« 秋の土用 | トップページ | 石見銀山に行く »

2021年10月31日 (日)

旧国鉄篠ノ井線廃線敷

昨日30日土曜日、長野県の松本のもう少し先、明科(あかしな)まで出かけた。例によってJR東海さわやかウォーキング参加のため。目的地は、旧国鉄篠ノ井線廃線敷、いわゆる廃線跡を訪ねるってやつだ。現地ではハロウィーンイベントもあり、JR東日本の「駅からハイキング」も同時開催されていた。というか、さわやかウォーキングが越境開催されてるわけですが。

明科駅から15分程歩くと、廃線敷遊歩道入り口に到着。さらに5分程歩くと三五山(さごやま)トンネルが現れる。そこから先は、いかにも廃線跡という感じの砂利道が続く。三五山トンネルから3km程先にある漆久保トンネルまで進んだ所で折り返し、再び駅まで戻ってくるという往復8km超のコース設定。・・・なぜかしら、廃線跡は人の心を惹き付けるのだなあ。

写真は上から三五山トンネル、遊歩道、踏切の信号機、漆久保トンネル。

Photo_20211121184801
Photo_20211121184901
Photo_20211121185001
Photo_20211121185002

|

« 秋の土用 | トップページ | 石見銀山に行く »