« 「シン・ウルトラマン」の科学 | トップページ | 元総理の不条理すぎる死 »

2022年7月17日 (日)

若年層の投票先に変化の兆し?

先の参議院選挙では自民党が大勝したが、若年層の投票先を分析すると、変化の兆しも見えるようだ。本日付日経新聞記事からメモする。

自民党は選挙区で議席を積み増した一方で、比例代表は前回2019年から1減った。比例代表の投票先を分析すると、安倍政権下で自民党に流れた若年層の票が、新たな選択肢に向かった動きが浮かぶ。
比例代表は政党の支持傾向が反映されやすい。自民党の今回の得票率は19年より0.9ポイント低い34.4%だった。
共同通信社の出口調査で年齢層別の投票先をみると、自民党の比率は50歳代以上の各年代で19年より高まった。対照的に若い世代は落ち込み、特に20歳代は3.5ポイント下がって4割を切った。
野党第1党の立憲民主党も、20歳代で19年の旧立民を1.6ポイント下回った。公明党や共産党の比率も低下した。

自民党などから離れた若者の票はどこに向かったのか。伸びたのは参政党や国民民主党、日本維新の会などだ。
参院選に初めて候補を立てた参政党は20歳代の投票先で5.9%に達し、共産を上回った。国民民主党も、19年の旧国民民主より3.9ポイント高く10.5%になった。日本維新の会も0.7ポイント伸びて、国民民主と並ぶ10.5%を占めた。

京都府立大の秦正樹准教授は「新しい選択肢の存在が若者をひき付ける力になった」との仮説を示す。秦氏の研究によると、維新は政権を担当する能力があると考える人が増えている。より変化を求める20歳代は、すでに目新しさに乏しいと感じている可能性もある。

第2次安倍政権以降は、現状に飽き足らない若い世代ほど自民党に投票する傾向があった。今回の参院選からは、その構造が再び変わってきたことがうかがえる。

・・・自分はシニア世代だけど、今回の参院選は国民民主党に投票した。与党の自民と公明には票を入れる気がせず、維新もピンとこず、国民民主も何か印象が弱いけど、とりあえず「改憲勢力」の一角らしいので消去法的に入れたという次第。現状、野党には政権担当能力は無いわけだから、結局政権交代が起きるのは、93年のように自民党が分裂する時なのだろうが、その可能性は今のところ限りなく小さい。

|

« 「シン・ウルトラマン」の科学 | トップページ | 元総理の不条理すぎる死 »