉を発し、広報による情報操作戦略で権力を握ったヒトラーやムソリーニの時代を彷彿とさせられるからだ。
 
キャメロン前首相とEU残留派を負かしたのは、すべての政党とエスタブリッシュメントたちに、自分のささやかな希望や不安を無視されてきたと感じている「取り残された人たち」だ。
欧米の民主主義は、国家の枠組みや帰属意識、共同体意識、安定した仕事を原則として築かれたものだ。だが、近年のエリートやリベラルは、時としてこれらの原則を痛烈に批判する。国境をなくし何ものにも帰属せず、コミュニティーに頼ったり、仕事に安定を求めたりせず、グローバルに生き抜くのが"プログレッシブ"(進歩的)な人間なのだと彼らは啓蒙する。
しかし、世の中にはそういう生き方をしたくない人々もいる。「取り残された人たち」は、リベラリズム(とそれを奉ずるエリートたち)こそが彼らを生きにくくした原因だと考えている。
 
欧州や米国で起きた出来事をPワードという言葉で切り捨てることは、実質賃金の低下や、記録的水準に達そうとしている格差への人々の怒りから目をそらすことにほかならない。
 
・・・このところメディアでは、「ポスト・トゥルース」という直輸入ワードを見たり聞いたりする。これは、客観的事実よりも感情へのアピールが世論形成に大きく影響する状況を指す言葉らしい。なので「ポピュリズム」の関連用語という感じではある。といってこれを、トゥルースはエリートの側にあり、大衆は感情的に動くだけ、という図式にしてしまうと、見逃してしまう事柄も多くなるのではないだろうか。結局はエリート層にも、「取り残された人たち」にも、それぞれの「トゥルース」があり、困難ではあっても両者の調停を図りながら、合意形成していくほかないように思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

16世紀という「画期」

歴史家のブローデルと社会学者のウォーラーステイン、二人の学説にとって16世紀は画期的な時代である。以下に『仕事に効く教養としての「世界史」Ⅱ』(出口治明・著、祥伝社)からメモ。
 
最初にブローデル。彼は歴史という大河を「長波」、「中波」、「短波」の三層構造で捉えました。歴史の表層に登場する個人やさまざまな出来事がありますが、これを「短波」と考えました。次にもう少しゆっくり変化していくもの、たとえば王朝の興亡や長期にわたる戦争、宗教の発展やイデオロギーがらみの紛争などを「中波」と呼びました。それらの「短波」や「中波」の深層にある人為的に変えることが難しいもの、自然環境や地理的条件や気候、さらには人間の日常生活を精神的に支えている死生観や人情のように非常にゆっくりした変化しか起こさないものを「長波」と呼びました。
 
ブローデルは、歴史は「中波」と「短波」が重なり合って、さまざまな変化を生み出すように見えるけれども、時代が大きく変化していくときには、その深層にある「長波」の動きがあることを忘れてはならないと指摘しています。
ブローデルはそのような歴史観に立って、大著『フェリペ二世時代の地中海と地中海世界』を執筆しました。
 
次に社会学者であるウォーラーステインは「世界システム」という、世界を一体的に捉える概念を提唱しました。
彼はまず、「世界帝国」と「世界経済」を区別します。世界帝国とは、たとえば地中海世界やイスラム世界のように、一定の領域内に言語の異なる複数民族が暮らしている地域的なまとまりのことです。
さらにウォーラーステインは、世界経済という概念を提唱し、以下のように定義しました。それは「資本主義によって結ばれている世界である」と。資本主義や世界経済と言いましたが、それは交易や分業を中心とする、経済的な結びつきによって成立している世界の意味です。
このような経済的関係によって構成される地域の結びつきを、ウォーラーステインは、世界システムと呼びました。世界システムは、世界を中央・半周辺・周辺と区分し、それらの分業体制によって世界が成立しているという概念であり、このような世界的な分業システムが、より強固になった16世紀以降をウォーラーステインは、「近代世界システム」と呼んでいます。
 
世界史を短波・中波・長波という3つの異なる時間軸の合成として見つめ直すこと。また世界は中央・半周辺・周辺という分業システムで動いていると一体的に捉えること。ブローデルとウォーラーステインがともに16世紀を中心に自らの学説を展開したのは、16世紀が時代を画する世紀であったからに他なりません。
 
・・・世界は激動している。というのが挨拶代わりのような現代。はたして16世紀と同様、歴史の転換期なのか。とはいえ「近代世界システム」に大きな揺らぎはないように見える。では「長波」の動きはどうか――といっても「長波」の動きなんか分からんよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

イエスとキリスト教の謎

仁義なきキリスト教史』(架神恭介・著、ちくま文庫)の各章に付された「解説」(第1章~第5章)から以下にメモする。
 
当時、民衆の間に流布していたのが黙示思想である。これはいずれ終末(天地異変や破局的な惨劇)が訪れ、メシア(キリスト)が現れて選ばれた者たちを救い、義(ただ)しい者が復活、「神の国」が実現する、というものであった。

イエスの師匠格である洗礼者ヨハネも終末思想を説く宗教家であったと思われる。無論、弟子のイエスも師の影響を受けたことであろう。

イエスが実際に何をしていたかというと、これははっきりしない。ほぼ唯一の資料である福音書は伝説と脚色にまみれており、そこから史実のイエス像を抽出することは難しい。ある程度、信憑性を持って言えることはイエスが病治(やまいなお)し活動をしていたということだ。
 
