« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月28日 (日)

フェルメール展、人気

東京・上野の森美術館で「フェルメール展」を開催中。フェルメールの現存作品35点のうち9点が集結、同時代のオランダ絵画も約40点を展示。10月5日の初日から3週間で入場者数10万人を突破する盛況となっている。

Photo_2

自分も東京に用事を作って上野に足を運んでみた。チケットは日時指定の予約という販売方法ではあるけれど、日曜日の午後でもあり、入場開始時間には行列が出来てるし、館内に入ってみれば「混んでる」のひとこと。入場者数そのものを制限しているわけでもない感じ。

ちょうど一年前、自分はここで「怖い絵展」を見たなあ。あれもすごい人気で、連日入場待ちの長い行列ができていたらしい。
絵を見る日本人はとにかく熱心だなあと感心する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

桃配山と笹尾山

先週末、垂井から関ヶ原まで歩くJR東海さわやかウォーキングに参加。コースのポイントとなっていた徳川家康陣(桃配山)と、石田三成陣(笹尾山)を久々に訪ねた。(写真上は桃配山、下が笹尾山。撮影日2018年10月20日)Photo

Photo_2 最近は関ヶ原の戦いを巡る新説があれこれ取り沙汰されている中で、それぞれの陣地に立つと、関ヶ原の決戦当日、おそらくここには家康も三成もいなかったんだろうな~と妙な感慨を覚えてしまう。

実際にはどこにいたかというと、高橋陽介氏の説に倣えば、家康は決戦の前日に到着した大垣の北、美濃赤坂の岡山という場所に決戦当日も留まっていたであろうし、三成は松尾山の麓にある藤下地区の自害峰に布陣していた、ということになる。

高橋氏や白峰旬氏の説を参照しながら、自分なりに関ヶ原の戦いの史実を思い描いてみると・・・慶長5年9月14日昼、西軍(宇喜多・石田・島津)の籠る大垣城の北、美濃赤坂の東軍陣地に徳川家康軍が到着。大垣城の西、南宮山にいた毛利勢は、家康が到来するやいなや、吉川広家主導で東軍と和睦(事実上の降伏)した。家康軍は引き続き赤坂に留まり、南宮山の毛利に睨みを利かす。やはり同日昼、関ヶ原を見下ろす松尾山に小早川秀秋軍が布陣。小早川の東軍合流を恐れた西軍は、毛利の降伏を知らないまま、夜間に大垣城を出て移動開始。西軍を追って、東軍の先手勢(福島、黒田)も関ヶ原に向かう。翌15日未明に西軍は松尾山の麓、山中・藤下地区に着陣、小早川の動きを牽制しようとした。しかし早朝、関ヶ原で警戒行動中の大谷吉継隊を、福島、黒田の軍勢が襲う。同時に小早川軍も松尾山を駆け下り戦闘に参加、大谷隊は全滅。東軍はさらに、山中・藤下の西軍目がけて猛攻を加え、これを崩壊させた。

・・・という感じでしょうか。BS番組で乃至政彦氏が「物語と史実の両立」を語っていたように、これからの関ヶ原は史実を追求しつつ物語も排除しない姿勢で楽しむのが良いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

豊臣武将の駿府城、発掘

駿府城と言えば、徳川家康が晩年を過ごした「大御所」の城として知られているわけだが、その天守台の発掘調査において、家康時代の前の、豊臣秀吉配下の武将・中村一氏時代の天守台が発見された。この土日に現場が公開されると聞いて、本日行ってみました。

Photo

石垣はいわゆる野面積み。写真の奥の方、天守台の部分で調査員の方が、集まった見学者に説明をしている。
天守台の大きさは33m×37m。徳川の天守台が61m×68mなので、その3割程度の広さではあるが、金箔の瓦が大量に見つかっており、豪華絢爛な造りの城だったらしい。
大坂城も豊臣氏の滅亡後に、徳川が当時の城跡を埋めた上に再建したわけで、そのパターンを既に駿府城でやっていたことになる。

今回は発表直後の特別公開。今後は見学路の整備や案内板の作成を行い、11月22日木曜日から通常公開を始める。金箔瓦も展示予定とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

三英傑、マナーポスターに

最近、名古屋の地下鉄で見かけるのが写真のポスター。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の「三英傑」が社内マナーを訴える、名古屋市交通局の広告である。今日は、社内吊りその他すべてがこのマナー広告という電車に乗り合わせてびっくりした。(笑)

Photo_2   

信長は「混むならばまわりに気づかえそのリュック」で、「たーぎゃーにしなかんゾ たぁーけモンがー」と怒り爆発。
秀吉は「歩くならしまっておこうスマートフォン」で、「ところかまわずはダチかんわぁ」と戯けるように嘆いてみせる。
家康は「ゆずるなら迷わずゆずろう優先席」で、「ぜったゃあゆずったれせんわ!」と力む若き日の自らの画像(例の「しかみ」像が元ネタと思われる)を前に、「でぇえらぁ若かったもんでかんわ・・・」と反省口調。

なかなかベタに名古屋っぽいのも悪くないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »