« 「三島由紀夫」は今でも有効か | トップページ | 熊本城「特別公開」 »

2020年10月24日 (土)

関ヶ原古戦場記念館

今月21日にオープンした関ヶ原古戦場記念館。行ってみたら、凄い立派な建物。JR関ケ原駅から徒歩5分程度、建物の上部は駅からも見える。

Photo_20201024211801

入館すると、まず床面スクリーンの映像マップで東西両軍の戦いの推移(語りは神田伯山)を、次に大画面シアターで軍勢の走り回る戦闘再現アニメを見る。次に2階に上がり、鎧兜や文書や肖像画など資料展示のフロアを見学する。そして最後にエレベーターで最上階の5階に上がると、そこは古戦場全体を360度見渡せるガラス張りの展望室。とりあえず笹尾山(石田三成陣)方面を写す。

Photo_20201024211901

このほか、施設内のショップでは戦国グッズや土産品などを販売。カフェもあり、観光施設としては申し分ない内容。

・・・なんだけど、どうしても自分の頭に浮かぶのは、学問的には今、関ヶ原合戦の見直しが急速に進んでいること。そういうタイミングで、従来の通説的ストーリーのイメージを全面展開する施設が完成したというのは、ちょっと皮肉な感じがしないでもない。

とはいえ、その辺はBS番組で乃至政彦先生が言ってたように、「物語の合戦」と「史実の合戦」の両立を図るということでいいんだろう。長い間に作り上げられてきた関ヶ原合戦のストーリーを、一次史料から認められる史実とは異なるからと言って、無碍に否定するのも野暮というもの。関ヶ原合戦のドラマはドラマとして楽しむのが、「大人の対応」なんだろうな。

|

« 「三島由紀夫」は今でも有効か | トップページ | 熊本城「特別公開」 »