« 大河ドラマ踏んだり蹴ったり | トップページ | 明智光秀の人物像と謀反の動機 »

2019年11月29日 (金)

築地本願寺の「ドラッカー経営」

今年定年になった自分は、独り者ということもあり、いわゆる「終活」という感じで、既に自分の骨を納める場所を確保している。その「墓地」は、築地本願寺境内にある「合同墓」。自分は築地の聖路加病院で生まれたので、人生の初めと終わりは同じ場所にするか、という自分でも納得できるようなそうでもないような理由付けもしている。

その築地本願寺、昨夜のテレビ番組「カンブリア宮殿」が特集していた。MCの村上龍、小池栄子が迎えたのは、お寺のトップである宗務長の安永雄玄氏。

いま、築地本願寺はとにかく商売熱心なお寺になっている。共同墓のほか、展開する「ビジネス」はカフェ、グッズや書籍の販売、カルチャー教室、本堂利用の結婚式など多岐に亘る。これらのビジネスを推し進めている安永氏のキャリアの出発点は銀行。そこからコンサルタント業に転じ、多忙な日々の中、通信教育により50歳で僧侶の資格を取得。これが2005年のこと。そして2012年から築地本願寺の経営に関わり、2015年に宗務長に抜擢されたという、フィクションでも思いつかないような展開だ。

安永氏の目指す経営は「顧客主義」。ドラッカーの言う「顧客創造」と「イノベーション」の実践だという。多くの人をお寺に呼び込んで縁を結ぶ(顧客にする)ためには、顧客が何を望んでいるかを見極めてサービスを提供しなければならない。まさに、お寺の経営にビジネス感覚を持ち込んだという感がある。そこにはまた、「檀家制度」が崩壊している中でお寺が昔のやり方を続けていると、築地本願寺でさえ消えてなくなる、という強い危機感がある。

今のお寺には今の時代に相応しい役割があるだろう、と自分も思う。築地本願寺のビジネス展開は、現代社会におけるお寺の在り方を追求する試みでもある。その事業展開と経営力がどのような成果を挙げるのか、とても気になる。

|

« 大河ドラマ踏んだり蹴ったり | トップページ | 明智光秀の人物像と謀反の動機 »