2016年12月29日 (木)

真珠湾とヒロシマ

現地時間12月27日、安倍首相がオバマ大統領と共にハワイ真珠湾・アリゾナ記念館を慰霊のために訪問。首相は演説の中で「和解の力」と「寛容の心」を強調した。
今年5月のオバマ大統領の広島訪問もあり、日米は過去の歴史に区切りを付けたという見方がされているようだ。
とはいうものの、どっちかっていうとまず日米同盟の緊密アピールありき、のような印象もあるわけで。つまり外交の必要性から、日米トップの歴史的相互訪問が実現したという感じ。
大体「和解」と言っても、お互いに謝罪なしで本当に和解したことになるのかと。
そもそも、真珠湾とヒロシマを同列に扱うのはおかしいだろう。確かに太平洋戦争は真珠湾攻撃に始まり、広島・長崎への原爆投下で終わったということはある。でも、真珠湾では軍人の戦死者2,000人以上に対し、広島・長崎は市民20万人以上が新兵器の実験で殺されたのだから、釣り合うわけがないだろうと思う。
真珠湾攻撃も「不意討ち」であることが、許しがたいとされるようだが、当時アメリカは日本側の通信の暗号解読により、真珠湾攻撃の可能性を全く意識していなかったわけではない。ということが、 映画「トラトラトラ!」に描かれている。しかしこの機会に見直したけど、この映画やっぱりよくできてる。思いっきりお金をかけて真珠湾攻撃を外交部分も含めて映画化する、そこはアメリカという国の凄いところだなと思ったりする。
まあ緊密な同盟国と言っても、対等な国同士の関係とは思えないし。オスプレイ墜落に揺れる沖縄といい、難航する北方領土返還といい、旧連合国から見れば、日本は相変わらず敗戦国であり属国の扱い。という不愉快な現実を認めざるをえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

今上天皇、生前退位の意向

このブログで2009年1月末にメモしたことを再掲する。
(引用始め)
昨日30日付日経新聞で目に付いた一文。
「天皇という職務に定年はない」
言われてみれば、そっかー、天皇って結構大変だよなーと思った。

件の記事は、天皇陛下の公務等の負担軽減策発表(29日、宮内庁)を受けた解説で、引用した冒頭の文に続けて、「憲法で定められた国事行為や慣例となった重要行事などは、天皇が高齢になったからといって簡単に削減することはできない」、とある。

とりあえず『天皇陛下の全仕事』(山本雅人・著、講談社現代新書)を参考にメモ。
天皇の行為は「国事行為」「公的行為」「その他の行為」に分かれる。
国事行為は憲法6条、7条、4条第2項に規定される首相任命、法律などの公布、国会召集、大臣らの任免など。
公的行為は、外国訪問、地方訪問、拝謁、一般参賀、園遊会、賓客接待など。
平成16年の行事710件を、仕事の性質で分けると、「人と会う」53%、「事務処理」14%、「儀式・式典出席など」11%。
外国関係の仕事は24%を占める。また、行事の場所としては皇居内が8割以上と。

否応無く「生涯現役」状態なのだが、逆に言うと、極端な話、介助やら介護やらを必要とする状態になっても仕事しなきゃいけないのか、という感じで、事実上の引退の道もありにしないと、何だか非人間的な扱いじゃないかなと思ったり。

一時期、「女帝」問題で皇室典範改正の動きがあったけど、「天皇の退位」も皇室典範に拠るということなので、今度はそこんとこ改正とかどうでしょう。天皇にも自分から退位する自由がないとまずいんじゃないのかねえ。
(引用終わり)

・・・ということで、今回の天皇「引退」報道、自分的にはそんなに驚くこともなく。

しかし、とうとう浩宮が天皇になるのか。浩宮と学年の同じ自分には、ついにその時が来たのかという感慨がある。

ついでにいえば、改憲するなら天皇の位置付けも再考の余地あり、だな。戦後すぐなら国民統合の「象徴」も、まだリアリティがあったのかも知れないが、浩宮が「象徴」と言われても、個人的にはよく分からんって感じだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月30日 (土)

「朝鮮通信使」、記憶遺産へ

本日付日経新聞から以下にメモ。

江戸時代、朝鮮王朝が日本に送った外交使節「朝鮮通信使」の関連資料を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に申請することが29日、正式に決まった。日本と韓国の民間団体が国境の島・長崎県対馬市で、共同申請書に調印した。2017年の登録を目指す。
日本側の資料は、朝鮮外交に当たった儒学者・雨森芳洲の著書のほか各地に残る文書、絵など48件209点。韓国側は、朝鮮王朝がまとめた関連文書、通信使が残した日記など63件124点。

