2021年1月16日 (土)

米共和党、無惨なり

ニューズウィーク日本版1/19号記事「トランプの乱とファシズム的未来」から以下にメモする。

共和党はこの60~80年ほどの間、右傾化し続けてきた。これは、圧倒的に白人中心だったアメリカ社会が多民族社会へ移行し、あらゆるグループに平等な権利を認めるようになり始めたことへの反発が生み出した結果だった。

共和党は白人の既得権、大企業の利益、一部の人への富の集中を擁護する政党に変貌している。今日の共和党的発想によれば、連邦政府の政策はほぼ全て、「昔ながらの生き方」と「自由」を否定し、白人に犠牲を強いてマイノリティーを「不公正」に(とこの勢力は考えている)優遇するものに見えている。

共和党は、異人種に対して被害者意識を抱く人々の政党と化していて、政府の機能を有用なものと考えず、自分たちの「リーダー」を祭り上げることにより、民主政治の「抑制と均衡」の仕組みを弱体化させようとしている。これは、もはやファシズム以外の何物でもない。問題は、そのような政党がアメリカの2大政党の一つであることだ。

トランプ支持派の議事堂乱入は、アメリカにとって19世紀半ばの南北戦争以降で最悪の危機と言っていい。しかし、アメリカの民主主義に対してそれ以上に大きな危険の種は、昨年11月の大統領選でトランプに投票した膨大な数の有権者の思考の中に潜んでいる。それにより、アメリカは、トランプが去った後も長期にわたり、社会的・政治的な分断と衝突に苦しめられるだろう。

・・・大統領選でトランプが獲得した票は7400万票という。無論その全ての投票者が、議事堂に突入した暴徒と同じ考え方を持っているわけではないにしても、議事堂占拠の様子を見せられると、かなりヤバイ感じがする。あれではトランプは「ヒトラー」だし、暴徒はまさに「突撃隊」か、と言いたくもなる。そうなると、トランプ色に染まりつつある共和党は「ナチス」ということになる。

一方で、アメリカでは社会主義に好意的な若者が多くなっているらしい。民主党では極左勢力の影響も無視できないという。思い起こされるのは100年前、1920年代のドイツだ。当時のワイマル共和国では、社民政権の下でナチスと共産党が勢力を伸ばした。ということで、アメリカは「ワイマル共和国」になりつつある・・・と言っていいのかどうか、でもそんな感じ。

|

2021年1月11日 (月)

織田政権と本能寺の変

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は来月の2月7日が最終回。だからだろう、雑誌『歴史街道』と『歴史道』の最新号は、いずれも「本能寺の変」を特集。本能寺の変を、天下統一の最終段階における織田政権内の重臣間の派閥抗争の帰結とみるのは藤田達生・三重大学教授。以下に『歴史道』掲載の論考からメモする。

天正十年の毛利氏や長宗我部氏との戦争の後、信長の領国を拡大するため、宿老層は最前線の遠国へと国替が命じられる可能性が高かった。これに対して、嫡男織田信忠以下の一門衆は畿内近国で城主となっていたが、さらに加増などを受けて政権運営上も重要な役割を期待されることになっていたとみられる。

ここで重要なのが、近習である。信長の薫陶を受けた若い俊英たちは、年齢に見合わないほどの重職を果たすようになった。
従来のように、光秀ら宿老層を使って重要政策を執行するのか、経験を積みつつあった若い一門・近習を中心とする専制的かつ集権的な国家を創出するのか、政権を分裂させかねない対立があった。天下統一を目前に控えた時期、信長は専制化と政権中枢の世代交代を進めるべく、後者に大きく舵を切ろうとしていた。
筆頭宿老的立場の光秀は、畿内近国支配をめぐり一門・近習たちとライバルの関係にあった。しかも、信長の専制化によって最も被害をこうむる立場にあり、将来に希望をもてなくなったしまったといってよい。

信長の中国・四国攻撃の後に光秀に国替が待っていたことも、本能寺の変の重要な前提だった。信用度の低い史料ではあるが、『明智軍記』には中国出兵に際して、光秀が信長から出雲・石見への国替を命ぜられたと記す。

・・・この織田権力論の中に本能寺の変を位置づける見方は非常に興味深い。光秀の謀反の動機は、政権の外部からは窺い知れないということ。だからこそ怨恨や野望など、分かりやすい理由が面白おかしく語られたのだと思われる。

