« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月28日 (土)

「アルゴリズム相場」と向き合う(続)

日経新聞(3/27付)連載記事「科学と心理 市場急変に迫る」から、以下にメモする。

株式相場乱高下の根底にあるのは「人間の恐怖心」
「確かにアルゴリズムのようなコンピューター取引の普及により、売買執行のスピードを速めてしまった部分はあるかもしれない。だが、そもそも機械自体は感情を持たず、『コロナ=売り』という判断はできない。売りたい人がたくさんいる状況で、売りを実現するためのツールとしてアルゴリズム取引がある。株価変動の出発点はあくまで人間心理の悪化だ」(ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント計量運用部長の内山雅浩氏)

売買執行やリスク管理の手法が相場変動拡大につながる場合も
「取引の大半を大手金融機関だけではなく、HFT(高速取引)などの業者が同時にマーケットメークしている。はるかに速く多くの取引を低コストで処理できるため良い面の方が大きいが、日中の値動きが激しすぎる場合はどうしても売りと買いの提示値が開き、変動幅が大きくなりやすくなる」(同)
「リスクを抑えようとするターゲットリスクファンドや、各資産のリスクが均等になるよう分散投資するリスクパリティの台頭も変動を大きくさせ得る。今回のようにリスクが高まり過ぎると、リスクを下げるために株売りの取引を実行せざるを得ない。それが結果的にリスクを高め、また次のアンワインド(巻き戻し)を生むという負のスパイラルが働く」(同)

・・・迅速に価格形成や取引執行する効率的なシステムは平時は良いのだが、ひとたび波乱が起きると恐ろしく破壊的に作用するということを、今回の株価大暴落は示している。

|

2020年3月27日 (金)

「アルゴリズム相場」と向き合う

日経新聞(3/25、26付)連載記事「科学と心理 市場急変に迫る」からメモする。

アルゴリズム取引について
「コンピュータプログラムに基づき自動発注するアルゴリズム取引は、世界の株式市場で売買代金の8割程度を占めるとされる。最近は人工知能(AI)に過去の市場データを学習させ、パターンを認識させるやり方が主流だ。株価に、あるパターンが生じた場合、どのような売買をすればもうかる可能性が高いのか瞬時に判断できる」(足立高徳・首都大学東京教授)

HFT(高速取引)業者とは
「HFT業者は、1秒間に数千回の取引を繰り返し、市場のマーケットメーク(値付け)の役割を担っている。市場の売買注文の7割を占めるといわれる」(NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズの城市 泉氏)

アルゴリズム取引のショック反応⇒人間心理増幅による相場の乱高下
「引き金となる出来事が生じた時に、瞬時に反応するHFTのようなアルゴリズム取引が、人間の心理を増幅させた。『ショック→心理の悪化→アルゴリズム取引』という3段階の構造だ」(和泉 潔・東京大学教授)

HFT業者はリスク回避から売買手控え⇒薄商いによる相場の乱高下
「HFT業者は過去の取引データから見つけ出したアノマリー(経験則)をもとに売買注文を出して利ざやを稼ぐ。ただ参考にできるデータは、長くても過去10年程度が限界だ。リーマン・ショックやブラックマンデーなどの過去の暴落時のデータは使えないので、急落してどのように稼げばいいかわからなくなり、リスク回避のために売買注文の減少や停止に踏み切ってしまう」(みずほ証券ヴァイスプレジデントの等々力昌彦氏)

・・・過去のデータにない事態が起きると、アルゴリズム取引は立ち往生してしまう。新たなデータを取り込みパターン認識を修正しながらAIの進化は続くとしても、相場の極端な変動が出現する可能性がゼロになることは当面期待できないだろう。

|

2020年3月25日 (水)

株価底打ち(だといいな)

本日の日経平均株価は前日比1,454円高い19,546円、2日連続1,000円超上昇して、9営業日ぶりの19,000円台で取引を終了。

日経平均は今月19日ザラバで16,358円の安値を付けた(以下株価はザラバベース)が、これは2011年11月安値8,135円から、2018年10月高値24,448円まで上げの半値押し16,291円の水準に当たる。値幅調整は充分だろう。

日柄については、高値を付けた2018年10月から今年3月まで18ヵ月(当月から当月までカウント)。これはサブプライム~リーマンショック時の、2007年2月高値18,300円から2008年10月安値6,994円まで、21ヵ月にほぼ匹敵する期間。リーマンショック時は、ザラバ安値6,994円を付けた半年後の2009年3月に終値ベースの安値7,054円を付けた。今回株価下落の日柄調整としてはやや未了感が残るため、年内に相場は二番底を探りにいく可能性があると見る。

ただ今回ショック安による急激かつ大幅調整から、不安材料は殆ど相場に織り込んだと見られるため、今後経済の実態悪を反映する株価の二番底があるとしても、今月19日安値と同水準の16,000円台が目処になると見てよいだろう。

|

2020年3月21日 (土)

アウトプットは重要です。

知的再武装 60のヒント』(文春新書)は、池上彰と佐藤優の対談本。同書から、池上さんがアウトプットの大切さについて語っている部分(ヒント25)をメモする。

池上:番組で、ゲストのいろんなタレントさんに、様々な話をしているわけですが、話したことを全部ちゃんと覚えている人と、すっかり右から左に抜けてしまっている人がいます。覚えている人は何が違うかと言うと、話を聞いておもしろいと思ったら、すぐほかの仲間に説明するらしいんです。それによって記憶に定着する。これは、インプットとアウトプットの関係で、アウトプットの重要性を物語っています。

