« 「小山評定」は在ったのか | トップページ | 適応への意志 »

2022年7月28日 (木)

丸山ワクチンは効く。のか。

今月の日経新聞「私の履歴書」は、ソニー・ミュージックエンタテインメント元社長の丸山茂雄氏。本日語られているのは氏のがん経験。以下にメモする。

がん治療のため私は静岡がんセンターに入院した。2007年のクリスマスの夜、治療は始まった。きつい治療で1カ月、2カ月と苦しむのではなく、気分よく人生を終わりたい。副作用が強い抗がん剤をあまりたくさんは使わず、標準的な治療の7割くらいに抑えた。(がんセンターに)付属するホスピスもとても感じがよく、最末期になったらそこに入りたいと思った。
やがて食事ができるようになった。点滴を外せれば、散歩や外出も可能だ。
08年2月に退院し、翌3月に検査すると食道のがんがきれいになくなっていた。

実は病院での治療の傍ら、父(丸山千里氏)が開発した「丸山ワクチン」を注射していた。医師には内緒だ。がんの治療法として正式には認められていないからだ。あくまでも私個人の責任に基づく勝手な行為だ。あるとき、私は医師に尋ねた。「先生、丸山ワクチンって知ってます? 私が開発者の息子だということは?」。答えは「噂では聞いています」。私は父が書いた論文を手渡した。「お時間のあるときに読んでください」

その後も私の体調は安定し、余命とされた3カ月もとうに過ぎた。08年の秋、医師に聞かれた。「ここまで来ました。丸山ワクチンをおやりになっているのでしょう?」。私は答えた。「ノーコメント」。医師はニヤリと笑った。それでおしまい。

・・・丸山氏は今も丸山ワクチンを打ち続けている、とのことだ。

丸山ワクチンが一時話題になったのは随分昔のような気がする。ので、「私の履歴書」でこの言葉を見た時、「今もあるんだ」と思ったのが最初の感想。そして内容を読んで、「効くんだ」と思ったのが次の感想。

薬というものは、効く人には効く、としか言えない感じがする。だから患者としては、できるだけいろいろな薬や治療法を試せる方がいいと思う。丸山ワクチンが今でもお役所に認められていない理由は知らないが、患者の選択肢を増やすためにも、認めてくれてもいいんじゃないかなあと思う。

|

« 「小山評定」は在ったのか | トップページ | 適応への意志 »