« 歴史本の読者が求めるもの | トップページ | 関ヶ原合戦研究の難しさ »

2019年2月23日 (土)

「文系」の危機

国公立大学を中心に、人文社会系の学部などで再編の動きが進んでいる。背景には「文系の学問は役に立たない」との見方があるようだ。危機に瀕する「文系」の在り方について、2月20日付日経新聞記事「文系学部存続の道」(社会学者・竹内洋氏へのインタビュー記事)から、以下にメモする。

「(文系が役に立たないというのは)本当にそうなのか。ぜんぜんはっきりしていない。だれに、どう役立っているのか、いないのか。客観的な根拠や証拠も示していない」
「理系では応用分野などですぐに役立つものが多いから、脚光を浴びやすい。文系の学問は、役に立たないのに批判ばかりしているといわれやすいところがあるんです」
「それに、あまりにも専門家のための学問になっている。悪い例ですが、タコつぼ的な研究が横行している」
「時代の変化、社会の要請を受けて、大学の教育は変わろうとしているが、学会の変化は鈍い」
「最近の研究者には、一般書など普通の人にも分かるものを書こうとする学者が増えている。学会が変わり、学問がより社会に開かれるきっかけになるのではと期待しています」

・・・思うに、理系でも技術工学系はともかく、理学系は「役に立たない」感が結構ある。一方、文系でも法学や経済学など実学系は、まあまあ必要性を認められているようではある。とはいえ、総じて文系の旗色が悪いのは否めない。その中でも特に人文系(文学、哲学、心理学、歴史学、社会学等々)は「要らない」感が強まっているようだ。このような大学教育における人文系の縮小、実学系重視の方向性は、当然ながら世の中のトレンド、経済効率一辺倒の動きを反映していると言ってよいのだろう。

ところがその一方では、ビジネス分野で「リベラル・アーツ」の復権が唱えられたりするものだから、どうも話はややこしい。例えば「仕事に効く世界史」「エリートが学ぶ美術史」という具合に提示されるとか。そんなこんなで、このところの文系を巡る評価は、妙にねじれた様相を呈している感がある。

どっちにしても、文系が仕事に(直接)役立つわけはないのは明らかなのだから、むしろ効率重視の世知辛い世の中でも、役に立たないものを学ぶという余裕や遊びは欲しいものだな、と思ったりする。

|

« 歴史本の読者が求めるもの | トップページ | 関ヶ原合戦研究の難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「文系」の危機:

« 歴史本の読者が求めるもの | トップページ | 関ヶ原合戦研究の難しさ »