« グローバル化で革新の楽観は消滅 | トップページ | 鳥羽城に行く »

2021年3月25日 (木)

アニマル・スピリッツ!

本日付日経新聞市況欄コラム「大機小機」(出でよ熱気ある起業家)からメモする。

英経済学者ケインズは80年前「将来の長期間を要するような、積極的なことをしようとするわれわれの決意の大部分は、血気の結果としてのみ行われる」(「雇用・利子および貨幣の一般理論」塩野谷祐一訳)と述べている。
ここでいう血気は原文では animal spirits で、将来の利益の数学的期待値(予測)ではなく、人間本来の楽観に基づく行動だ、とケインズは説明する。そして血気が鈍り、自生的楽観がくじけると、企業は衰え、死滅する、と明言している。

・・・冷静な計算だけでは何も生まれない。とりあえず楽観すること。そして強い信念を持つこと。普通に考えれば、過信は戒められるものでしかないだろう。しかしながら自分を過信することなしに、リスクを取ろうとしても取れるはずもない。まずはおのれを過信せよ。そこからすべては始まる。

|

« グローバル化で革新の楽観は消滅 | トップページ | 鳥羽城に行く »