« 恵方巻きを食べることにした。 | トップページ | 宗教と自由主義のせめぎ合い »

2019年2月 5日 (火)

「平成」と「中世」

平成の30年間とはどんな時代だったのか。『応仁の乱』の著者・呉座勇一先生から見れば、もちろん中世に似ている時代、である。本日付日経新聞のインタビュー記事「平成って」からメモ。

「日本の歴史を振り返ると、『平成』は『中世』と一番近いかもしれない」

武士が台頭し、鎌倉幕府を経て戦国時代へ向かう中世は、武士、朝廷、寺社勢力が入り乱れて覇権を争った。「先が見えず、つかみどころがない時代だった」という。
平成はバブル経済の絶頂期に幕開けし、その崩壊によるリストラの嵐、出口の見えない不況が続いた。自殺者は一時期3万人を超え、オウム真理教事件など無差別テロも起きた。「戦争こそなかったが、何が起きるかわからない混沌とした雰囲気があった」

中世で「応永の平和」と呼ばれる時期がある。戦乱が比較的少なく、社会が安定した。その応永(1394~1428年)は約35年間続き、明治以前では最も長い。「ほぼ平成と同じ期間だが、応永の平和は問題を先送りして、もめ事が起きないようにして保たれた。その矛盾が噴出したのが応仁の乱だとも言える」

・・・応永の時代は、足利義満(3代将軍)、義持(4代)による相対的安定期。その後、義教(6代)は暗殺され、義政(8代)は応仁の乱を招き、戦国の世が到来する。

日経新聞紙上では今年の初め、五木寛之も平成について同様の認識を示していた。「平成とは、問題をなし崩しに先送りしている中での相対的な安定期だったのではないか。(次の時代は)改めて激しい対立や激動が起こると思う」。ポスト平成は波乱の時代となる予感?

|

« 恵方巻きを食べることにした。 | トップページ | 宗教と自由主義のせめぎ合い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平成」と「中世」:

« 恵方巻きを食べることにした。 | トップページ | 宗教と自由主義のせめぎ合い »