ただ藤田先生は足利義昭の関与に固執している。四国を巡る主導権争いにおける羽柴秀吉・三好康長VS明智光秀・長宗我部元親の構図、そこに足利義昭が光秀に働きかけて、元親も含めた三者が奇跡的に結びつき、未曽有のクーデターが実現したという。しかし、光秀と義昭を無理に結びつける必要があるとは思えない。織田権力の内部闘争だけでも、光秀謀反の動機を充分説明できる印象だ。

強敵の武田氏を滅亡させた後、織田権力は新たな段階に移行する過渡期、不安定な時期にあった。信長が息子たちに権力を譲り、一門で畿内を押さえようと考えるのは自然だし、となれば光秀が領地召し上げの憂き目に遭う可能性は高かったといえる。変の数年前には、宿老の佐久間信盛らが追放されている。お役御免となれば、畿内から遠国に国替えになるかもしれないと、光秀は心中モヤモヤしていたのではないか。そこに突如として訪れた絶好のチャンス。信長信忠親子が殆ど無防備で京都にいる。織田軍団の司令官たちは各方面の前線で敵と戦っている。まさに今、自分が信長の生殺与奪の権を握っている。こんな機会は二度とない。光秀は考える。この先信長がいるのといないのとでは、どっちが自身と明智家にとって得か。あるいはリスクが小さいか。答えを出した光秀の軍勢の向かう先は京都、本能寺だった。ということではないだろうか。

|

2020年12月19日 (土)

欧米人の「マスク拒否症」

日本の新型コロナウイルス感染者数が比較的少ないのは結局、みんな大人しくマスクをしてるから、ということになるのかな。『世界のニュースを日本人は何も知らない2』(谷本真由美・著、ワニブックスPLUS新書)から以下にメモ。

日本人にはもともと「マスクをする」という習慣があり、インフルエンザが流行る時期や花粉症の季節にはマスクをする人が街中に溢れます。
ところが海外は違います。台湾や中国では、マスクはめずらしくありませんが、アメリカや欧州、オセアニアでは、マスクは真っ向から否定されていて、身につける習慣があるのは医療関係者だけでした。
彼らにはもともとマスクをつける習慣がありませんから、新型コロナで死者が大量に出ても、マスク着用を頑固に否定する国が多かったのです。

そもそも、彼らはマスクに対して大変な抵抗感があるのです。なぜかというと、「マスクをする人=異常な病気にかかった人」というイメージがあるからです。
さらに、マスクは弱者は病気の象徴であり、目にするだけで不気味だという考え方もあります。
英語圏の映画やドラマなどを観ると、口元を隠しているのは悪役や異常な行動をする人など、要するにヤバいキャラばかりです。
なぜ口元を隠すことがヤバい人の象徴なのか? それは他人と話すとき、英語圏の人々は相手の口元を見て、その人の感情や心を読みとっているからです。ですから口を隠すということは「自分の本心を隠す」ということ。

マスク騒動でわかるのが、一見合理的にみえる欧米の人々でも、実は日本人以上に科学を軽視し習慣や因習にとらわれる側面がある、ということです。

・・・自分も、マスク好きなど日本人の清潔感覚は度を過ぎていると思うこともあるのだが、その感覚が有利に働いたということであれば、今回のコロナ騒動では日本人でよかったという感じだ。

|

2020年12月15日 (火)

「岸見哲学」の幸福論

大ベストセラー『嫌われる勇気』の著者、岸見一郎先生の新刊、『これからの哲学入門 未来を捨てて生きよ』(幻冬舎)から以下にメモする。

生きる目標は何か。それは端的にいえば、幸福であることです。

どんな時に仕事をしていて楽しく感じられるのかといえば、自分が仕事によって他者に貢献していると思える時です。

他者に貢献していると思えればこそ、生きがいを感じることができます。人は仕事をするために働いているのではなく、生きるために働くというのは、仕事をすることで生きがいを感じられるということであり、生きがいを感じられることができればこそ幸福に生きることができるのです。

どんな時に人は自分に価値があると思えるかといえば、自分が何らかの仕方で他者に貢献していると感じられる時です。ただし、仕事をすることによってしか貢献できないわけではありません。
子どもがただ生きているだけでまわりの人に幸福を与えられるように、私たちもまた生きていることで他者に貢献し、幸福を与えることができる。そう考えていけないわけはないのです。

人生の目標を成功ではなく幸福に据えなければなりません。人は未来に何かを達成するかどうかに関係なく、「今ここ」で幸福であることができます。このことに気づく人が増えれば、世界は大きく変わり始めるでしょう。

・・・人生の目標は成功ではなく幸福である。幸福とは他者に貢献できることである。そして貢献の仕方は仕事だけではない。生きているだけでも他者に貢献できる。すなわち生きているだけで幸福である。

