« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月25日 (月)

『関ヶ原合戦を復元する』

関ヶ原合戦を復元する』(星海新書、水野伍貴・著)の終章から、以下にメモする。

慶長5年(1600)9月14日の午後7~8時ごろ、大垣城およびその周辺に布陣していた西軍の石田三成、宇喜多秀家、小西行長、島津惟新は、関ヶ原へ移動を開始した。三成ら西軍主力が関ヶ原へ移動したのは、同日に徳川家康が赤坂に着陣した点が大きい。これにより、南宮山の毛利勢を殲滅して大垣城を孤立させる戦略や、抑えの部隊を残して上方を目指す戦略が可能となった。そのため三成らは、大垣城孤立の回避と、家康の西上阻止の二つの理由から関ヶ原へ移動を余儀なくされたのである。

石田三成は小関の笹尾に布陣した。島津惟新、小西行長も小関に、宇喜多秀家は天満山に布陣した。西軍諸隊は午前7時までには布陣を完了させた。山中・藤下の一帯に布陣していた大谷吉継、平塚為広、戸田勝成、脇坂安治、小川祐忠、朽木元綱、赤座直保も兵を進め、藤古川を越えて大関に布陣した。そして、城として整備された松尾山には、小早川秀秋が入っていた。西軍は、東山道と北国脇往還を塞ぐように布陣した。

東軍も、大垣城の西軍が関ヶ原へ移動したのを受けて15日未明に関ヶ原へ移動を開始。家康は桃配山に本陣を定めた。午前8時~9時頃、未だに霧が晴れぬ中、東軍の松平忠吉が井伊直政の補佐のもと宇喜多秀家隊に攻撃を仕掛けて戦端を開いた。福島正則も東山道を進んで宇喜多隊を攻撃した。黒田長政、細川忠興、加藤嘉明らは北国脇往還を進軍して石田隊を攻撃した。藤堂高虎、京極高知は、東山道の南を進軍し、不破の関跡周辺に布陣する大谷吉継らと交戦した。

午前10時頃には天候が好転し、霧も晴れてゆき視界が良くなっていった。ここから総力を挙げた衝突がおこなわれた。松尾山の小早川秀秋は、東軍としての参戦を決めているが、関ヶ原の状況をつかみかねていた。ところが、霧が晴れて山頂から関ヶ原が一望できるようになり、大谷吉継の陣を背後から攻撃することに決めて出撃命令を出した。小早川隊が大谷隊と交戦したのは、午前11時頃である。これと前後して脇坂、小川、朽木、赤座も大谷隊を攻撃した。この戦闘で大谷、平塚、戸田が戦死している。

大谷隊が壊滅したことで、大谷隊と戦っていた東軍諸隊は、二手に分かれて宇喜多隊と石田隊の攻撃に加わった。そして、正午頃に宇喜多隊と石田隊は敗走した。小西隊もこの頃に崩れたと推測する。さらに東軍諸隊は、島津勢を攻撃した。前衛の島津豊久隊が破られ、東軍は島津惟新隊に迫る。惟新は、敵中突破を命じた。一方、家康本隊は正午頃に関ヶ原に到着した。そして、敵中突破をおこなう惟新隊と家康本体が東山道で遭遇した。

惟新隊が関ヶ原を離脱したことで、関ヶ原から西軍は全ていなくなった。12時半~13時頃のことである。こうして約5時間に及んだ本戦は、徳川家康が率いる東軍の勝利で幕を下ろした。

・・・関ヶ原合戦に係る様々な「新説」登場を受けて、あらためて各種史料の手堅い検討により提示された本書の合戦復元ストーリーは、結果的に大枠で従来説に寄せた形となっているが、大谷隊の陣取りの動き(山中から関ヶ原に前進)や、小早川の参戦のタイミング(霧が晴れた後に西軍攻撃を決断)についての説明も明快で、関ヶ原合戦に関心のある向きは必読と言える。

|

2023年9月15日 (金)

「もはや戦後ではない」の本当の意味

昭和31年(1956年)の経済白書の名フレーズ「もはや戦後ではない」。昭和20年(1945年)の敗戦から10年以上が過ぎて、まさに新しい時代の始まりを告げたというイメージで、引用されることが多いと思われる。しかし実は、そういう明るいものは意味していなかったという。日経新聞電子版13日発信記事(もはやコロナ後ではない 昭和の名白書と重なるいま)から、以下にメモする。

「もはや戦後ではない」にこめられた本当の意味は違う。大正大客員教授の小峰隆夫氏は「復興需要にはもう期待できず、これからは自力でイノベーションを進めて需要を創り出していく必要がある。むしろこれからが大変なんだという警鐘だった」と解説する。

内閣府のホームページに残るこの白書の「結語」を読めば、確かにそう書いてある。やや長くなるが抜粋すると「敗戦によって落ち込んだ谷が深かったという事実そのものが、その谷からはい上がるスピードを速やからしめたという事情も忘れることはできない」「いまや経済の回復による浮揚力はほぼ使いつくされた」などとある。

さらに「我々はいまや異なった事態に当面しようとしている。回復を通じての成長は終わった。今後の成長は近代化によって支えられる」「その手術は苦痛なしにはすまされない」「幸運のめぐり合わせによる数量景気の成果に酔うことなく、世界技術革新の波に乗って、日本の新しい国造りに出発することが当面喫緊の必要事ではないであろうか」となかなか厳しい。そこに高揚感や楽観は感じられない。

