« 南宮山(毛利秀元陣跡)に上る | トップページ | 「真鍋塾」出身者、恐竜学をリード »

2019年9月16日 (月)

東海古城研究会見学会に参加

昨日9月15日、東海古城研究会の見学会「高橋陽介氏と行く新説・関ヶ原古戦場」に参加した。高橋氏は、白峰旬・別府大学教授と共に、関ヶ原合戦の通説見直しをリードする在野の歴史研究者。その当人が同行し現地で解説するバスツアーに、非会員も参加可能ということだったので、行って参りました。

当日朝8時30分に一宮駅に約50人が集合し、大型バスで出発。南宮山に程近い垂井城跡を経て関ヶ原・笹尾山(石田三成陣)に到着。島津義弘陣、小西行長陣、徳川家康最後陣を回り、関ケ原町歴史民俗資料館を見学。9月15日は関ヶ原合戦当日(旧暦)ということもあるのだろう、陣跡界隈や資料館では、旅行会社の団体ツアーと覚しき人々も多数行動していた。

Photo_20190916194401 昼食後、関ケ原駅から西に向かって進む。この日の最高気温は34度、強い日射しが照りつける中で藤堂高虎陣、福島正則陣と回った後は、いよいよ高橋説の「西軍陣地」である藤下(とうげ)及び山中地区に入る。いくつかのポイントで高橋氏の解説が行われ、山中にある(通説の)大谷吉継陣の付近で今回の古戦場巡りを終了。不破関資料館で待つバスに乗り、夕方5時30分頃一宮駅に戻った。写真は、藤古川付近で参加者と話す高橋氏(右端)。後方にある山は、高橋説の西軍陣地(自害峰)。

これで今年は、中日文化センター講座(名古屋、5・6・7月)、佐賀戦国研究会シンポジウム(小倉、6月)、そして今回バスツアーと、自分的には高橋イヤーになっている。ちょっと前は、呉座勇一先生の話を聞きに京都へ何度か足を運んだりしていたので、転勤で今名古屋にいるのも自分的には結構便利というか妙にタイミングが合ってるというか。

「応仁の乱」にしても「関ヶ原合戦」にしても、後世に書かれた軍記物をベースにした通説的ストーリーを、当時の当事者が書き残した書状や日記など一次史料を基に見直すというトレンドの中にあるわけで、これから先もどんな新説が現れて過去が更新されるのだろうかと楽しみに感じる。

|

« 南宮山(毛利秀元陣跡)に上る | トップページ | 「真鍋塾」出身者、恐竜学をリード »