« 石垣原古戦場 | トップページ | デ・キリコ展図録コレクション »

2024年5月19日 (日)

大物ロックバンドの「終活」

雑誌「アエラ」5/20号記事「ロックバンドが終活を始めた」から以下にメモする。

大物バンドたちが、次々に“終活”に乗り出している。KISSは昨年12月、コロナ禍での中断もあって長く続いたファイナル・ツアーにようやく終止符を打ち、バンドとしての活動を停止。エアロスミスは、やはり昨年フェアウェル・ツアーをスタートしたが、ボーカルのスティーブン・タイラ―が声帯を痛めて中断。今年9月から来年2月までの新日程が発表されたところだ。

また、ともにヨーロッパの大物バンドであるスコーピオンズとジューダス・プリーストには、フェアウェル・ツアーを行いながら前言を撤回し、その後も活動を継続しているという“前科”がある。それほどバンドの“終活”は見極めが難しいものらしい。

ここまでに名前を挙げたバンドを振り返ると、なぜかハードロック/ヘヴィーメタル系が多いことに気がつく。そして同じように“終活”に意識的なバンドが多いもう一つのジャンルが、プログレッシブ・ロック(プログレ)だ。キング・クリムゾンは2021年11月から12月に来日公演を行ったが、クリムゾンとしての活動はそれ以来行われていない。またジェネシスは2022年3月のロンドン公演でフェアウェル・ツアーを終了。

ただプログレのバンドには、違う形で特徴的な“終活”もある。東京・目白のプログレ専門店「WORLD DISQUE」店長、中島俊也さんはこう話す。「バンドを引っ張ったカリスマ的なリーダーが亡くなった後も、彼らと最後に活動していた若いメンバーがそのイズムを受け継いで、オリジナルメンバーが一人もいなくてもその名前を継続させるという形ですね。フランスの『ゴング』やドイツの『タンジェリン・ドリーム』といったバンドが好例です」

・・・70年代から活躍しているハードロックバンド、プログレッシブロックバンドが終活する、とうとうそういう時代がやってきたんだなあ。まあそもそも最近まで現役だったというのが驚きというか、昔だったら考えられなかったね、70歳超えてハードロックやってるとか。(苦笑)

終活ではないが、ブルーオイスターカルトやユーライアヒープは、50周年ライブやらツアーやらをやっていた。ロックバンドが50年続くなんて、やっぱり考えられないよなあ。凄いことだなあ。

ディープパープルも、7月にアルバムを出すというから驚きだ。今のディープパープルなど特に聴きたいわけでもないが、この先ディープパープルの新譜を買うという体験はできないかもしれないので、買ってみようかなとも思う。(苦笑)

プログレだけでなく、ハードロックバンドも、オリジナルメンバーがいなくなっても、音楽継承のために名前を残して続けていく可能性はあるかもなあ。第30期ディープパープルとか。もう伝統芸能で。(笑)

|

« 石垣原古戦場 | トップページ | デ・キリコ展図録コレクション »