69年に経済企画庁に入庁し、経済白書の作成に長年、携わった小峰氏は、56年度の白書を巡って「本当の意味は企画庁のなかではほとんど常識だったが、世間では違う受け止め方だった」と述懐する。

なぜ異なって伝わったのか。小峰氏は「現実がその後、高度成長したので、意味がまったく逆転して『新しい発展が始まった』という解釈が一般的になった」と指摘する。

・・・なるほど、「もはや戦後ではない」の明るいイメージとは、その後の経済の高度成長という結果から見たものであり、当時の日本経済の立ち位置を想像して考えれば、これまでの戦後10年の経済復興の時代が終わり、これからは実力で経済を拡大成長させていくのだという、むしろ困難の時代を予感した「覚悟」を示したものだった、ということになる。

歴史を理解するためには、もろもろの結果を知ってる現時点から考えるのではなく、できるだけ当時の状況や視点に寄せて考えないといかんなあ、と思う。

|

2023年9月10日 (日)

宇土櫓復旧工事、巨大鉄骨組出現

8月に、熊本城・宇土櫓の復旧工事の様子が報道されて、これは「見納め」に行かないといかんな、と思って、この土日に行ってきた。

現在、宇土櫓の周りには巨大な囲いの建設が進められていて、工事作業スペースを作るための鉄骨組みが、櫓よりも高く組み上げられている。西側から見ると櫓の姿は殆ど見えない。やがて外壁が取り付けられると、西側と北側からは櫓は完全に見えなくなるとのこと。

1_20230910214601

加藤神社側から見ると、あの巨大石垣も足場の鉄骨組に覆われている。石垣の修理も予定されているとのこと。

2_20230910214601

熊本城の大天守、小天守に次ぐ「第三の天守」と呼ばれる威容も、鉄骨組みに埋もれつつある。

3

鉄骨組み完成後、西北側には外壁が取り付けられるが、東南側はネットを張り、工事の様子が見えるようにするという。

4

宇土櫓の解体修理を行う大規模な復旧工事の終了は2032年度とのことで、ざっと10年かかる。はあ~。今年64歳になる自分だが、宇土櫓復活の姿を、何とか見届けたいものだと思う。

|

2023年9月 4日 (月)

「鬼柴田」展に行く

先日、「鬼柴田」展(福井県立歴史博物館、9月3日で終了)を観に行った。「鬼柴田」と呼ばれた戦国武将、柴田勝家。言わずと知れた織田家の重臣であり、信長の死後、羽柴秀吉と対立し滅ぼされてしまった猛将の人物像を、最近の研究をベースに提示する特別展である。

博物館の入り口には、著名な肖像画からの勝家の復元画像が掲示されている(写真上)。入館すると、アニメキャラ的な勝家とお市の方がお出迎え(写真下)。ビジュアル違い過ぎる。(笑)

Photo_20230903232501
Photo_20230903232502

勝家は当初、信長の弟の信勝の家臣だったが、織田家中の争いで敗れた後は信長ひとすじに忠節を尽くし、天下平定事業の先兵となって東奔西走。信長から越前の国を与えられたが、本能寺の変の後、羽柴秀吉との争いに敗れた。

信長死後の政権運営について、勝家は家臣の合議による信長の理想実現を目指したが、秀吉は自らが天下人となる野心を露にして、味方を増やしライバルを蹴落とした。織田政権の守護者である勝家は、秀吉にとって倒さなければならない最大のライバルだっただろう。天下人となった豊臣秀吉の死後、徳川家康もまたライバルとの対決を経て、自らの政権を打ち立てることになる。家康に対抗した石田三成の立場は、かつて秀吉と対立した柴田勝家と同様のものだったと言えるだろう。(人物のタイプは全然違うけど)

|

2023年9月 3日 (日)

朝倉氏遺跡博物館に行く

「立派な博物館が出来たんだなあ」と、一乗谷朝倉氏遺跡博物館の建物の写真を見た時に思った。開館は2022年10月。一年前か。知らなかった。関ヶ原の古戦場博物館も立派だし、最近は各地に歴史関係の施設がいろいろ出来るなあ。

で、昨日行ってきました遺跡博物館。福井からJR九頭竜線に乗って一乗谷駅へ。博物館は駅のすぐ近く。一乗谷には昔来たことがある。自分が前に名古屋に住んでいた時(2003年秋から2007年春)のことなので、まあ20年近く前か。

建物がデカいので、当然内部のスペースも広い。2Fの基本展示室では、出土品を並べて一乗谷城下町の暮らしを詳しく紹介。写真上は城下町のジオラマ。隣のスペースでは朝倉館が原寸再現されている(写真下)。特別展示室では「朝倉義景の一生」展(本日9月3日で終了)をやっていた。

Photo_20230903182101
Photo_20230903182301

城下町の遺構までは少し距離がある。博物館から無料バスが出ていたので利用した。5、6分で「復元町並」に到着。昔来た時は多分、駅からとぼとぼ歩いたのだと思う。30分くらいかかる距離かな。まだ若かったということか。写真は上が復元町並、下が朝倉館跡。

Photo_20230903182302
Photo_20230903182303

遺跡や出土物から、当時の人々の暮らしが分かる。「ポンペイ」チックな話だ。向こうの2000年前に比べると時間は短めだが、それでも400年前の生活を知ることができるのだから、単純に凄いと思う。

|

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »