« おひなさま | トップページ | 定年後は「一兵卒」の心構えで »

2021年3月 2日 (火)

ドリアは日本で発案

ドリアって日本で考え出されたのか!日経電子版2/28発信記事「ドリアは日本発」を読んで知る驚きの事実。言われてみれば、ごはんの料理ではあるけれど・・・よもやよもやの日本生まれとは。同記事から以下にメモ。

ドリアはファミリーレストランでも人気のメニューであり、西洋の料理のようにも思えるが、実は日本生まれ。

これが誕生したのは横浜市にある老舗のホテルだ。
「ドリアはホテルニューグランド発祥のメニューでございます。誕生した年度は定かではございません。開業が1927年で、1935年のメニューには記載がございますので、おそらく1930年ごろではないかと推測しております」(ホテルニューグランド営業企画部)

生みの親は初代総料理長のサリー・ワイル氏。同ホテル開業時にパリから招へいされたスイス人シェフで、フランス料理が専門だが、普段から国籍も多様な客からのリクエストに応え、さまざまな料理を作っては提供していたそうだ。あるとき、外国人客からの「体調が良くないので、のど越しの良いものを」との要望を受け、即興で作ったものがドリア。バターライスにエビのクリーム煮をのせ、グラタンソースにチーズをかけてオーブンで焼いたものだった。これが好評を博し、ホテルのレギュラーメニューに。さらにワイル氏の弟子たちによってほかのホテルや街の洋食店でも提供されるようになり、全国に広まっていった。今ではファミレスやコンビニ弁当のメニューにもなるほど一般的なメニューである。この「元祖ドリア」、今でもホテルニューグランドで当時のままの味をいただける。

・・・ごはんの国ニッポンでスイス人シェフが発明したドリア。食の和洋折衷と思えば、カレーライスに近いかも。「洋食」という名の日本食、その革新性に改めて感心してしまう。
記事によれば、レストランチェーン「サイゼリヤ」の提供する「ミラノ風ドリア」も、お店の「賄い料理」が1983年にメニュー化されたものだという。なのでミラノにミラノ風ドリアは無い。イタリアにスパゲッティナポリタンが無いのは知っていたが、ミラノ風ドリアも無いのだな。(笑)

|

« おひなさま | トップページ | 定年後は「一兵卒」の心構えで »