« 鳥羽城に行く | トップページ | 黒井城に行く »

2021年4月11日 (日)

今城、久々利城、美濃金山城

昨日10日、旅行社のツアーを利用して、名古屋から日帰りで岐阜県可児市の山城巡りに出かけた。可児は2019年の山城サミット大会開催地。山城の調査研究や整備に熱心に取り組んでいる。今回のツアーで回ったのは今、久々利、美濃金山、あとオマケ的に明智(長山)を加えた4城。城郭研究者の加藤理文氏が同行。やっぱり解説付きは有難いです。写真はまず今城(本丸の土塁)。

Photo_20210411162401

今城は、もともと地元豪族の小池氏が築いた城だったが、美濃金山城の城主となった森氏が改修を施して支城にしたと考えられている。全体はごく小規模ながら桝形虎口、切岸、土塁等を備えて、戦国の城の基本的なパーツは揃っている、まさに戦国山城の入門的なお城。次の写真は久々利城。

Photo_20210411162402

久々利氏は土岐氏の一族ながら詳細は不明。写真の右上に見えるのが本丸だが、本丸の向こうのさらに高い場所に小さい曲輪がある。地形上の都合らしいが、本丸が一番高い場所に無いことが、この城の特長。次の写真は美濃金山城。

Photo_20210411162501

美濃金山城を最初に築いた斎藤大納言妙春は、久々利氏に暗殺された。その後1565年、織田信長の家臣、森可成が城主に。以後長可、乱丸、忠政が城主になったが、1601年頃城は破却された。城内には石垣破壊の跡があちこちに残る。それはそれで廃墟感が増して味わい深い。

最後は明智城(市指定史跡名称「長山城」)に行きましたが、ここは戦うための城ではないらしいので、他の3城に比べれば見どころは乏しいです。

|

« 鳥羽城に行く | トップページ | 黒井城に行く »