イエスが処刑された理由もよく分からない。
推測の域を出ないが、イエスが求心力を持っていたこと、それ自体が問題視されたのではないだろうか。ユダヤ人の王を僭称しローマに対し反乱を企てた扇動者として処刑されたのだろう。

イエスの死後、遺された彼の取り巻き――弟子たちは活動を継続した。なぜだか彼らは活動を続けたのである。如何なる心理が彼らにそうさせたのかは分からない。
 
イエスの死後、彼こそが待望していたメシア(キリスト)であったと考える一派が現れ、彼らがキリスト教と呼ばれるようになる。ユダヤ教との最大の違いは、ユダヤ教徒はイエスのことをキリストだと認めていない点にある。
 
もうじきキリストが現れ終末が訪れるというのは、当時の一般的な思想傾向であったし、そのキリストが死んだはずのイエスだというのも、奇矯なアイデアではあるがまだ理解できる。だが、イエスを神に類するものと見なし始めたのは理解に苦しむ現象である。
 
当たり前だが、キリスト教も当時は新興宗教である。よく分からないので根も葉もない噂が飛び交い、彼らは迫害を受ける。

キリスト教の迫害が終結したのはコンスタンティヌス帝の時代。313年のミラノ勅令にて公認されたのがターニングポイントと一般に理解されている。なぜコンスタンティヌスがキリスト教を公認したのか、明確な理由は分からない。
 
・・・392年にキリスト教はローマ帝国の国教となる。長い時間をかけて歴史的に形成されてきた宗教であるキリスト教。しかしそのプロセスは謎だらけ。ふしぎなふしぎなキリスト教である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

「正統と異端」の謎

仁義なきキリスト教史』(架神恭介・著、ちくま文庫)は、キリスト教の歴史をやくざの抗争に見立てた小説風読み物。ケレン味たっぷりながら、各章に付された「解説」を読めば、相当な勉強の上に書かれていることが窺える。以下のメモは第5章「ローマ帝国に忍び寄るやくざの影」の「解説」より。
 
ニカイア公会議に関して簡単に解説すると、これはイエスのキャラ設定の問題である。アレイオスの主張によると、イエスはヤハウェにより一番最初に創造された被造物であった。一方、アレクサンドロスの主張では、イエスは創造されておらず最初からヤハウェと一緒にいたのである。アレイオスから見れば、アレクサンドロスの主張は神が二人いるようなものなので多神教になってしまうし、アレクサンドロスから見れば、アレイオスの主張ではイエスはただの「創られたもの」なのだから拝んではいけないことになってしまう。なので、彼らは自説を譲らず互いに争った。
 
我々部外者からすれば全くもってどうでもいい問題である。元々が意味不明なのだから当然正解も不正解もない。
 
だから、彼らはただどちらの理屈が面白いかで戦っているのである。
ニカイア公会議ではアレクサンドロス派が勝利したのであるが、所詮正解も不正解もない問題なので、皇帝が代替わりして支持する派閥が変わるごとに、あっちが正解になったりこっちが正解になったりする。キリスト教の言う正統、異端というのはこの程度の違いである。異端だから悪いとか間違っているとか、そういうものでもない。
 
・・・キリスト教には「三位一体」という特にワケの分からない教義があるけど、とにかく難解な説明の方が有り難みがあるというか、そんな程度の理由で「正統」が決まってるんじゃないかと、部外者は疑ってしまう。正統が正統である根拠は薄弱であるとすれば、だからこそ、正統派からの異端に対する弾圧は苛烈を極めたのではないか、という気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

プロ棋士の存在意義

「将棋界は今、未曾有の危機を迎えている」と訴えるのは、プロ棋士の橋本祟載八段。著書『棋士の一分』(角川新書)の中で、「ファン投票で出場者が決まる」新棋戦の創設や、トーナメントプロとレッスンプロの役割分担を明確にする、などの将棋界改革案を提示。以下に同書から、プロ棋士の存在意義について述べている部分をメモする。
 
プロ棋士がなぜ対局料をもらえるのかといえば、将棋というゲームの可能性をファンに見せて夢を与えていることへの対価なのではないだろうか。
しかし、将棋というゲームがもつ可能性は無限ではなく有限である。ボードゲームである以上、真相・真理があるのは絶対だからだ。
それでも、その有限を無限に見せることはできる。それまで誰も考えつかなかったような一手を指すことなどがそうだ。苦労を重ねて定跡をつくり、試行錯誤によってそれを塗り替えていく。長い歴史の中でそうした繰り返しがありながらも結論が出ないからこそ奥が深いと感じる人がいて、ゲームの虜になるのだ。
そこに計算機、コンピュータが入ってくれば、そうした魅力がなくなってしまいかねない。
見る価値がなくなり、お金を取れるものでなくなれば、プロ棋士も存在できなくなるのは必然である。
 
・・・上記のような見方を、オールド将棋ファンである自分も共有する。今回の竜王戦挑戦者の交代につながった「事件」が事実ならば、問題となった行いはプロ棋士の自己否定としか言いようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