« 伊賀上野城に行く | トップページ | アニマル・スピリッツ! »

2021年3月24日 (水)

グローバル化で革新の楽観は消滅

冷戦後のグローバル化の進展に伴い、先進国の指導者層は左派右派問わず競争的な経済政策を導入。この結果、革新勢力も保守勢力も変質した。『日本の分断』(三浦瑠璃・著、文春新書)「第6章 保守と革新の分断を探る」からメモする。

冷戦が崩壊し、社会主義的な経済モデルが挫折すると、各国の左派政党は、それまでの左派勢力とは一線を画した競争政策を導入した。いわゆる改革派左派の登場である。しかし、瓦解した旧東側陣営が西側の経済と接続してグローバル化が加速すると、しだいに先進国内の格差は拡大していく。世代間の不公平や、既得権と新参者とのあいだの不平等が固定化する。もはやこれ以上グローバル化しても未来が明るく見えないように感じられ、(改革派の抱いていた)進歩そのものに対する楽観が損なわれてしまった。

他方で、保守の側もグローバリゼーションで問題を抱えこむことになった。80年代から経済競争に勝ち抜くためにとってきた競争政策が、彼らのよって立つ保守的な価値観と摩擦を起こし始めたからだ。彼らはグローバリズムとナショナリズムの相克に直面する。

革新はこう改革すれば進歩するという仮説に強い自信を持っている。保守が頼る歴史は、比較的安定した参照地点となっているのに比べ、理論の正しさがひとたび揺らいでしまった時の革新の動揺は激しい。合理主義的な進歩の思想を捨て、心情的な理想主義をとってシングル・イシューで激しい異議申し立てを繰り広げるようになる(絶望的世界観、「人間が自然を破壊してしまう」「強欲資本主義が世界を滅ぼす」など)。
(市場の選択と技術革新の可能性に期待を寄せる)保守の楽観主義は、革新が描く「暗い明日」よりも、進歩をさほど望まなくなった大衆の支持を得やすい。

成長を支持し合理主義的アプローチをとる革新勢力が悲観的で大衆動員型の勢力に道を譲るようになると、左派ポピュリズムが台頭する。将来の収入増と社会的上昇の期待を持てなくなった人びとが、反資本主義的感情を代弁してくれる政治勢力として支持するからだ。

・・・あえて単純化すれば、グローバル資本主義の「グローバル」に抵抗するのが保守のナショナリズム、「資本主義」に異議を唱えるのが革新の進歩主義又は理想主義ということだろう。現状、先進国では左派ポピュリズムも右派ポピュリズムも一定の支持を集めている。しかし日本はこの構図とは無縁だ。なぜなら三浦先生の分析によれば、日本の政治的な左右対立を規定しているのは日本独自の問題、すなわち護憲VS改憲と日米同盟(安保体制)の是非だからだ。つまり日本はいまだに「戦後」を引き摺っている、としか言いようがない。

|

« 伊賀上野城に行く | トップページ | アニマル・スピリッツ! »