« 成長戦略は恐ろしく困難 | トップページ | 丸山ワクチンは効く。のか。 »

2022年7月25日 (月)

「小山評定」は在ったのか

慶長5年(1600)7月、上杉氏討伐のため徳川家康は軍勢を率いて会津に向けて進んでいた。しかし毛利輝元・石田三成ら「西軍」の挙兵を知り、指揮下の諸将と合議して上方へ反転することを決める。この、いわゆる「小山評定」(通説では7月25日)により「東軍」が結成され、ここから9月15日の関ヶ原合戦まで、決戦を目指す両軍の動きが加速していく。(写真は小山市役所敷地内の石碑)

Photo_20220726102401

関ヶ原合戦については近年、通説の見直しが盛んである。今までの通説的ストーリーは、後世に成立した「軍記物」はじめ二次史料の記述に拠っていて史料的裏付けに乏しいというのが、見直しの大きな動機及び基本的スタンスになっている。既に「問鉄砲」は否定されているし、小早川秀秋も合戦当初から東軍側という話になっていて、さらに「小山評定」も無かったという説が出ている。以下に、『関ヶ原合戦全史』(渡邊大門・著、2021年)からメモする。

「小山評定はなかった」という説を最初に提起したのは、光成準治氏であった。光成氏に続いて、同様の説を展開したのは白峰旬氏である。
白峰氏は一次史料を駆使して、7月25日に家康が小山にいたのかを徹底的に検証した。その結果、同日に家康が小山にいたとの確証が得られなかった。
問題となるのは、7月中旬から8月頃にかけての時期における武将間の書状には、小山評定があったことを明確に示したものがなく、二次史料しか残っていないことである。
しかし、これまでのさまざまな検討を踏まえた場合、家康が小山評定で諸大名に会津征伐の中止、そして輝元・三成らの挙兵を伝え、方針転換を伝えた可能性は高い。やはり小山評定は開催されたと考えるのが妥当なようである。ただし、通説のように、劇的な展開があったか否かは別の問題である。
多くの編纂物では、小山評定をドラマティックに描いているが、それは家康を賛美するために脚色されたと考えてよいだろう。

・・・一次史料は無いので結局、家康の「軍事指揮権」の在り方などから考えた合理的な推論によって、小山評定と呼べる会議はあった可能性が大きいとは言える。んだろうけど、黒田長政が根回しして福島正則が打倒石田宣言をする、というドラマ的展開はフィクションの産物、なんだろうなあ。

ところで白峰先生の研究によれば、前田利家死去直後に石田三成が危機に陥った「七将襲撃事件」も、襲撃ではなく訴えを起こしたのであるという。白峰先生の手にかかると、問鉄砲も小山評定も七将襲撃も、みんな無くなっちゃう。通説打破の勢いが止まりません。

|

« 成長戦略は恐ろしく困難 | トップページ | 丸山ワクチンは効く。のか。 »