« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月20日 (日)

「ポスト産業社会」の知

雑誌『現代思想』6月号の特集は「いまなぜポストモダンか」。檜垣立哉・大阪大学大学院教授の寄稿「リオタール『ポスト・モダンの条件』再読」から、以下にメモする。

この書物(『ポスト・モダンの条件』1979年)は、確かにポスト・インダストリー時代における大学制度論や教育論であり、さらに現代社会論でもあり、そこでは情報化社会やネオ・リベラル社会、あるいはグローバリゼーションという、広くいえば現在のわれわれにまで連続する「現状」が分析されている。

大学が「思弁的」機能を失い、大学における活動の中心が「学際的」なものへと移行していく事態、そこで「予算権」を奪われ「自治」の根拠を喪失した教授会、古典的エリート自由人(とりわけ人文学者の院生)が数に数えられない失業者になる時代、古典的教養の基盤をなくした場面では「教授」がただの機械や「記憶回路」と交換可能になってしまうという記述などは、ほぼそのまま40数年後の現在においても通用するとおもわれる。

ここで描かれていることは色あせているわけでないどころか、激化しているようにもおもわれる。
「おおきな物語」が崩れ、それを支えてきた教育システムと、経済システムや知の総体的近代システムが「不信」にさらされ、知識がもはや貨幣と同様に、ネットワークのなかでだけやりとりされる世界。「学際」や「イノベーション」がますますかけ声として重視され、基礎学問が軽視される現状。そうした教養的な後ろ盾を失った世界においては、誰もが「とるにたらぬもの」としての「自己」になるのだが、とはいえそうした「とるにたらない」自己は、「孤立」するという以上に、ネットワーク的なコミュニケーション回路の「結び目」としてくみこまれ、そこで自己を定位しなければならない。

・・・こうしたリオタールの記述から、現在と当時との明らかな連続性に驚かざるをえない、と檜垣先生は述べている。

確かに現代社会における学問というか知識の変容は著しい。とりわけ人文知の没落の度合いは甚だしくて、大学における関連部門の居場所も狭まる一方だ。むしろビジネス分野で「リベラル・アーツ」の復権が唱えられたりしているけど、こういう成り行きも喜んで良いのか悪いのか分からない。『ポスト・モダンの条件』発刊から既に40年以上が過ぎたが、ポスト産業社会における知の在り方を「ポスト・モダン」状況と呼ぶならば、この状況は基本的に今でも変わらないというか、インターネット環境の中で人間も知識もパーツ化していくような社会の有り様は、むしろ「ポスト・モダン」状況の全面展開と言えるだろう。

|

2021年6月19日 (土)

南海会社、世界初の「株式バブル」

17世紀オランダのチューリップ投機が世界初の心理的バブル現象ならば、18世紀イギリスで起きた「南海泡沫事件」はまさに世界初の「株式バブル」だった。以下に、南海泡沫事件について解説した、「日経ビジネス」電子版6月17日付、大崎匠・Bagel X代表取締役の執筆記事からメモする。

英国政府によって1711年に設立された南海会社は、東インド会社と同じような貿易を目的としており、特に南米との奴隷貿易を独占することを意図して創業された。しかし、この官製企業は、実際に貿易事業を営むことはあまりなく、政府債務の金利を投資家に支払うための中継企業として機能していた。

度重なる戦争によって政府債務が膨らんだ英国政府の依頼を受け、南海会社は、既発行の政府債務全てを株式に交換する案を提案した。いわゆる、デットエクイティスワップである。英国政府は、南海会社の提案を採用し、3200万ポンドもの英国政府債務と南海会社の株式を交換することを決定した。

こうしたスワップスキームを維持させるためには、南海会社の株価を高値で維持、ないしは上昇させる必要があった。そのため、南海会社が株式を新規発行する際には、投資家に対して分割払いや借り入れ(レバレッジ)などの支払いオプションを提供した。そして、50%もの非常に高い配当を10年間払い続けることまでも保証したのだ。こうした策が功を奏し、南海会社の株価は短期間で高騰した。スワップスキーム導入前の1720年1月に125ポンドであった株価は、わずか半年後の7月時点で950ポンドまで高騰した。

第二の南海会社を目指し、投資家から資金を集めるだけの実体のない企業が乱立した。1719年から1720年のわずか1年間でおよそ190社が無許可で設立、資金を集め終わると経営者は会社を畳んで行方をくらました。設立された約190社のうち、1年後も存続していた企業はわずか4社であったという。人々は、こうした泡のように消えゆく企業をいつしか「泡沫企業」と呼ぶようになった。これこそ「バブル」という言葉の起源であった。

バブル形成の背景でもあった、無許可で設立された企業の乱立を規制する「泡沫(会社)禁止法」が1720年6月に議会で成立したことを契機に、膨張したバブルはわずか数カ月であっけなく破裂した。同年12月には、1株わずか185ポンドまで急落したのだ。これこそが人々が人類史上初めて「株式バブルがはじけた」と認識した瞬間だった。

・・・晩年のニュートンも、巨額の資金を南海会社の株式につぎ込み、2万ポンドの損失を被ったそうな。いろいろな意味で歴史的な事件なのであった。

|

2021年6月 9日 (水)

サスケ、お前を斬る!

