« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月30日 (月)

「ウ・パドリーノ」

「“伝説のマフィア”ラッキー・ルチアーノの末裔が日本にいた」という帯の言葉に惹かれて、『ゴッドファーザーの血』(マリオ・ルチアーノ著、双葉社)を書店で手に取った。
 
何しろラッキー・ルチアーノといえば、マフィアのビッグネームである。1931年のニューヨークにおけるマッセリア一家とマランツァーノ一家の抗争の中から、最終的にボスの中のボスとしてのし上がり、マフィア組織の近代化を成し遂げたラッキー・ルチアーノ。その伝説のギャングの血筋をひく人物が日本の裏社会で生きていたというだけでも驚きなのに、現在は東京・茅場町にあるイタリアン・レストランの経営者であるという話を目にして、また驚いた。
 
レストランの名前は「ウ・パドリーノ」。実は名前を覚えていなかったのだが、何しろ自分の前の勤務地が茅場町を最寄り駅とする新川だったから、もしかしてあそこ?と思い出す店があったので、調べてみるとやはり一回だけランチで入った覚えのある店だった。地下鉄の駅から永代通りを東に歩いて霊岸橋を渡り、すぐ左に曲がったところにあるお店である。いや~あそこそういう店なんだ、何だかすごいとしか言い様がない。
 
マリオ・ルチアーノ氏は1964年シチリア生まれ。23歳の時に来日し、東京や神戸など、既に30年以上日本に住んでいる。かつてはいわゆる「経済ヤクザ」として長い間活動してきたが、今では裏社会関係の仕事からは足を洗い、レストラン経営に専念しているとのこと。
 
この本の前半では、ルチアーノ氏が日本に来るまでの若い頃に、ニューヨーク、パキスタンのカラチ、フィリピンのマニラで経験した出来事が語られる。日本に来てからは、山口組はじめ裏社会系の人々との交流の話が中心となっているが、時に生命の危険に晒されるなど、それこそドラマか映画のような、常人には想像もできない人生だという感想しか出てこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

会津征伐と直江状

天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』(乃至政彦、高橋陽介の共著、河出書房新社)の「第5章 会津征伐と直江状」の要点などを以下にメモする。

 

(会津征伐に至る経緯の通説)

慶長5年(16004月、謀反の疑いをかけられた会津の上杉景勝は、徳川家康からの上洛の要請に対し、家臣の直江兼続に長文の返信をしたためさせた。それは「会津の政治に後ろめたいことは何もない。逆心など謂れのないことだ。無茶なことばかりを言い立てるのは、何か悪巧みがあるのではないか」と挑発する内容だった。世にいう「直江状」である。書状を手にした家康は怒り心頭に発し、諸大名に「会津征伐」の総動員をかけた。

 

(乃至氏の「直江状」検証の要点)

いわゆる「直江状」は、西笑承兌(さいしょうじょうたい)和尚の書状に対する返書である。写しのみが現存し、原本がないため、真贋論争が続いてきた。乃至氏は「直江状は承兌書状の内容に一々返答したが、どこも噛み合っていない」(渡邊大門氏)という説に同意する。そして、「実際に兼続が書き送った返書と、直江状を別物として考える」(水野伍貴氏)という提言に従うべきだとする。というのは、そもそも西笑和尚の書状は私的なものである。つまり承兌と兼続の私信往還と、家康側と上杉側との間の公使往還とはまったく別物なのだ。直江状は両者を混同した創作物だと考えられる。要するに兼続は景勝と家康の交渉に一切関与していないのだ、と乃至氏は結論づける。

 

(上杉景勝の本意とは)

さらに乃至氏は、景勝の「逆心」も真実だったと見ている。景勝は事前に誰とも共謀することなく、単独で開戦準備を進めていた。景勝は自ら動乱を呼ぶことによって、天下に公儀のありようを問おうとしたのである。もともと景勝は豊臣秀吉死去以来の上方の政争に消極的で、くだらない派閥争いで安定しない公儀に、不快感を募らせていたのだろう。行き詰まった上方の政情を打破することができれば、それで良かったのである。

以上から、会津征伐は通説のいうような家康の野望の現われではなく、景勝の逆心による関東の争乱勃発を防ぐため、公儀による征伐として動き始めた戦争なのである。

 

・・・自分は、まず高橋氏担当部分(関ヶ原合戦)を目当てに同書を買ったのだが、乃至氏担当部分(関ヶ原に至る政治プロセス)も読んでみると非常に面白い(特に直江状の解説)と思ったので、メモさせてもらった次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

関ヶ原(山中・藤下)合戦の経緯

天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』(乃至政彦、高橋陽介の共著、河出書房新社)の「第15章 西軍降伏後に起きた合戦」を要約してみる。
 
