« 東海古城研究会見学会に参加 | トップページ | 「猫町倶楽部」代表、本を出す »

2019年9月25日 (水)

「真鍋塾」出身者、恐竜学をリード

本日付日経新聞社会面記事「恐竜リバイバル②」からメモする。

世界的な研究者を輩出する日本の恐竜学が、盛り上がりをみせている。けん引役は「国産」恐竜学者の第1世代と呼ばれる若者たちだ。

3本の角を持つ「トリケラトプス」は歩き方がわからず、論争の的だった。トカゲのように「肘」を横に張り出すのか、ネコのように脚を下に伸ばすのか。謎を解いたのが名古屋大学博物館講師の藤原慎一(39)だ。パソコンで筋肉や骨の動き方を分析し、恐竜の体のしくみに迫る。トリケラトプスの「肘」の関節の筋肉がつく場所を再現すると、ネコやイヌのように脚を伸ばす筋肉が強かった。「肘を伸ばし、腹や腰の位置を高く保って歩いたことが分かった」。

藤原の弟弟子が、岡山理科大学講師の林昭次(38)だ。化石を切り刻む手法で、恐竜の暮らしや成長の過程に迫る。林は大型の草食恐竜「ステゴサウルス」の背中に生えた骨の板の謎を解いた。「肉食恐竜から身を守る防具だった」との説もあったが、決め手を欠いた。約20体の化石を切断して調べたところ、血管の穴が開いたもろい構造だった。「血液の熱を逃がす放熱板だった」。09年から成果を発表し、論争は決着した。

藤原らを排出したのが、国立科学博物館標本資料センターコレクションディレクターの真鍋真(59)が1990年代後半から開いた通称「真鍋塾」だ。閉館日に化石の測り方などを教えた。当時は大学に指導者がおらず「恐竜学の基礎を学べる場所が少なかった」(真鍋)。藤原もトリケラトプスの研究のヒントを真鍋からもらった。

・・・真鍋真先生は、あの未来的なイラストレーター真鍋博の息子さん。であることは去年読んだ『大人のための恐竜教室』(真鍋真と山田五郎の共著、ウェッジ発行)で知った。親子2代、異なる分野で才能が花開いているのを見ると、感嘆するばかりなのです。

|

« 東海古城研究会見学会に参加 | トップページ | 「猫町倶楽部」代表、本を出す »