佐藤:「教えると、覚える」というやつですね。

池上:たとえば社会人学校でも講座でも何でもいいのですが、勉強して聞いてきたことを家に帰ったら家族に話してみる。今日、聞いてきたことはこうなんだと。いや、奥さんが聞いてくれるかどうかは別の問題ですが。(笑)
私はテレビや大学の授業で話さなければならないから、アウトプットを前提にして、必死になっていろいろ調べると、やっぱり頭に入ります
聞いたり勉強したりしたことをほかの誰かに話してみることによって定着しますし、誰かに話すことを前提にして本を読んだり勉強したりすることも大事ですね。

・・・インプットしたものを、書いたり話したり、とにかくアウトプットすると、インプットの実効性が上がる。あるいは最初からアウトプットすることを前提にインプットすると、インプット自体の効果が上がる、というのは同感するところ。まあ、書くのは一人でもできるけど、話すのは聞いてくれる人を見つけてくるのが結構難しかったりする。(苦笑)

|

2020年3月20日 (金)

中世のダイナミズムに学ぶ

「文藝春秋」4月号に、出口治明氏と呉座勇一氏の対談(「なぜ?」を問わない歴史教育の愚)が載っている。出口氏はビジネスマン出身の大学学長、世界史関係の著書多数。呉座氏は歴史学者、ベストセラー『応仁の乱』の著者。以下に対談記事からメモする。

出口:ドイツの宰相・ビスマルクの「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉は歴史を学ぶ意義を象徴していると思います。
僕が歴史を学ぶ意義がよくわかると思うのは、呉座さんが研究されている中世です。中世はめちゃくちゃ面白い時代ですね。

呉座:中世は下克上、すなわち実力主義の時代です。今こそ、ダイナミズムに溢れた中世社会の姿を知ってほしい。
私たちは「日本人は、こうあるべきだ」という固定的な自画像に囚われがちです。例えば、「日本人は閉鎖的な島国の中で秩序を重んじて生きてきた保守的な民族だ」と。でも、中世社会を見ると全然そんなことはありません。
歴史を学び、現代の常識が中世の非常識であることを知る。そうやって歴史という「他者」に出会うことではじめて、現代社会の価値観や常識を相対化できる。出口さんがおっしゃったように、まさに「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」というわけです。

・・・歴史学はヨーロッパで、近代国家の自己正当化のストーリーとして生まれた。そこには、古代から中世そして近代へと時代は進歩する、そしてあらゆる国はこのコースを辿って近代国家となる、という暗黙の前提があった。しかし今では、ヨーロッパ由来の「進歩」や「普遍」の概念に疑いの目が向けられており、この状況の中で中世を学ぶことは、近現代の価値観を相対化する視点を獲得することにもつながる。それはポストモダン的感覚からの近代批判と、シンクロする場面もあるように思う。

|

2020年3月14日 (土)

気分は「独ソ戦」?

マンガ『戦争は女の顔をしていない』(小梅けいと・画)を初めて見たのは、栄の地下にあるジュンク堂書店だった。レジ近くの台に(ということはオススメ本なんだろう)、原作の岩波文庫(スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ・著)と共に置かれていた。その後、週刊東洋経済の紹介記事を見て、著者がノーベル文学賞を受けたジャーナリストで、本の内容は独ソ戦に従軍したロシア人女性500人以上の体験記であることを知り、とりあえず買って読むことにした。

まず驚かされるのは、ソ連では多くの女性が前線に出ていたこと。職務も様々で看護婦、衛生指導員から、狙撃兵、砲兵、飛行士などの戦士、さらには後方支援の洗濯部隊なんてのもある。戦争の体験記ではあるのだが、戦争のむごい有り様があれこれ語られるというよりは、戦争という日常を生きた女性たちのエピソードが淡々と並べられていく。中でも自分が一番強く印象に残ったのは、恐ろしく勇敢な衛生指導員の女性。スターリングラードの戦いの最中、雪に覆われた戦場で彼女は、味方陣地と敵陣の間に取り残された負傷兵を助けに行く。両手を挙げて大きな声で歌を唄いながら、敵の前方へと進んでいく彼女。その決死の行動に気圧されたのか、静まりかえる両軍陣地。彼女は負傷兵のもとにたどり着き、彼をそりに乗せると、今度は敵に背を向け、そりを引きながら味方陣地へと戻っていく。歌を唄い続けながら彼女は覚悟を決めている。「今・・・ 今やられる・・・・・・ 今が最期の瞬間なんだわ 今! 痛いんだろうか? ああ、おかあさん!」。しかし銃声は響くことなく、彼女は無事生還した。この女性は481人の負傷兵を戦場から救い出したという。この並外れた勇気、そして強烈な使命感はどこから来たのだろう?

このマンガを読んだ後、売れてるらしい『独ソ戦』(大木毅・著、岩波新書)も読んだ。ソ連軍というと物量でドイツに勝った、というイメージだが、実際には用兵思想でもソ連が優れていたとか。そうだとするとドイツ軍好きの自分には、ちょっとがっかりする感じもある。

自分はプラモデル少年で昔、タミヤの戦車模型はよく作ったから、独ソ戦のハイライトといえば、ロシアの大平原でタイガー戦車とT34戦車が対決するクルスク大戦車戦になる。昔のソ連映画「ヨーロッパの解放」で再現されていたクルスク、ドニエプル渡河作戦、バグラチオン作戦、ベルリン市街戦のイメージも強い。だから、割と独ソ戦には馴染みがあったりする。岩波新書を買いた大木先生も自分と同世代なので、似たようなバックグラウンドがあるのかな、と思ったりする。

|

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »