« 「冷戦後」の終わり? | トップページ | 20世紀のロシアとウクライナ »

2022年3月31日 (木)

1973年の終末観と2022年の混迷

このところの原油をはじめ資源価格の高騰から、物価上昇と景気悪化が同時進行するスタグフレーションの可能性が懸念されている。過去のスタグフレーションの事例といえば、おそらく1973年の石油ショック発生時の不況、になるのだろうが、何しろ半世紀も前の話なので、実感として当時と似ているというのは難しい。しかし当時の記憶が残る者としては、少なくとも社会的・文化的現象から見ると、当時の状況は現在よりもはるかに深刻だった覚えがある。

石油ショックといえば、やっぱりトイレットペーパー買いだめ騒動。そして文化的事象は「日本沈没」「ノストラダムスの大予言」だ。いずれも本はベストセラー、映画は大ヒットした。今週の「週刊エコノミスト」(4/5号)で、評論家の片山杜秀が「大予言」について書いているので以下にメモする。

『ノストラダムスの大予言』。五島勉の著書である。1973年11月の刊行。16世紀フランスの大占星術師が99年7月の人類滅亡を予言しているという。すぐにミリオンセラーになった。
なぜだろうか。まずタイミングが良すぎた。刊行前月の10月、第4次中東戦争が勃発していた。アラブ諸国は石油を武器にした。価格を高騰させた。石油に依存してきた産業文明に空前の危機が訪れた。
社会は不安に満ちた。物不足に見舞われた。ノストラダムスに教えられるまでもなく、世は終末思想に覆われつつあった。
つまり五島は火に油を注いだのだ。しかもとても上手に。公害による自然環境の破壊、数々の異常気象、エネルギー危機、食糧危機、難民の増大、奇病の発生、人間精神の荒廃、そして東西冷戦の帰結としての世界最終核戦争。当時リアルと思われた、ありとあらゆる人類滅亡につながる要素が並べ立てられた。
それから約半世紀を経た。99年うんぬんはともかく、五島の本に書いてあったことがついに束になって襲ってきているように感じる。

・・・片山先生は1963年生まれなのでおそらく、石油ショック当時の社会状況の記憶も残っているのだろう。確かに当時の世の中の終末観の強さといったら半端なかった。それに比べたら、今の世の中は比較的落ち着いている感じだ。ただ、「大予言」で並べ立てられた「人類滅亡」の要因は今も大幅に減退しているわけではなく、今もそこにある危機として認識しておくべきだろう。

1973年の中東戦争と石油ショック、2022年のウクライナ戦争と資源価格高騰。あるいは100年前の第一次世界大戦とスペイン風邪、現在のウクライナ戦争と新型コロナウイルス。歴史は「繰り返す」あるいは「韻を踏む」とか。諸々の相場の波動は、トレンドとサイクルから成る。歴史にもまたトレンドとサイクルがある、と考えていいかも知れない。

|

« 「冷戦後」の終わり? | トップページ | 20世紀のロシアとウクライナ »