« 「ウ・パドリーノ」 | トップページ | 藤井七段誕生、高速の昇段 »

2018年5月 6日 (日)

「パープル・ファミリー」の活躍

正直、グレン・ヒューズが「クラシック・ディープパープル・ライブ」ツアーなるものを去年の9月からやっているというのを全く知らなくて、久しぶりにプライベート盤ストアのサイトを眺めた時に、ライブ盤が商品リストにアップされているのを見て「へぇ~」となった次第。何しろ今年になってから、1月にホワイトスネイクの「パープル・ツアー」ライブ盤、4月はリッチーブラックモアズ・レインボーの2017年イギリス公演のライブ盤(いずれも公式盤)が相次いで出て、さらにグレンのライブということで、パープル・ファミリー(死語)が活躍してるな~という感じになったものだから、グレンのチリ・サンティアゴ公演(今年4月)のプライベート盤も購入して聴いてみた。紫の炎や嵐の使者など第3期と第4期の曲はもちろん、ハイウェイスター、スモークオンザウォーターもセットリストに入れる大サービスぶり。グレン健在を示し、バンドメンバーもどういう人か知らないけど、かなりの凄腕という感じ。おそらくいずれは公式盤も出るのでしょう。
 
既に出ている話だけど、現在活動しているリッチーのレインボーに、グレンも参加する予定だったらしい。しかし連絡に人を介していたものだから話の行き違いがあったらしくて、結局実現しなかったと。何しろメインボーカリスト(ロニー・ロメロ)がいるという一番肝心な話が伝わってなかったのだから、それを分かっていれば、シンガーとしての自負心も人一倍強いであろうグレンが、最初からバンド参加の誘いを受け入れるはずもなかっただろう。(苦笑)
とはいえ、もしグレンが参加していれば、それはそれでレインボーという名前のバンドとしてはちょっと微妙な感じもあったと思われるので、まあこれで良かったんじゃないの、と思ってしまう。(苦笑)
 
リッチーは飛行機に長時間乗るのは嫌だということで来日は期待薄だが、グレンの来日は期待してもいいのかも。来たら見てみたいという気持ちはある。
 
今ではさすがに本家ディープパープルの新作を買うということはないのだが、それにしてもディープパープルの音楽に40年以上も付き合うとは思っていなかったな。何しろ70~80年代のロックをやってた当人たちが、今も現役でやってるわけだから、何だかすごいことだと思うよ。

|

« 「ウ・パドリーノ」 | トップページ | 藤井七段誕生、高速の昇段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/73435279

この記事へのトラックバック一覧です: 「パープル・ファミリー」の活躍:

« 「ウ・パドリーノ」 | トップページ | 藤井七段誕生、高速の昇段 »