« フランス現代思想とアメリカ | トップページ | 「天下布武」そして「天下静謐」 »

2020年2月 3日 (月)

ニーチェは「プラグマティスト」!?

アメリカにおけるニーチェ受容の分水嶺は、第二次世界大戦後のウォルター・カウフマンによる翻訳の登場である。『アメリカのニーチェ』(J・ラトナー=ローゼンハーゲン・著、岸正樹・訳、法政大学出版局)の「訳者あとがき」からメモする。

カウフマンの翻訳が顕在化させたものは何であろうか。それは「プラグマティスト」ニーチェである。
(1)反基礎づけ主義、(2)多元的視点、(3)影響や効果の重視という、プラグマティズムの本質的特性を有する点で、カウフマン(の翻訳)が生み出したニーチェは、紛れもなくプラグマティストである。プラグマティストとしてのニーチェを顕在化させたからこそ、ニーチェが「高い汎用性」に基づいてさまざまに利用されるようになった。

カウフマンの翻訳は、ウィリアム・ジェイムズと比較考察することによって、ニーチェの「プラグマティズム」を浮き彫りにしたが、同時にジェイムズのプラグマティズムの本質を、アメリカの読者に感じ取らせることにもなった。その本質とは、ルイ・メナンドの言葉を借りれば、プロテスタントの宗教改革にも匹敵するほどの「アメリカ文化の中の脱制度的衝動――あらゆる社会制度の偶然性の洞察や制度、画一性への敵意――を現わしている」ものである。まさにこのジェイムズが、ニーチェのもつ反制度性、反体系性ならびに自己主権性に対する理解を容易にしたのである。

フランス現代思想の受容において「哲学を文学化」したように、アメリカ受容の「メカニズム」は、分かりにくいニーチェ哲学を「反基礎づけ主義のプラグマティズム」として、すなわち「なじみ深い」言葉遣いの哲学者として普及させていく。

・・・こうして「プラグマティスト」である「アメリカ化したニーチェ」が誕生した。ニーチェ哲学とプラグマティズムは、大雑把に言えばどちらも「相対主義」の思考であると見なすことはできる。しかしながら、ニーチェ哲学の背景にはヨーロッパ大陸の合理主義、普遍主義的思考との対決と緊張がある。それゆえに、ニーチェは最初の徹底的なニヒリストであると自称した。これに対して、アメリカ的プラグマティズムはヨーロッパ大陸の伝統的思考とはほぼ無縁といえるだろう。ということで、両者の「類似」は当然ながら表面的なものだと言うほかはないのだが、それはそれとして、アメリカ人がニーチェをプラグマティストとして理解したという事情を見ると、結局人は物事を自分の理解しやすいような形で理解するしかないのだな、と改めて思う。

|

« フランス現代思想とアメリカ | トップページ | 「天下布武」そして「天下静謐」 »