« 「春の哲学カフェ祭り2019」 | トップページ | MMTって、どうなの? »

2019年5月31日 (金)

アルカトラス名古屋公演

昨日30日夜、アルカトラスの名古屋公演(今池ボトムライン)に行った。グラハム・ボネットは近年、ちょくちょく来日しているみたいだが、自分がグラハムを見るのは12年ぶり。2007年のジョー・リン・ターナーとのジョイントライブ(東京・渋谷)だった。さらに昔話をすれば、84年10月のアルカトラスのライブを東京・新宿で見た。ギタリストはスティーブ・ヴァイだった。そこから数えると35年かあ。いやあ~何か不思議な感じです。

今回のライブは、ファーストアルバム「ノーパロールフロムロックンロール」の曲と、グラハムの参加したレインボー、マイケル・シェンカー・グループ等の有名曲が中心。グラハムは「ナイト・ゲームス」を歌った後、西城秀樹に言及。彼が亡くなって非常に悲しいと言ってた(と思う)。グラハム・ボネット・バンド名義で昨年出した最新アルバム「ミーンホワイル、バックインザガレージ」からも、自分が分かった曲では「ロング・アイランド・ティー」が演奏された。なんとかかんとかアウトサイド!ってガナる歌である。思えば新アルバムは全体的に出来がよかったと思う。結構現役感出てたし。

大昔そのルックスは「横山やすし」と呼ばれていたグラハム(本人はジェームス・ディーンのつもりなのに)だが、最近は髪のボリュームも減って「タモリ」化している。でも絶叫型のボーカルは健在。そのパワーの源はおそらく、バンドメンバーでありパートナーである巨乳女性ベーシストのベス・エイミーなのだろうなあ・・・。

4年前、再結成UKのライブを東京・中野で見た後、おそらくロックのライブに行くことはもう無いような気がしていたのだが、今回行ってしまいました。この後、来たら見る気になるバンドが何かあるかなあ・・・。

|

« 「春の哲学カフェ祭り2019」 | トップページ | MMTって、どうなの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「春の哲学カフェ祭り2019」 | トップページ | MMTって、どうなの? »