« 市場制度、バブル期とは大違い | トップページ | 清原達郎氏の『わが投資術』 »

2024年3月 9日 (土)

幸福感について(山崎元氏)

経済評論家の父から息子への手紙』(Gakken発行)は、今年1月1日に亡くなった山崎元氏の最後の書下ろし。本の終章「小さな幸福論」からメモする。

幸せを感じる「要素」、あるいは「尺度」は何か。父はこの問題に暫定的な結論を得た。人の幸福感はほとんど100%が「自分が承認されているという感覚」でできている。

思うに、幸福は、人生の全体を評価・採点して通算成績に対して感じるようなものではなくて、日常の折々に感じるものだ。日常の一日一日、一時一時を大切にしよう。幸福感は「その時に感じるもの」だ。そして、自分にとって、どのようなことが嬉しくて幸福に感じるのかに気づくといい。できたら、それを言語化しておこう。

父は、自分を顧みて、何か新しい「いいこと」を思いついて、これを人に伝えて感心された時に自分が嬉しいことに気がついた。そこで、これをキャッチフレーズ的に言語化してみた。「私のモットーは、(1)正しくて、(2)できれば面白いことを、(3)たくさんの人に伝えることです」。シンプルで気に入っている。

・・・幸福感は日常の中で感じるもの、という山崎氏の考えに同感する。自分も、幸福とは、最終的に実現するべき人生の最良の状態というようなものではなく、日常の中で感じるものだと、最近思うようになった。で、山崎氏のいう「言語化」、つまり自分なりの幸福感の定義は必要なので、誰かと何かを共有できたと感じた時が幸福、とした。共有感=幸福感である。ただ、これを日常の中で実現しようと思うと、「ぼっち」がデフォルト設定の自分には、結構ハードル高いんだけどね。(苦笑)

「息子への手紙」の「結論」は、「モテる男になれ。友達を大切にせよ。上機嫌で暮らせ!」。(三つ目の上機嫌でいろというのは、山崎氏の「母の教え」であるらしい。ゲーテがそういうことを言ってるそうだ。)

そして「あとがき」は、「息子本人と、すべての読者の幸せを祈ります。どうもありがとうございました!」と結ばれる。辞世の挨拶のように思われて、ただただ悲しい。

|

« 市場制度、バブル期とは大違い | トップページ | 清原達郎氏の『わが投資術』 »