・・・昨年秋、広島県下蒲刈の朝鮮通信使再現行列を見に行ったことが思い出される。「豊臣の戦争」と「徳川の平和」、朝鮮通信使は平和の象徴。戦争の象徴である「倭城」も世界遺産になれば良い・・・けど無理かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日 (水)

『わが闘争』ドイツで出版

ドイツで発禁本扱いだったヒトラー『わが闘争』が、70年ぶりに出版されたそうだ。ただし学術研究書として。今月8日に現代史研究所(ミュンヘン)から発行されている。「日経ビジネスオンライン」の本日付発信記事から以下にメモする。

ヒトラーが1920年代に著した『わが闘争』は、33年にヒトラーが権力を掌握して以降、全体主義と反ユダヤ主義を掲げるナチズムを推進する支柱となり、ドイツ敗戦の45年までに発行部数は実に1200万部にも達したという。

敗戦に伴い占領軍としてミュンヘンに駐留した米国軍は、ヒトラーの当時の私的住所がミュンヘンにあったことから、『わが闘争』の著作権を地元バイエルン州政府に移すことで同著出版の道を封じた。同州政府が以来、ドイツ語による出版を全て拒絶してきたのだ。

しかし、ドイツの著作権法では著者の死後70年で著作権の保護期間が切れる。『わが闘争』の著作権も2015年末で消失し、誰でも再出版できるようになることが分かっていた。そのため、ドイツでは何年も前から『わが闘争』の再出版問題にどう対応するか、様々な議論が重ねられてきた

その結果、各連邦州政府の司法当局は、ドイツの「反扇動法」を根拠に無批判なまま同著を出版することを禁じることで合意。その一方で進められてきたのが、現代史研究所による注釈付き学術版である『わが闘争』の出版だ。

現代史研究所は、ナチズムがなぜ台頭するに至ったかを研究すべく1949年に設立された。同研究所の歴史家5人が3年の歳月をかけ、3500以上に上る学術的注釈を加えながら編集した新版は上下2巻、計約2000ページに及ぶ。

『わが闘争』の書店からの注文が予想より多かったため、現代史研究所は発行部数を当初の4000部から急遽1万6000部に拡大した。独アマゾンでは8日、数時間で完売したという。

・・・ナチズム研究はピークを過ぎた。という話を聞いたことがある。確かに、これから新たな事実や新しい視点が出てくるというのも想像しにくい。となれば、ここでナチズムの「原点」である『わが闘争』の研究書版を世に送り出すのも、充分意義のある仕事だと思われる。これはもうとにかく純然たる歴史研究の資料として扱えば良い訳だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

祝・松江城国宝

松江城が国宝に指定されることになった(5月15日、文化審議会が文部科学大臣に答申)。16日付日経新聞社会面の記事からメモ。

出雲・隠岐の領主だった堀尾吉晴が1607年に建設を始め、11年に完成した松江城は、山陰で唯一天守が現存する平山城で、実戦を想定した造りと優美な姿が特徴だ。
天守最上階の5階は四方を展望できる望楼。千鳥が羽を広げたように見える三角屋根の破風があり、「千鳥城」とも呼ばれる。

戦前は国宝だったが、1950年の文化財保護法の施行時には重要文化財とされた。当時、修復工事中だったことなどが影響したとみられる。

全国で天守が現存するのは12城。このうち国宝は姫路城、松本城、犬山城、彦根城で、ほかは重要文化財となっている。
国からの補助金は、国宝と重要文化財と同じだが、地元は観光資源としての価値の高まりを期待する。

・・・自分が現存12天守巡りをしたのは2009年。もう6年も前になるのだな。その時、松江城も訪ねた(過去記事)わけだが、こんな立派な城がなんで国宝でないのかと思ったりしたので、今回の国宝指定、喜ばしいことだなあと思う。

これで国宝は5城。どうせなら現存天守は12城全部国宝にしちゃったら?と感じつつも、しかし弘前城と丸亀城は実は櫓を「天守」と称しているのが難点かもなぁと思い直したり。それに櫓だったら、何より熊本城宇土櫓が国宝になるといいなあと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

戦艦武蔵、発見

本日付日経新聞コラム「春秋」からメモする。

捷一号作戦――。昭和19年7月、日本海軍はフィリピンに迫る米軍を迎え撃つ覚悟を決め、その戦いをこう名づけた。戦勝を意味する「捷」の文字に悲壮な決意をこめての立案である。しかし3ヵ月後、レイテ島沖での実戦は戦艦3隻、空母4隻を失う大敗に終わった。

「大和」と並ぶ巨艦「武蔵」が最期を迎えたのはこのときである。その悲劇の戦艦が比中部シブヤン海の水深1千メートル地点で見つかったそうだ。
米マイクロソフトの共同創業者で、海洋探査にかかわる資産家の発見だという。

