« 木村九段、藤井二冠撃破(NHK将棋) | トップページ | EU危機とポピュリズム台頭 »

2020年11月30日 (月)

ポテサラはロシア生まれ

日経新聞電子版(日経スタイル)の11月29日付記事から以下にメモ。

日本人なら誰でも好きなポテトサラダ。そのポテトサラダの起源はいかに? 日本では「ポテトサラダ」といえば、一般的にゆでてつぶしたジャガイモに野菜やハムなどの具材を合わせて、マヨネーズであえたものをいう。ということで、1925年に日本初のマヨネーズを発売し、ポテトサラダに関しても長年にわたり研究を重ねてきたキユーピーにうかがった。

「ポテトサラダの起源は、諸説ある中でも、19世紀にモスクワのレストラン『エルミタージュ』のシェフ、リュシアン・オリヴィエが考案したオリヴィエ・サラダ説が有力です」(キユーピー広報・グループコミュニケーション室)
FAOSTAT(国際連合食糧農業機関統計データベース)によると、2018年度のジャガイモの世界生産量は、1位中国、2位インド、3位ウクライナで、ロシアはそれに続く世界第4位のジャガイモ大国だ。

ロシア発祥のポテトサラダは世界各国に広がり、国ごとに独自のレシピを発展させたという。日本ではどう発展したのだろう。「日本では、大正時代に帝国ホテルでポテトサラダが考案されました。当時はハイカラな高級料理だったと想像できますが、戦後日本人の食生活ががらりと変わるなかで、学校給食にもキャベツ入りポテトサラダが登場するにいたり、日本独自の味に進化していきます」。

・・・加えてキューピーマヨネーズのコクのある味も、日本人のポテサラ好きを後押ししたようなのだが、それはともかく、ポテサラがロシア生まれだったいう、そのことが一番へぇ~って感じだった。

|

« 木村九段、藤井二冠撃破(NHK将棋) | トップページ | EU危機とポピュリズム台頭 »