ということらしいのだが、とりあえず「貢献」のレベル感は、どれくらいなのかなと思う。まあ子どもは生きているだけで人を幸福にするかもしれないが、大人はそうはいかないような。日々の生活の中で、人に貢献しているという実感を持てるかというと、自分的にはなかなか難しいという感じがします。

|

2020年12月14日 (月)

「社会主義」の可能性

いまこそ「社会主義」』(朝日新書)は、池上彰と的場昭弘、ジャーナリストと哲学者の対談本。以下に的場先生の発言からメモする。

社会主義の挫折というときに、ついソ連のような共産党一党独裁タイプの社会主義、つまり国家主義的な社会主義の失敗を想起しがちですが、そうではない社会主義もあったということを忘れてはいけない。
別の社会主義、つまり、民主主義を前提にして、人々の自由な運営によって実現しようという社会主義もありました。プルードンはアナキスト(無政府主義者)と紹介されることが多いのですが、人々の自由な運営を重視した社会主義者でもありました。

19世紀に国家主義的な社会主義の思想が誕生した理由は、資本主義は無政府的で、貧富の格差を増大させ、貧困層はなくならない、という認識があったからです。国家が介入すれば、それをなくせる、と考えたわけです。

資本主義と比較して社会主義に大きな欠点があるとすれば、どうしてもドグマ(教義)というのがあって、そのドグマが権威を生み、それがさまざまな発展を止めてしまう傾向がある。
資本主義は、私たちの現実の暮らしのなかから出てきて、理論はあとから付けられたものです。社会主義は現実に存在しなかったので、頭の中で考え出されたがゆえに、極めて理論的な側面がある。原理・原則主義があって、それが破られないように政府が規制していく。そして、私たちの自由な発想が削がれていく。問題は、その部分です。
自由を担保した社会主義を、どうやってつくっていくかが課題となります。

・・・「極めて理論的」であるがゆえに、社会主義は「観念論」に陥りやすいのだと思われる。マルクスはヘーゲルの歴史哲学を観念論的倒錯である、つまり現実認識としておかしいと批判したのだが、マルクス主義もまた結局「観念論」だったというのは実に皮肉な感じがする。実際、社会主義国家や計画経済は失敗に終わった。簡単に言って人間は自由を求めるからだ。しかし自由な資本主義は格差を生む。その格差を是正するための再分配は国家が行う。ということで、平等を志向する社会主義は、国家主義に傾きやすい面もあると思われる。では、国家主義でない社会主義は現実に可能か。的場先生は、民主主義的な合意に基づく地方分権型社会主義を構想する。格差と分断が世界を覆う中で、社会主義の可能性を改めて追求する様々な試みが現われてくるのかも知れない。

|

2020年12月 1日 (火)

EU危機とポピュリズム台頭

民間エコノミスト出身の浜矩子・同志社大学大学院教授。新刊『統合欧州の危うい「いま」』(詩想社)では、EU各国の政治状況を分析。同書第1章から、ポピュリズムとナショナリズムについて、以下にまとめてみる。

ポピュリズムは「大衆迎合」。ナショナリズムは「国家主義」とするのが定番の訳し方。この二つは混同されたりするが、もちろん同じものではない。ただ両者に共通点はある。それが二分法。世の中を「我ら」と「やつら」に二分割して、「やつら」を敵視する。ポピュリズムもナショナリズムも、このやり方で人々に働きかける。ただし誰が「我ら」で誰が「やつら」なのかは、両者で異なる。

ポピュリズムの場合、「我ら」が「大衆」で、「やつら」は「エリート」。大物政治家や高級官僚、ビッグビジネス経営者、富裕層、インテリ層等々。ポピュリストはエリートの差別から大衆を守る。ポピュリストは人々の意思の代弁者である。これがポピュリズムの論理だ。

ナショナリズムにおける「我ら」は「身内」、「やつら」は「よそ者」である。移民、難民、異教徒、異民族等々。それに加えて、国家の存立を脅かす者たち。人権活動家、市民運動家、労働運動家、反体制ジャーナリスト等々。

ポピュリズムとナショナリズムが重なり合う領域は「ポピュリズム型ナショナリズム」と呼べるだろう。ここは、ナショナリストたちがポピュリストに変装している領域だ。大衆の味方というポーズを前面に打ち出しながら、人々を国家主義の世界に引きずり込んでいく。これがポピュリズム型ナショナリズムの手口だ。

ナショナリズムと合体していないポピュリズムの領域は「反体制型ポピュリズム」と呼べるだろう。反体制は、英語の「アンチ・エスタブリッシュメント」のイメージ。(確立された権力または統治機構に異を唱えて改変を迫る)

・・・このポピュリズムとナショナリズムの台頭は、政治的中道を支えてきた中間所得層の衰退と表裏一体の動きであり、ここから中道右派の極右接近、中道左派の消滅という現象も現われてきている。というのが浜先生の見立ての概略。特に中間所得層の衰退傾向は、日本も同様であろうから、EU各国の政治状況を他人事として見るわけにはいかないと考える次第です。

|

2020年11月16日 (月)

押井監督の憲法論

コアなファンが多い(のではないかと思う)アニメ映画の監督、押井守がインタビュー形式で日本社会・文化を縦横無尽に語る。新刊『押井守のニッポン人って誰だ!?』(東京ニュース通信社・発行)は、一見雑談風ながら、時たま放たれるラジカルな認識が痛快。以下に、憲法を語る部分からメモする。

民主憲法、平和憲法、いろんな呼び方があるけど、わたしに言わせればマッカーサーを略してマック憲法。
国の交戦権を否定している憲法なんて、わたしに言わせれば反近代です。前近代どころか反近代。近代国家というのはみんな自衛権を認めていて、交戦権もあれば戦争する権利もある。ただし、侵略戦争をしちゃあダメという申し合わせはあるけどね。
どの国の憲法にも独自のスタイルがある。独自の歴史的背景を背負って存在している。ところが、マック憲法だけは歴史的根拠もへちまもない。一種の理想だけで作られているんです。集団的自衛権にしろ、日米安保条約にしろ、戦後の日本史はことごとく、この憲法を拡大解釈して裏切ってきた歴史なんですよ。

日本の歴史は小さなタブーを潰していく一方で、大きなタブーをスルーし続けてきた。その大きなタブーこそが、マック憲法と天皇制。

わたしは改憲派じゃないし、改憲するべきだと思っていない。廃棄するべきだと思っている。(聞き手から「過激ですね」との反応)
だってそうでしょ。あれは占領軍が作った憲法なんだから、本来なら講和条約を結んで独立したときに、日本人の手によってもう一度作り直すべきだったんですよ。民主主義から天皇制に至るまで、全部もう一度、考え直して新しく作る、それがわたしの考えです。

・・・押井監督の「過激」な意見に対し、自分的には異論はない。憲法のスクラップアンドビルド、やれるものならやりたいが、既に高齢社会に突入した日本では、憲法に限らず、何事かを変えようというエネルギーが失われつつあるように感じる。正直小生は悲観的です。

|

2020年10月13日 (火)

「人・本・旅」のススメ

世界史好きの経営者として知られる出口治明氏。これまで日本の会社員は長時間労働を強いられ、特に男性は「飯・風呂・寝る」の生活に追いやられ、「学び直し」の時間を作ることも難しかったが、テレワークの広がりを機に「人・本・旅」の生活に転換してほしい、という。今週の「週刊東洋経済」(10/17号)掲載のインタビュー記事からメモ。

おいしい人生は知識×考える力だ。よくどんな本を読めばいいかと聞かれるが、自分が好きな本に決まっている。
付き合う人についても同様だ。どういう人と付き合えばいいかと聞かれるが、相性がよければ付き合えばいい。
旅については、ただ遠くに行くだけが旅ではない。近所においしいパン屋ができたと聞いたら、実際に行って食べてみる。それこそが「旅」で、そうした行動の蓄積が人間を形づくっていく。

・・・「人・本・旅」は出口さんが常々言ってることで、自分も同感する。その生活を実践する方法も、好きな本を読む、相性の良い人と付き合う、知らない場所に行ってみる、と実にシンプルだ。結局人間のやっておくべきことは、仕事を除けば「人・本・旅」になると思う。「人・本・旅」から多くのことを、人は学ぶことができる。学ぶことにより、人は自らを変化させる。ということは、「人・本・旅」は、自分が昨日と違う自分になるための手段である。
仕事をやめてリタイアした後に、やりたいことが見つけられない時は、それこそ「人・本・旅」をやっときゃいいんだと思う。

|

2020年10月12日 (月)

五木寛之の語る「苦」

仏教でいう「苦」とは何か。今週の「週刊東洋経済」(10/17号)掲載の、作家・五木寛之のインタビュー記事からメモする。

世の中というのは、不合理で、矛盾していて、努力しても必ずしも報われるとは限らない。そういうことが積み重なっていく不条理な状態をブッダは「苦」と表現しました。
「苦」というのは苦しいのではなく、思ったとおりにいかないということ。不条理という言葉がぴったりなんです。人生は不条理なものだと。その中で何とか生きていくためにはどうすればいいのかということを、論理的に教えたのがブッダという人物でした。
人間の一生というのはつらいことの連続です。そう思っていると、違うことに触れたときの喜びが大きい。虚無的というのか、不条理を肯定する。ブッダが言う「苦から出発する」「人が生きることは苦だ」「人間の世界は苦の世界だ」という考え方は、非常に合理的なのです。

