« 新世代の投資マインドに期待 | トップページ | ROIC(投下資本利益率) »

2019年4月 9日 (火)

「トラスト」経営が重要に

本日付日経新聞オピニオン面コラム記事(「トラスト」欠いたゴーン氏)からメモする。

米人事コンサルティング会社のコーン・フェリーが最近、世界の経営者や管理職など約15万人を分析して選んだ「これからのグローバル経営者に求められる5つのキーワード」は、「アンティシペート(変化に俊敏に対応する)」「ドライブ(他者に活力を与えてものごとを進める)」「アクセラレート(アイデアを素早く実行する)」「パートナー(他者と協力し、アイデアを交換する)」「トラスト(多様な力を結合する)」だ。

トラストというと、一般的には「信用」「信頼」などの意味を思い浮かべがちだ。だが、欧米企業では最近、「多様性を認める」「人と人を結合する」などと発展的に解釈するようになっているという。より具体的に言い換えるなら、「国籍や性別、年齢に関係なく、励まし合いつつ、ものごとを成就する」「日本人、フランス人という単一的な集団ではなく、多様な層の間で信頼のネットワークを築く」状態だ。

「格差が広がり、破壊的技術が産業や社会を大きく変える時代だからこそ、あらゆる層の人々を結合する力がリーダーには求められる」(米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)の創業者、ヘンリー・クラビス氏)。

新結合とも訳されるイノベーションの現場を例に引けば、それが起きなくなった組織には、「とてつもないことを考える人材がいなくなった」のではない。組織をもり立て、様々な層の人材を結合できるリーダーが不足しているのだ。経営者に求められるのは必ずしも一人で引っ張るカリスマ性ではないだろう。むしろ、人にささげることに徹する「サーバントシップ(同伴者精神)」こそ、これから求められる経営者像ではないか。

・・・日産自動車の危機的状況において求められたのが、カリスマ経営者カルロス・ゴーンだった。ということは、日産の業績が急回復を果たしたとっくの昔に、ゴーン氏の役割は実質的に終わっていたと言えるだろう。その後は後継者が見出せないまま、ゴーン氏が惰性でトップを続けていたという印象がある。今後は特に日産に限らず、多様な人材を結合できる企業経営者の登場が期待される。このタイプのリーダーは企業だけでなく、昨今様々な「分断」が取り沙汰される状況にある国家のトップにも求められるものだろう。

|

« 新世代の投資マインドに期待 | トップページ | ROIC(投下資本利益率) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新世代の投資マインドに期待 | トップページ | ROIC(投下資本利益率) »