« 『百億の昼と千億の夜』 | トップページ | JR東海工場見学 »

2022年10月 9日 (日)

新幹線「かもめ」に乗る

9月23日に開業した西九州新幹線。これで博多から長崎まで(途中半分以上はリレー特急ですが)、新幹線を使って行ける格好になった。

九州に行くなら、東京からだと飛行機使っちゃうわけだが、名古屋からなら新幹線で行こうという気分に(自分は)なる。なので名古屋にいる今、とにかく乗るだけ乗っておこうと思って、昨日10月8日土曜日行ってきました。

前日7日の夜に博多に入って、翌8日朝に出発。博多駅でリレー特急に乗るため在来線改札(新幹線改札ではない。考えてみりゃ当然だけど)から入る。在来線の武雄温泉駅で、同じホーム向かい側にいる新幹線「かもめ」に乗り換える運用。自分は自由席(6両編成の4、5、6号車。後半部分になる)利用なので、リレー特急も後ろの自由席車両に乗る。武雄温泉到着の直前、乗客の多くは下車支度開始。自由席に乗り換えとなると、やはり行動は早めになりますね。実際、乗り換え完了、出発時には自由席車両は満員に。座れずに立つ客も目に付いた。

博多から長崎まで1時間30分、うち新幹線に乗ってる時間は30分程度。景色も、大村湾の辺りで海が見えるくらいで、トンネルが多め。それでも、やっぱり新幹線に乗って遠くまで行けるというのはいいね、と感じる。

10時半に長崎到着。駅の東口は工事中。あの特徴的な大屋根が無くなっちゃってるが、完成予定図にはちゃんと付いてるので、完工の暁には復活するのだろう。

Photo_20221009134301

例年は今頃やってるであろう「長崎くんち」は、今年も中止とのこと。お祭りを一人で見に行く気もないけれど、それでも少々寂しい感じはする。

今回は新幹線に乗るのが第一の目的なので、当地にいたのは4時間程度。とりあえず駅から近い歴史文化博物館に行き見学(すいてる)、駅に戻って駅ナカ施設内の洋食店「ニッキー・アースティン」でトルコライスを食べて、帰途についた。行きはバタバタしていたので、帰りに「かもめ」を撮影。

Photo_20221009123701

さて、リレー特急の区間はいつ新幹線になるのか。佐賀県はメリット少ないとして前向きではないらしいけど・・・国が実質的に全部金出すしかないかな。

|

« 『百億の昼と千億の夜』 | トップページ | JR東海工場見学 »