現在NHKEテレの番組『趣味どきっ!』では、昨秋放送の「本の道しるべ」シリーズ全8回を再放送中。出演している文化人は知らない人ばかり(タレントの渡辺満里奈だけ知ってる 苦笑)なのだが、本と本屋さんをテーマにした番組ということで、先日とりあえず第2回(歌人の穂村弘が出演)を流し見していた・・・ら、穂村さんが突如TVアニメ「サスケ」冒頭ナレーションの部分を朗読したのに意表を突かれた。TVアニメの中にも「詩」がある、その事例として読み上げられたのは以下のナレーション。

光あるところに影がある。まこと栄光の影に数知れぬ忍者の姿があった。命をかけて歴史を作った影の男たち。だが人よ、名を問うなかれ。闇に生まれ、闇に消える。それが忍者の定めなのだ。――サスケ、お前を斬る!

何で?と思って穂村さんは何年生まれか見ると1962年。若く見えるけど自分の3つ下、概ね同年代。自分もなぜか「サスケ」が好きで、白土三平の原作コミックスは全15巻持ってたし、TVアニメ(昭和43年~44年放送、もう50年も前なのか)も毎週欠かさず見ていた。今も記憶に残る、哀愁感漂うBGMをバックに流れる名調子の語り。それを全く予期せぬ形で耳にしたものだから、滅茶滅茶意外感があった。正直自分は、短歌というジャンルには全く関心がないので、穂村さんのことも全く知らなかったけど、これで一方的に親近感がわいてしまった。

実は最近、たまたま思い立って、サスケの原作とTVアニメ両方の全巻を見直したところだった。昔、原作を読んだ時は、物語の後半3分の1は、子供心にも随分と暗い印象を受けたものだった。理由や都合は分からないが、TVアニメも原作の途中で終了し、物語の最後まではアニメ化されていない。原作は後半になると、サスケが敵と戦うよりも、人間同士の争いに巻き込まれるようになり、主人公としての印象もボヤける感がある。ので、少年忍者サスケの成長物語としては、TVアニメは程よいところで「完結」したと思う。

|

2021年6月 7日 (月)

バルンガ!

最近、月曜日の深夜にNHKBSプレミアムで「ウルトラQ」(4K版)が放送されている。今夜は「バルンガ」だ。

バルンガ、知っている人は知っている「風船怪獣」。地球上のエネルギーを吸い上げて巨大化していく。人間を攻撃するでもなく街を破壊するでもなく、ただただ巨大化していくのだ。バルンガの「発見者」である奈良丸博士は、劇中で「バルンガは怪物ではない。文明の天敵というべきだ」と語る。

ラストシーン、知っている人は知っている。バルンガは太陽に向かっていく。「バルンガは太陽と一体になるのだよ。太陽がバルンガを食うか。バルンガが太陽を食うか」(奈良丸博士)

ラストの石坂浩二のナレーション、知っている人は知っている。「明日の朝、晴れていたらまず空を見上げてください。そこに輝いているのは太陽ではなくバルンガなのかもしれません」・・・ああ、何てぞくぞくする終わり方。

ウルトラQで好きな話は、バルンガ、ゴーガ、トドラの話。ゴーガとトドラの放送はもう少し先になるので、忘れないようにしよう。(もちろん怪獣造形的には、ぺギラやガラモンが普通に好きですけどね)

|

2021年6月 6日 (日)

「廃藩置県」という静かな「革命」

「廃藩置県」と聞けば、教科書に載ってたな~程度の感じ。言葉の意味内容も、江戸から明治になって藩を止めて県にしました、という文字通りの理解(苦笑)。しかしその歴史的意義は非常に重要であると、最近思うようになった。『最新の日本史』(河合敦・著、青春新書インテリジェンス)からメモする。

廃藩置県は明治4年(1871)7月に断行されるが、それより2年も前から、自ら藩の廃止を求める動きが出ていた。多くの藩が江戸後期から借金がかさみ、藩士たちへの禄をまともに払える状態ではなかったのである。

明治4年(1871)7月初め、野村靖と島尾小弥太、長州出身の中堅官僚二人が山県有朋の屋敷で「廃藩を断行するしかない」という意見を山県に説きはじめた。山県はこれに賛同し、「政府をになう木戸孝允と西郷隆盛を説得して実現させよう」「木戸については、彼の信頼のあつい井上馨から話してもらおう」ということになった。7月6日、井上は木戸の屋敷を訪れ、廃藩の件を打診した。木戸は即座に承諾したのだった(じつは木戸は3年前から人々に廃藩を説いていた)。