あの戦争ではおびただしい数の艦艇や徴用船が沈み、いまもそのままだ。太平洋海域には過ちと無念の記憶が満ちている。

捷号作戦には本土周辺での戦いを想定した二号、三号、四号も用意されていた。さらにはずばり本土決戦を指す「決号作戦」も大本営は考えていたという。武蔵発見の報に接して胸をよぎる、歴史の痛苦である。

・・・レイテ沖海戦で戦艦では武蔵のほかに、山城、扶桑が撃沈された。大和、武蔵を擁する栗田艦隊とは別行動だった2隻は、スリガオ海峡の夜戦で米戦艦6隻から集中砲火を浴びて、生存者は皆無に近い悲惨な最期を遂げた。空母では、真珠湾以来の歴戦の強者である瑞鶴が小型空母3隻を従えて、小沢艦隊の中核を形成。栗田艦隊のレイテ湾突入を側面支援するべく、敵の攻撃を引きつけた空母4隻はエンガノ岬沖に消えた。小沢艦隊所属の航空戦艦、伊勢と日向の奮戦も、戦史好きには忘れられない。

レイテ沖海戦では、神風特別攻撃隊も初めて出撃した。昭和20年の初めには、「一億総特攻」の方針が立てられていたらしい。敗戦の責任を問われたくないエリート層が、国民すべてを地獄への道に引きずり込もうとしていた。恐ろしすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

竹田城の訪問、有料に

竹田城といえば、雲海に浮かぶ巨大石垣群の画像で知られる山城。近年、その人気は高まっており、この秋以降は訪問者から「入場料」を取ることが決まったそうだ。本日付日経新聞の記事からメモする。

「天空の城」とも呼ばれ、ここ数年で訪れる人が急増している兵庫県朝来市の国史跡・竹田城跡の観覧料を徴収する条例が27日、市議会で可決、成立した。

市によると、今年10月以降、高校生以上から300円を徴収する。中学生以下は無料。閑散期の12月11日から3月19日までは対象外。

竹田城は1400年代中ごろに築かれたとされ、今は標高約350メートルの山頂に造られた石垣が残る。来場者は2010年度に5万2千人だったが、11年度は9万8千人、12年度は21万5千人に急増。朝来市はトイレの維持管理費や警備費の捻出を迫られていた。

・・・しかし5万、10万、20万と倍々で訪問者が増加しているのは驚く。何でかな~と思って検索してみると、特に去年は映画(「あなたへ」高倉健主演)の中に竹田城が出てきたらしくて、それも理由の一つかもしれない。もともと竹田城は山城ファンの「聖地」であったが、とにかく一般人の認知度も高まっているのは結構なことだ。

誰が決めたか知らないが、いちおう「三大山城」というと、備中松山城(現存天守)、岩村城(標高最大)、高取城(比高最大)が挙げられる。しかし竹田城はそれらとは別格扱いというか、専門家も「織豊期城郭の傑作」と認めるこの城を、「日本一の山城」と呼ぶことに躊躇いはない。訪問者増が一時的なものに終わらないことを願います。

(自分が竹田城に行ったのは4年前のこと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

アルジェリアとフランスの「過去」

アルジェリアで起きた人質事件の新聞記事の中に、「旧宗主国フランスのオランド大統領が昨年末に(アルジェリアを)訪問したが、植民地支配を巡る歴史問題でしこりを残した」とあるのを読んで、「えっ、知らなかった」と思った。(汗)

アルジェリア出身のフランス作家カミュの自伝的小説を映画化した「最初の人間」が、フランスとアルジェリアでは公開されていないという話を聞いても、映画の時代背景であるアルジェリア独立戦争について明確なイメージが無かったので、そんなもんかなという感じしかなかったんだけど、どうやら今でも、両国の間には過去の嫌な記憶が根強く残っているのだと、あらためて納得した。

余分な話だが、今回の事件の現地は、カミュ的な太陽と海のイメージはまるで無い荒れた砂漠。なるほどカミュのアルジェリアは「地中海世界」なのだなと気づかされた。

で、アルジェリア独立戦争。1954年に勃発し、1962年アルジェリア独立で終了。8年間でフランスとアルジェリア双方合わせて100万人と言われる犠牲者が出た。現在では経済的関係を維持するなど対立関係には無いが、過去に対するフランスからの謝罪が無いことが、両国間の大きなしこりとなっている。

昨年、2012年の12月。独立50周年のアルジェリアを公式訪問したオランド大統領は、「私は植民地支配がアルジェリアの人々に苦痛を与えたことを認める」と発言。ただ明確な謝罪の表明をしたわけではなく、これは謝罪の必要性を認めるか認めないかでフランス国内の意見が大きく割れていることを反映している。とのこと。

どこの国でも、「過去の歴史認識」は厄介な問題だと思う。前提となる事実確認について、支配者の記憶と被支配者の記憶の非対称性は大きいだろうし、謝罪についても、どこまで許すか許されるかという判断は両者の間に相当落差があるだろうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

マグロ1匹1億5千万円!

