« 哲学史で「思考の鋳型」を学ぶ | トップページ | 冷戦終結30年後の「ウクライナ危機」 »

2022年2月26日 (土)

危機のウクライナ、進撃のロシア

ウクライナ生まれの国際政治学者グレンコ・アンドリーは、ロシアはウクライナ支配を目論んでおり、ウクライナが自国の主権と独立を守る方法は、自由・民主主義陣営の国になることしかない、と言う。著作である『NATOの教訓』(PHP新書、2021年5月刊行)から、以下にメモする。

ウクライナは今、独裁国のロシアと自由・民主主義の欧米諸国の対立の最前線にある。
2014年に、ロシアはウクライナを侵略し、クリミア半島およびウクライナの東部2州で戦争が現在でも続いている。地理的にロシアとNATOの間にあるウクライナは事実上、NATOの「盾」となっている。NATO諸国は「盾」であるウクライナに陥落してほしくない。かといって、ウクライナと一緒にロシアと戦うつもりもない。

たしかにNATOはウクライナに経済支援や技術支援、軍事支援を行ってきた。それでもやはり、ウクライナを侵略したロシア軍を排除するために軍事行動を起こすようなことはない。NATO加盟国に対する侵略なら話は別だが、防衛義務のないウクライナのために自国の兵士を死なせるようなことは、国内の世論が容認しないからだ。

ロシアによるウクライナ侵略が終わり、平和が訪れるのは、おそらく何年も先のことだろう。ロシアはウクライナの支配に強い願望を持っているので、簡単には諦めない。独立国であり続けたいウクライナも当然、侵略への抵抗を続ける。一方が支配を求め、他方が独立を求める。この状況では妥協の余地がない。

現体制においてロシアがウクライナを諦めない以上、戦争が終結する可能性は二つしかない。ロシアにおいて革命的変化が起きるか、もしくはロシアの財政難によって戦争継続が不可能になるかである。

・・・ロシアがウクライナに対する全面侵攻に踏み切った現時点では、戦争が終結するもう一つの可能性が現われてきた。それはウクライナにとって望ましくない想定、すなわちロシアがウクライナの現政権を倒して傀儡政権を作る、というシナリオである。しかしこれが、プーチンのプーチンによるプーチンのための戦争の、最終目標であるのかは定かではない。いずれにしても、NATOに圧迫されているという、独裁的権力者の被害妄想に近い世界観から、戦争が引き起こされているという空恐ろしい現実を、我々は目の当たりにしている。

|

« 哲学史で「思考の鋳型」を学ぶ | トップページ | 冷戦終結30年後の「ウクライナ危機」 »