« 宗教と自由主義のせめぎ合い | トップページ | 「文系」の危機 »

2019年2月16日 (土)

歴史本の読者が求めるもの

本日付日経新聞コラム記事「日本史ひと模様」(執筆者は歴史学者の本郷和人)から以下にメモする。

いま中世史研究者の注目の的は、『応仁の乱』で大ヒットをとばされた呉座勇一さんに尽きる。47万部を売り上げたというその偉業に、みんなが瞠目した。
応仁の乱は、細川氏を中心とする70年来の勝ち組に、山名氏をリーダーとする負け組が再挑戦したもの。結果は再び細川グループの勝利。ぼくは以前からそう説明していたが見向きもされない。これに対して呉座さんは「この戦いはよく分からないものである」とされ、社会の支持を得た。
この戦いは何であるか。その意義は何か。そう問いかけること自体が賢しらな振る舞いで、否定されるべきなのだ。分からないものは分からないまま丁寧に描写する。その謙虚な姿勢こそが大切なのだ。

・・・と、本郷先生は言うのだが、自分は『応仁の乱』(中公新書2016年10月発行)成功の理由は、歴史好きの読者の関心を幅広いレベルで集めたことではないかと推測する。まず、応仁の乱の名前を知っていても、どういう戦いだったっけ?と思う素朴なレベルの人が、とりあえずこの本を手に取る。もう少し知っている人は、足利将軍家の後継争いを原因とする通説的なストーリーとは違う乱の姿に、興味を深めるだろう。さらに上級者には、分かりにくい乱の全体像を理解しようというチャレンジな気持ちを呼び起こすかもしれない。

付け加えると、乱の本質・意義についても、細川と山名二つの大名連合の激突であるとして、乱の結果、守護在京制は崩壊したと解説されている。この本では、細川と山名の勝ち負けの判定は分からないのかも知れないが、乱そのものが分からないものとして提示されているわけではない。

このほか歴史に関心の無い人の中にも、版元の広告に登場した呉座先生のルックスに注目して、本を買った人がいるかも知れない。(苦笑)

|

« 宗教と自由主義のせめぎ合い | トップページ | 「文系」の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史本の読者が求めるもの:

« 宗教と自由主義のせめぎ合い | トップページ | 「文系」の危機 »