« スパイシーマサラ(京都駅) | トップページ | 『世界史序説』 »

2018年8月11日 (土)

うなぎの「イチビキ」

名古屋でうなぎというと、「イチビキ」が人気店らしい。と聞いて、一回行ってみるかと思って調べたら、朝10時からお昼の分の整理券を配る(開店は11時30分)という。で、納屋橋近くにあるお店に先月数回、10時台に行ってみたら、毎回「整理券配布終了」という目に遭った。こりゃあ10時にはすぐなくなるんだなと了解して、本日は9時15分頃にお店の前に到着。既に20人程が並んでいた。やはりみんな早くから来るんだなと納得しつつ、列に加わった。

Photo_4

10時になり整理券を渡される。24番、12時30分の予約だ。もちろん自分の後ろにも人の列。やはり10時に整理券はすべて配布終了という状況だった。
入店まで2時間半の間、QBでヘアカットしたり、本屋に行ったりして時間を潰す。予約時間の10分位前にお店に入った。お店からは白煙がもうもうと出ていて、辺りにはうなぎを焼く匂いが漂う。
注文したのはうな丼2,500円。今日も暑いので、ビールの小瓶もいただく。ちなみに上丼は3,000円、特上丼は3,800円。焼くのに時間がかかるとも聞いていたが、注文してから10分程で出てきた。なるほど肉厚のうなぎである。食べ応えあり。

 

とりあえず「イチビキ」のうなぎ、体験して満足しました。次は上丼や特上丼を食べてみる・・・かどうかは分からないが、行く時は9時台から並ばないとアカンですね。

|

« スパイシーマサラ(京都駅) | トップページ | 『世界史序説』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うなぎの「イチビキ」:

« スパイシーマサラ(京都駅) | トップページ | 『世界史序説』 »