さて、最大の問題は、薩摩藩の改革に力を入れ、薩摩士族から絶大な支持を得ている西郷隆盛が廃藩に同意するかどうかだった。井上馨が木戸に廃藩を解いた7月6日、山県有朋も西郷の屋敷を訪ね、おそるおそる廃藩置県を切り出したのである。すると西郷は、「それは宜しかろう」と言った。あまりに簡単に同意したことに仰天した山県は、廃藩が必要な理由を詳しく語り、最後に「血をみる騒ぎになるだろうが、その覚悟がおありか」と尋ねた。しかし西郷はまた、「私のほうは宜しい」と告げただけであったという。

かくして廃藩置県は、7月14日に断行された。この瞬間、地上から藩が消滅したのである。当然、主家をつぶされた士族たちは激怒し、少なからず反乱が起こるだろう。そう、このクーデターを計画した者たちは覚悟していた。
ところが、想定されていた激しい反発は、全くといって良いくらい起こらなかった。というのは、廃藩にあたって藩の借財を新政府が請け負い、士族の禄(給与)も政府が支払うと確約したことが大きい。

いずれにせよ、唯一の政治権力となった新政府は、以後、税制改革(地租改正)、軍制改革(徴兵令)、教育改革(学制)など全国一律の大きな改革をおこない、殖産興業、富国強兵に邁進することができるようになった。まさに廃藩置県は、日本が近代国家に転身するための大きなターニングポイントだったのである。

・・・結果的に静かな「革命」となった廃藩置県により、明治新政府の権力基盤は確立されたわけだから、その歴史的意義は戊辰戦争を上回るかもしれない、と思ったりする。当の新政府は拍子抜けしたかも知れないが、時代の流れは一度決まってしまえば、あえて逆らう者もいなくなる、ということか。しかしその6年後に、廃藩置県を英断した西郷隆盛その人が、反乱軍を率いて西南戦争を戦うことになるとは、誠に皮肉な巡り合わせというほかはない。

|

2021年6月 5日 (土)

厄介な「優生学的」思想

生物学者の池田清彦は、近著『「現代優生学」の脅威』(インターナショナル新書)の中で、「明らかに優生学的な傾向をもつ考えが、現在さまざまな領域で顕現」しつつあるとして、そのような考えを「現代優生学」と呼び、警鐘を鳴らしている。以下に同書からメモする。

現代優生学の特徴を一言で表せば「社会にとって有益でない人間の生存コストを、社会全体で担うべきではない」というものです。この考え方をもう一歩押し進めれば、「社会にとって無益な人間の遺伝子は残してはならない」「無益な人間は社会から隔離し、場合によっては生命を絶つべきだ」という価値観につながります。
かつては、実際にこのような価値観に基づく優生政策が行われていました。そうした政策の根拠となった思想は、「消極的優生学」と呼ばれるものです。

優生学には、「消極的優生学」と「積極的優生学」の二種類があります。消極的優生学とは、「望ましくない形質または遺伝的欠陥を伝達しそうな人びとの生殖を規制しよう」という考え方です。ナチスによる障害者・ユダヤ人の虐殺や、日本でのハンセン病患者への隔離・断酒政策は消極的優生学そのものでした。
一方、積極的優生学は「すでに生まれた人間ではなく、生まれる前の段階でなんらかの操作を加え、優秀とみなされる資質を備えた人間を多く生むようにする」という考え方です。

多くの人は、ナチスの事例を「特殊な時代に行われた、極端な出来事」と思うかもしれません。しかし、優生政策はドイツだけでなく、イギリスやアメリカ、そして日本でも行われてきました。国家や社会は、常に優生政策の誘惑にさらされる危険性があります。世界的な少子高齢化と財政基盤の脆弱化のなか、新自由主義的な政策で弱者を切り捨てたり、ときには相模原市の殺傷事件のように抹殺を試みたりする者が現れるのは、消極的優生学の現代的な顕現といえるでしょう。

現代優生学は優秀な遺伝子を増やし、劣悪な遺伝子を淘汰するという、旧来の優生学から離れて、「生産性のない人間を直接淘汰する」という、より過激なほうへと向かっているように感じられます。

・・・相模原事件の犯人の「思想」についても、池田先生は、過去の優生学から直接的に生まれたものではないとしても、今の社会全体に漂う「生命を有用と無用とに峻別するような倫理観」が特異的に濃縮されたものではないか、との見方を示している。

確かに自分も、犯人の語る「思想」は、自身の行為を正当化し「大義」があるかのように見せるために、後付けしたような話でしかない、とは思う。しかし困るのは、犯人のよりストレートな「障害者は不幸を作ることしかできません」という言葉を、明確に否定できない自分がいる、ということだ。もちろん、だから殺害する、というのは飛躍があると思う・・・にしても、どうにもいたたまれない気分になる。困った。

|

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »