« 「秘境駅号」に乗ってみた。 | トップページ | 映画「去年マリエンバートで」 »

2019年11月22日 (金)

冷戦終結と「ハプスブルク」

ベルリンの壁崩壊から30年が過ぎたということで、最近の欧米における右傾化、ポピュリズムの席巻と絡めて状況の変化を論評する向きが、このところ目に付いたように思う。冷戦終結時にそこそこ流行った「歴史の終わり」(フランシス・フクヤマ)という思想は、自由な民主主義が社会主義やファシズムに勝利した、と考えていたが、30年後の現実は、その自由な民主主義が危機的な状況にあることを示している、というものだ。

30年前の当時について、少し別なことを思い出す。東西冷戦の終わりと共に「中欧」の復活が言われたことだ。それはかつて中欧を支配したハプスブルクの版図の記憶が浮上する、ということだ。実際、「冷戦の終結は、ハプスブルク史研究を大々的に活性化した」(『ハプスブルク帝国』岩﨑周一・著、講談社現代新書 2017年)のである。以下、同書からメモする。

「鉄のカーテン」の消滅は、旧ハプスブルク圏の全面的な交流を可能とした。またマルクス主義史学の影響力の減退により、王権、宮廷、そして貴族を扱った研究が活発になった。
ヨーロッパ統合の進展――とりわけEUの発足と(東方)拡大――は、ハプスブルク君主国をこれと関連づけて考察する動きをもたらした。
近代化と国民国家を理想ないし規範とする見方に疑問が呈され、複合的国制など、「前近代的」とされてきた事象に対する認識が刷新された。またこれに関連して、かつてはもっぱら否定的な概念として用いられてきた「帝国」を、多種多様な国・地域・民族を包含する超域的な政治的枠組みと意味づけ、その可能性を探る議論も、今日「連邦制」や「統合」などをキーワードとして、活況を呈している。

・・・冷戦終結後の経済のグローバル化及び国民国家の存在感の低下と共に、ハプスブルク帝国に新たな光が当てられたようにも見える。近年、グローバル化に対するポピュリズム的抵抗運動(右サイドからの疑似ナショナリズム、左サイドからの反資本主義的な格差是正の要求)が高まっているだけに、ハプスブルクの歴史に学ぶことで、多民族が共存する、多様性を活かす社会体制構築のヒントを得られる・・・かもしれないけど、岩﨑先生は、ハプスブルクを多民族共存のモデルケースとみるのは多分に美化され単純化された見方である、と釘を刺してもいる。

|

« 「秘境駅号」に乗ってみた。 | トップページ | 映画「去年マリエンバートで」 »