« ナチスの「T4作戦」 | トップページ | 「人・本・旅」のススメ »

2020年10月12日 (月)

五木寛之の語る「苦」

仏教でいう「苦」とは何か。今週の「週刊東洋経済」(10/17号)掲載の、作家・五木寛之のインタビュー記事からメモする。

世の中というのは、不合理で、矛盾していて、努力しても必ずしも報われるとは限らない。そういうことが積み重なっていく不条理な状態をブッダは「苦」と表現しました。
「苦」というのは苦しいのではなく、思ったとおりにいかないということ。不条理という言葉がぴったりなんです。人生は不条理なものだと。その中で何とか生きていくためにはどうすればいいのかということを、論理的に教えたのがブッダという人物でした。
人間の一生というのはつらいことの連続です。そう思っていると、違うことに触れたときの喜びが大きい。虚無的というのか、不条理を肯定する。ブッダが言う「苦から出発する」「人が生きることは苦だ」「人間の世界は苦の世界だ」という考え方は、非常に合理的なのです。

・・・仏教でいう「苦」は、苦しみではない。そのとおりだと思う。例えば四苦八苦の四苦、生老病死は、一見「苦しみ」に見えるかもしれないが、むしろ自分の意志では変えることのできない、いわば純然たる身体的出来事である、と考える方が正確ではないだろうか。このほか、愛する人と別れてしまうこと、憎む人と出会ってしまうことも、四苦八苦に含まれている。これはいわば物理的な出来事だ。身体的物理的、つまりフィジカルな出来事は、自分の心ではどうすることもできない、ということを「苦」は意味しているのだと思う。そして、この世の根本は苦だと割り切れば、むしろ心は平安を得られるという、逆説的な認識を得ることも可能だろう。

付け加えると、昭和7年生まれの作家は、自分たちの親世代の人である。つまり少年少女時代の戦争の経験を記憶している。同じ記事の中で、作家はこう語っている。「僕は敗戦の年から、ずっと同じ考え方なんです。あの価値変動の中で、国も政府も全部ひっくるめて、すべて信用できない」。自分はいつも、作家の言葉を親世代の言葉として聞いている。

|

« ナチスの「T4作戦」 | トップページ | 「人・本・旅」のススメ »