・・・仏教でいう「苦」は、苦しみではない。そのとおりだと思う。例えば四苦八苦の四苦、生老病死は、一見「苦しみ」に見えるかもしれないが、むしろ自分の意志では変えることのできない、いわば純然たる身体的出来事である、と考える方が正確ではないだろうか。このほか、愛する人と別れてしまうこと、憎む人と出会ってしまうことも、四苦八苦に含まれている。これはいわば物理的な出来事だ。身体的物理的、つまりフィジカルな出来事は、自分の心ではどうすることもできない、ということを「苦」は意味しているのだと思う。そして、この世の根本は苦だと割り切れば、むしろ心は平安を得られるという、逆説的な認識を得ることも可能だろう。

付け加えると、昭和7年生まれの作家は、自分たちの親世代の人である。つまり少年少女時代の戦争の経験を記憶している。同じ記事の中で、作家はこう語っている。「僕は敗戦の年から、ずっと同じ考え方なんです。あの価値変動の中で、国も政府も全部ひっくるめて、すべて信用できない」。自分はいつも、作家の言葉を親世代の言葉として聞いている。

|

2020年9月27日 (日)

義昭・信長、「二重政権」の綻び

書店で目に付いた『戦国期足利将軍研究の最前線』(山川出版社)が、なぜか気になり購入。今年5月発行のまだ新しい本。編者である山田康弘先生が執筆している序章は、応仁の乱の後の足利将軍(9代~15代)7人についての、簡潔で分かりやすい解説。さらに山田先生の単著『戦国時代の足利将軍』(吉川弘文館、2011年)も、アマゾンで古本を購入。こちらも読みやすい本だった。呉座先生の『応仁の乱』がヒットする前に、こういう「室町本」が出ていたのだな。

戦国時代の足利将軍といえば、最後の15代義昭を思い出す人が割と多いのではないか。しかしその人物イメージは、織田信長の支援を受けて将軍になったものの、結局は傀儡というか、あたかも「天下布武」実現のための道具として使われたような感じ。でも山田先生は『戦国時代の足利将軍』の中で、義昭と信長の関係について、「将軍と大名とが相互に補完しあうというこのような『二重政権』構造は、義昭以前の歴代将軍においても一般的にみられたのであり」、義昭と信長の「二重政権」についても「前代からの連続性という面にもっと注目すべきである」、と興味深い指摘を行っている。

もともと室町幕府は、将軍と守護大名の連合政権という性格が強かった。応仁の乱以後、幕府の権力の及ぶ範囲が畿内周辺にスケールダウンする中でも、将軍と細川氏あるいは三好氏などサポート役の大名が、お互いに利用し利用されるという関係が続いていた。従って信長も上洛後、ひとまず細川や三好のポジションを占めたという見方もできる。

だが「信長の一つの特徴はその旺盛な勢力拡大欲」であり、そこが前代のサポート役の大名と大きく異なる点だった。当時の戦国大名は、「どの大名も優越的な地位を占めないように大名同士で頻繁に同盟関係を組み替えながら力のバランスを保っていく」という「バランス・オブ・パワー(勢力均衡)」を行動原理として持っていた。従って信長勢力の急速な強大化は、当然のように畿内周辺大名の反発を招き、激しい戦いが続く中で、さらに多くの大名が参加して信長勢力の抑え込みを図ることになる。

このいわゆる「反信長包囲網」は、義昭にとってもメリットのあるものだった。「そもそも戦国時代の歴代将軍は『危険性の分散』をはかるため、幅広い複数の在京大名に支えられる、という体制の再構築を目指し」ていたのであり、義昭もまた、自らのサポートを信長だけに依存するのはリスクが大きいと見ていたと思われる。従って義昭にとって、「信長以外の幅広い大名たちと積極的に連携していくことは自身の安全保障上どうしても必要なことだった」のである。

この義昭の諸大名との連携の動きは、ひたすら勢力拡大を志向する信長の目には、敵対的に映ったであろうことは想像に難くない。この辺の思惑の違いが、信長と義昭の関係が協調から対立に変化し、さらに決裂につながる一つの要因になったようだ。

|

より以前の記事一覧