« とりあえずの結論 | トップページ | 新幹線の英語アナウンス、微妙 »

2019年7月20日 (土)

「日本青年党(仮)」を待望する

本日付日経新聞市況欄コラム「大機小機」(参議院は本当に必要か)から以下にメモする。

3年に1度の参院選は「政治の安定」を主張する与党と、「変化」を求めるだけの野党との間の不毛な論争で盛り上がりを欠いている。

二院制度はチェック・アンド・バランスのためと教科書にはある。しかし、衆参で過半数の政党が異なるねじれ国会では重要な政策は決められない。他方で同一政党が過半数を占めれば、同じ審議を繰り返すだけである。

本来は高齢化社会での社会保障のあり方など、長期的な課題を議論することが参院の役割にふさわしい。しかし、そのための大事な情報である年金の財政試算の公表は、従来の6月から選挙後に先送りされた。年金制度の問題点を明らかにして波風を立てたくない与党と、明確な改革案なしに批判するだけの野党との間で、参院選の意義はますます低下していく。

高齢化が進む日本では、投票率の低い若年層の声が軽視されるシルバー民主主義の弊害が深刻になる。

年金制度改革の争点の一つは世代間格差の是正である。仮にこれを訴える「青年党」が登場すれば選挙も活性化するだろう。

・・・二大政党制の元で、今の野党はバラバラで弱すぎる、与党に対抗できる大きな塊が必要、というのはよく聞く話。とはいえ今の野党が一緒になるのは、どうみても無理がある。しかし各野党から40代以下の人が集まって「日本青年党(仮)」を作り、与党からも参加者を募れば大きな塊を作ることは可能だろう。思うに、今の日本では政策やイデオロギーよりも、世代間の利害対立こそが最も大きな政治的争点になり得るからだ。

若年層の投票率が低いらしい。と言っても、票を入れたい人がいなければ、ましな人に入れよう、というのもやっぱり限界がある。とにかく今、政治の世界は需要と供給のミスマッチが甚だしい。若い世代の利害を代表する政党が登場すれば、当然ながら若年層の投票率も上がるだろう。

ついでに言えば、憲法改正は自衛隊の明記じゃなくて、それこそ参議院を廃止するための改正を掲げてくれれば、個人的にはポジティブに受け止められるんだけどね。

|

« とりあえずの結論 | トップページ | 新幹線の英語アナウンス、微妙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりあえずの結論 | トップページ | 新幹線の英語アナウンス、微妙 »