« 「やさしくなりたい」 | トップページ | 福島正則はリアリストだ(推測) »

2019年6月23日 (日)

「関ヶ原」シンポジウム in 小倉

本日は九州・小倉で開催された歴史シンポジウム「関ヶ原の戦いを再検討する」(佐賀戦国研究会の主催)に足を運んだ。はるばる遠征したのは、講演者の顔ぶれに引きつけられたからだ。関ヶ原新説をリードする白峰旬、高橋陽介、乃至政彦の3氏が揃い踏みなのである。名古屋からだと新幹線で3時間乗れば着くから日帰りでOK。転勤で名古屋在住である我が身を有り難いと思った。

会場のKOKURAホールは、小倉駅から徒歩10分程度の場所にある。ビルの中の大きめの会議室という感じで、参加者はざっと50名程度か。シンポジウムの進行は、白峰先生(豊臣七将襲撃事件はあったのか)、高橋先生(「九州の関ヶ原」と加藤清正)、乃至先生(上杉景勝の用兵思想と政変戦略)の順に、各40分程度講演。その後3氏が互いの発表内容について意見交換を行った。

白峰先生は既に「問い鉄砲」「小山評定」は無かった(フィクションである)と主張しているのに続いて、豊臣武断派武将の石田三成襲撃事件もフィクションとの説を提示。白峰先生の手にかかると、関ヶ原の「見せ場」はみんな無くなっちゃう(笑)。でも、言われてみれば現実の動きはそんなに劇的な展開であるはずもないよな、と納得してしまう。

このほか、加藤清正という人物は過大評価されているとか、上杉景勝が徳川家康との戦いを決意した動機を探るべき、との興味深い観点も出された。確かに歴史上の人物は、その行動は把握できても、何を考えていたかまではなかなか分からない。

関ヶ原だと自分は、福島正則が何を考えていたかが結構気になる。豊臣秀吉子飼いの武将である正則は、なぜ徳川家康に味方したのか。石田三成憎しから? そんな単純な話じゃないだろう。家康が一番多く手紙を出した相手は正則だった。いつ手のひらを返すか、気が気でなかったらしい。実際、関ヶ原では最後まで東軍先鋒を務めた正則の動きが、戦局の行方を大きく左右したわけだし。加藤清正が過大評価される一方で、福島正則は過小評価されていると思う。

それはそうと、本日のシンポジウムでは、関ヶ原合戦の白峰説、高橋説の相違点についてストレートな議論があるかも、と期待してたけど、それは無し。そこは少し残念な感じでした。

|

« 「やさしくなりたい」 | トップページ | 福島正則はリアリストだ(推測) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「やさしくなりたい」 | トップページ | 福島正則はリアリストだ(推測) »