« 深井教授、著作に虚偽の不可解 | トップページ | マンガ「イサック」 »

2019年5月18日 (土)

「哲学対話」のチカラ

今週の日経新聞に掲載されたシリーズ形式の記事「キセキの高校」には感心した。とても大事なことに取り組んでいる人たちがいる、と感じた。5月16日付連載3回目の記事からメモする。

東京大教授の梶谷真司(52)は、受験偏差値では都立高で最低に近い大山高校(板橋区)で「哲学対話」が始まるきっかけをつくった。1つのテーマを決め、互いに問いと答えを繰り返すことで、生徒は気づいていない本来の力を取り戻す。

◎哲学対話のルール(大山高校の場合)
①なにを言ってもいい②人の言うことに否定的な態度をとらない③話を聞いているだけでもOK④質問しあう⑤本で知った知識・聴いた話ではなく、自分の経験で話す⑥まとめない⑦意見が変わってもOK⑧分からなくなってもよい

梶谷は2012年、ハワイの高校で哲学対話に出合った。十数人の生徒が輪になり目を輝かせて質問し、意見を言い合っていた。「こんなにも自由に語り合う場があるとは」と梶谷は衝撃を受けた。日本でも広める決意をし活動を始めた。小学校の教室、母親サークル、過疎の自治体など大学の外にどんどん出向いた。子供から大人まで参加者を広げた。
問い、語り合うことは「日常の前提から離れて自由になること」という信念を梶谷は持つようになる。15年ごろ、学校や教師の支援を手掛ける非営利団体の関係者から大山高を紹介された。哲学対話が始まって以来、大山高では公立大や難関私大への合格者が出るようになった。学校関係者は喜ぶが、梶谷は冷静だ。合格より、生徒が問い、語り、考え、自由になることが大切だからだ。

・・・あるテーマについて他人と問いかけ合い、考えることにより得た明確な認識を、自分の為すべき行動の具体化まで落とし込む。「哲学対話」の方法は、自分の生きる方向性を見出そうと模索する若い人たちへの効果が大きいと思われる。また、ビジネスのプロセスにも応用できる感じがする。

哲学とはまさに日常の前提から離れる行いだ。つまり日常の当たり前を改めて問い直す営みだ。でも、あんまり哲学に深入りすると日常に戻ってこれなくなる恐れがある(苦笑)ので、適当なところで納得して日常に帰ってくるのが賢明だろうな。

自由についてふと思った。社会の中で自分の自由を確保するにはどうしたらよいのか。とりあえず自分が他人から大事にされるような人になる。そして自分も他人を大事にする。お互いがお互いを大事にすることが、結局は社会の中でみんなが自由に生きるための近道ではないか・・・甘っちょろいかな。

|

« 深井教授、著作に虚偽の不可解 | トップページ | マンガ「イサック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深井教授、著作に虚偽の不可解 | トップページ | マンガ「イサック」 »