去る5日、築地市場の初セリで、青森県大間産のクロマグロが1匹1億5540万円の史上最高値を付けた。過熱する初セリに関係者も困惑気味らしい。本日付日経新聞の商品市場面の記事からメモする。

マグロをセリに出した美吉丸水産の竹内薫社長。70万円が1匹でなくキロ単価と聞くと「目が飛び出るほど驚いた」という。
今季の漁が始まった昨年夏以降、大間産のマグロの最高値は昨年末の2万円台半ば。大間漁協の伊藤幸弘販売課長は「最初はキロ7万円の間違いだと思った。70万円は魚の値段じゃない」とあきれ気味だ。

落札したのは昨年に続いて「すしざんまい」を運営する喜代村(東京・中央)。落札額に基づくと1貫あたりの原価は2万~3万円、外食店の一般的な原価率3割を当てはめれば販売価格は6万~10万円が妥当だが、同店では128円からと定価で提供した。

マグロ1匹の収支としては大赤字だが「マスコミでの露出を広告宣伝費に換算すれば数億円以上」と電通総研の四元正弘研究主席。5649万円を投じて初セリで最高値のマグロを落札した2012年9月期の売上高は192億円で前の期比26%増。新規出店を除いても年商を30億円前後押し上げる主因になった。大手回転ずしの広告宣伝費は売上高の2~3%。喜代村がマグロ1匹に1億円以上をかけても元は取れる。

個々の経済合理性に従って望む人がいる限り、価格が上がるのはセリの宿命。しかし近年の初セリでのマグロ高騰に関係者の多くが違和感を覚えるのも事実だ。

近年、喜代村と最高値を競り合ってきた銀座の高級すし店は今年、早々にセリを降り、最後まで競った香港資本のすしチェーンも来年は撤退する方針だ。一線を越えた感から当事者たちにもしらけたムードが漂い始めた〝マグロ狂想曲〟。もしかすると今年が見納めになるかもしれない。

・・・絵画とか美術品ならまだ分かるけど、マグロに1億5000万円は、やりすぎ!としか言いようがないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月31日 (水)

オクトーバーフェスト、人気とか

日経新聞電子版10/27付記事(ビール離れなのに大盛況 「ビールフェス」人気の秘密)からメモする。 

国産ビールの消費量が年々減少して苦戦するなか、野外やビールレストランなどで行われるビールフェスティバルがブームを呼んでいる。なかでもドイツビールを味わえるイベント「オクトーバーフェスト」はここ数年で開催会場が増加。どの会場も盛況で、集客力のある人気イベントとして全国に広がっている。 

全国8会場でオクトーバーフェストを開催するイベント会社「ビー・エフ・シー」によると、2012年はゴールデンウィークの東京・お台場会場からはじまり、日比谷、仙台、芝、豊洲、神戸、長崎、お台場と巡回し、計30万人を動員。3会場で開催していた4年前に比べ、来場者数が2倍以上に増えた。 

オクトーバーフェストは、ドイツのバイエルン州ミュンヘン市で毎年秋に開かれるビール祭りが発祥。現在は9月半ばから10月上旬に開催。16日間で600万人以上を動員する世界最大のビールの祭典となっている。 

日本のオクトーバーフェストの草分けであり、期間・来場者数ともに国内最大規模を誇る横浜オクトーバーフェストは今年で11回目。6年前の来場者は6万人弱だったが、2012年は約15万人を集客した。 

ドイツビールと音楽を楽しめるだけでなく、新たな出会いの場としても人気が高まりつつあるオクトーバーフェスト。これまでは口コミで着々とファンを広げてきたが、来年は本格的なブーム到来となりそうだ。

・・・実は自分も行ってみたのだ、オクトーバーフェスト。9月上旬の豊洲会場。場所が水辺なのは良いとしても厳しい残暑が続くなか、昼間に屋外でビールを飲むには暑すぎる気候だった。(苦笑)

オクトーバーフェストに行く気になったのは、7月にドイツ旅行をしたことが影響してると思う。そういえば、その時のツアー参加者の中に、「ドイツにビールを飲みに来た」という若い女性二人組がいた。女性が「フランスにワインを飲みに」じゃなくて、「ドイツでビール」っていうのは、結構意外感強かった。

最初は夏場に「オクトーバー」フェストかよ、という感じもしたけど、とりあえず単にそういう名前のビール祭りと思えばいっか、と考え直した。日本で気候の良い季節は初夏だし、来年はゴールデンウィークに行ってみたいものだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)