« 大河ドラマ、90年代に「商品化」 | トップページ | グローバル化で革新の楽観は消滅 »

2021年3月14日 (日)

伊賀上野城に行く

今日は、三重県5城巡りの第2回目を実行。最初に松坂、津、亀山の3城を一日で回った後に続く、4つめの目的地として、伊賀上野城を選んだ。

自分は基本、電車利用の旅なのだが、伊賀上野城は最寄りの駅まで何度か乗り換えが必要なので、先に考えておかないといけない。ということで選択したルートは、行きはJRで名古屋から亀山、亀山から伊賀上野、そこから伊賀鉄道で伊賀上野から上野市駅。乗り換えはあるが、とにかく駅まで来れば、お城は駅前にあるので容易にたどり着ける。帰りは伊賀鉄道で上野市から伊賀神戸、そこから近鉄で伊賀神戸から伊勢中川、伊勢中川から名古屋に至るというコース。

伊賀上野城は慶長13年(1608)、藤堂高虎が城主となって大拡張工事を実施。本丸を高さ30メートルの「超」高石垣で囲んだ。一方、当時の天守は工事中に暴風雨で倒壊。その後長らく天守は築かれなかったが、昭和10年(1935)に地元の名士が私財を投じて新たに建てられたとのこと。

Photo_20210314213601
Photo_20210314213602

ところで伊賀は言うまでもなく忍者の里ですが、個人的にはあんまり興味がないので、今回は関係施設はスルーでした。

|

« 大河ドラマ、90年代に「商品化」 | トップページ | グローバル化で革新の楽観は消滅 »