« うなぎの「イチビキ」 | トップページ | 『テンプル騎士団』 »

2018年8月12日 (日)

『世界史序説』

世界史序説 アジア史から一望する』(岡本隆司・著、ちくま新書)から学んだこと、考えたことなどを以下に書いてみる。

最古の文明であるオリエント文明は東西に拡大伝播。西ではギリシア・ローマ文明を、東ではインド文明、さらに黄河文明を生み出した。しかし4世紀から5世紀になると、地球規模の寒冷化を背景とした異種族・遊牧民の移動・攻撃により、西ローマ帝国、漢王朝が滅亡。この危機の時代に、オリエント・南アジアから、キリスト教・仏教・イスラームの「世界宗教」が生まれて東西に広まる。5世紀から6世紀、東ローマ帝国とササン朝ペルシアの両雄が並び立つ、その間隙を縫うように現われたイスラームは、やがて中東から北アフリカ、イベリア半島を支配するに至った。イスラームの地中海制覇とは、東西に分かれていたオリエントの、イスラームによる再統一であると見ることができる。

 

9世紀以降、アジアの東と西で、唐とイスラームによる統合が終焉。気候の温暖化により遊牧民の活動が活発化する。13世紀初めに生まれたモンゴル国は、その強大な軍事力により、ほぼユーラシア大陸全域に及ぶ大帝国へと成長。あわせて遊牧と農耕、移動と定住を有機的・安定的に結合させる仕組みを構築した。さらに13世紀後半には、広域の商業化、銀だての財政経済、流通過程からの徴税などを柱とした経済国家へと変貌した。

 

14世紀の後半、気候の寒冷化に伴い、ヨーロッパのペスト流行など天災疾病が世界的規模で発生、蔓延。ユーラシアではモンゴル政権が崩壊、瓦解した。次に台頭したトルコ系のオスマン帝国は、ローマとイスラームとモンゴルを一身に継承する存在として、アジア・アフリカ・ヨーロッパの三大陸にまたがる一大勢力となった。東アジアでも、満州人を中心にモンゴル人・漢人が結集した清朝が登場。ここにアジア的政治社会構造は、ほぼ完成する。軍事政治を担う遊牧起源の支配者と、経済文化を担う在地定住民の共同体を、双方の事情に通じたエリートがつなぐという統治スタイルの下に、多様な言語・宗教・慣習を持つ人々が共生共存する。これが、草原・遊牧と農耕・定住が交錯するアジアにおいて、平和な共存と円滑な政治を実現する合理的な方法だった。

 

そして16世紀の大航海時代。世界史を動かす主役はヨーロッパへと移り、世界史は大きく転回する。ルネサンス華やかなイタリアの繁栄を最後に、地中海から大西洋に交易の舞台は移り、海軍国イギリスが産業革命も起こして「大英帝国」を築き上げる。以後は世界が一体化する近現代史、帝国主義の時代までほぼ一直線の道のりになる。

 

近代はまさしく西欧中心の時代だが、近代以前は西洋を中心に世界史を考える必要はないのだと了解する。日本とヨーロッパは、遊牧の要素を欠いた農業生産優位の一元的社会という共通性があるという指摘を始め、様々な観点を得られる、繰り返し読みたい一冊。

|

« うなぎの「イチビキ」 | トップページ | 『テンプル騎士団』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『世界史序説』:

« うなぎの「イチビキ」 | トップページ | 『テンプル騎士団』 »