« フリーレンとクラフトの対話 | トップページ | 「させていただく」の違和感 »

2023年11月27日 (月)

Within Temptation、健在

オランダのシンフォニック・メタル・ロックバンド、ウィズイン・テンプテーションが先日、新アルバム「BLEED OUT」を発表。国内盤は出てなくて輸入盤を買って、久しぶりな感じで聴いてみたら、割と良かったので、バンドの最近のニュースをネットで探して見た。すると、今年の夏のヘルフェスト(フランス)のライブ・ステージが公開されていたので、これも観た。ボーカルのシャロン・デン・アデルが、大きなウクライナの国旗を振り回しながら歌う場面もあり、何だか妙に感動した。やはりヨーロッパでは、相変わらず大人気であるようだ。

今、日本での人気はどうなんだろう。新譜の国内盤が出てないところを見ると、前作のセールスは良くなかったのか。でも、ヘルフェストのライブを見る限り、今も魅力的で強力なロックバンドであるという印象だ。まあどうしても、シャロンとそのバックバンドみたいな感じではあるんだけど。(苦笑)

バンドが日本に来たのは、2014年のラウド・パークのステージが最後。単独ライブの来日は、2007年の一度きり。そのステージはDVDで観ただけなので、また何とか来日してくれないかなあ。

|

« フリーレンとクラフトの対話 | トップページ | 「させていただく」の違和感 »