慶長5年(1600)9月14日、徳川家康の軍勢が美濃赤坂に着陣。石田三成ら西軍の立て籠もる大柿(大垣)の城から北に一里(約4km)ほどの場所である。また同日、小早川秀秋勢が松尾山の西軍勢力を排除して当地を占拠(これは高橋氏によれば、事前に家康方と示し合わせての行動である)。松尾山は大柿から四里(約16km)西の関ヶ原にある。東軍に寝返った小早川を討つべく、14日の夜、大柿にいた石田三成、宇喜多秀家、小西行長、島津惟新(義弘)の4部隊は城を出て関ヶ原に向かった。
 
大柿から関ヶ原までの途中にある南宮山には、毛利勢が布陣していた。関ヶ原方面に移動する西軍の行動を撤退と捉えた毛利家の筆頭家老・吉川広家は、既に東西両軍の勝負がついたと判断。東軍と和談交渉を行うことを独断で決意し、使者を送った。そして、東軍の井伊直政・本多忠勝らと吉川広家らは起請文をとりかわし、広家側は人質を差し出した。高橋氏は、これにより東軍と西軍の総和談は成立、それは事実上の西軍の降参を意味する、という。
 
9月15日の未明、西軍は松尾山の北、山中村・藤下村付近に展開した。西から島津、宇喜多・小西・石田、一番東側に大谷吉継である。同日の早朝、東軍の先手である福島正則・黒田長政らの部隊が、西軍陣地に攻め掛かってきた。
西軍で最初に戦い、最初に崩壊したのは大谷吉継の部隊である。吉継は、西軍陣地のいちばん東側にやや離れて布陣していた。東軍先手衆の攻撃を六、七度撃退したが、松尾山からおりてきた秀秋の部隊に側面を攻撃され、崩壊した。さらに東軍先手衆は宇喜多勢、石田勢を潰走させ、島津の陣地への攻撃を開始した。島津勢はそれらの部隊の真ん中を切り開いて東へ向かって撤退した。
こうして関ヶ原合戦は終わった。
 
・・・関ヶ原合戦通説の見直しにおいては、西軍の移動(大垣城から関ヶ原)の理由が、一つの焦点だと思われる。通説では、西進する東軍を関ヶ原で迎え撃つためとされていた。これに対し高橋説は上記のように、小早川陣攻撃のためとする。また、白峰旬・別府大学教授の説によれば、家康軍到着により圧迫を受ける南宮山の毛利勢を、バックアップする体制に立て直すためである(『歴史群像』2017年10月号所収の論文)。しかしどちらにせよ、吉川広家の主導による和睦成立、すなわち毛利の事実上の降伏により、東軍が何の障害もなく西進し関ヶ原に進出できたのは、山中・藤下に布陣した西軍にとって想定外の事態であったということになる。これが短時間の戦闘で西軍が崩壊した一因のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

雑誌「angle」の頃、40年前の東京

『あのころangle』という雑誌が出ていることを教えてくれたのは、今月24日付の日経新聞コラム「春秋」。以下に要約的にメモしてみる。
 
文字のびっしり詰まった精密な手書き地図と、とことん歩いて得た情報。1977年に主婦と生活社が創刊した雑誌「angle」が消えたのは85年、バブルが始まる時期だ。むさ苦しい若者が減り、おしゃれな場所が増えていった。そんな世の流れと無関係ではなかったかもしれない。

休刊から30年あまり。版元のシニア編集者らが集まって、79年刊行の別冊「街と地図の大特集」を復刻させた。かつて愛読者の学生だったり、駆け出し社員だったりした面々もすでに還暦前後である。平成も終わりが近づくなかで、昭和の東京とそれを伝えた媒体の息づかいを記録にとどめようと企画がまとまったという。
 
「この雑誌は『面』としての街の魅力にこだわっていた」と復刻に携わった森本泉(60)さんは言う。何でも検索のネット時代が見失った、探索の醍醐味がそこにはある。
 
しばし復刻版を眺めれば、池袋をブクロ、吉祥寺をジョージなどとしきりに愛称で呼んでいる。気恥ずかしさを覚えつつ、人間の匂いのした街を思う。
 
・・・「angle」はまさに、「東京」を「読む」タウンガイドだったと言える。思えば「街と地図の大特集」が出た79年、僕は「ジョージ」をうろつく20歳の大学生だった。あれから40年近い時が流れたのだ――といっても実はそれ程の感慨はない。あるのは、とまどいにも似た薄い驚きの感覚というか。むしろ「angle」復刻版という媒体を目の前にすることによって、自分は確かに40年前の東京にいたのだ、という実感を与えられているような気がする。
 
それはさておき、今の東京はどうもおしゃれになりすぎている感もある。歩いていて何となく疲れるような。それこそ自分の年令のせいかもしれないが。でも昭和の東京には、楽しい人、つまんない人、いろんな人の思いをそのまま受け止めてくれる、そんな街の温もりがあったのかもしれない。などと思ったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

『歴史と戦争』

 『歴史と戦争』(幻冬舎新書)の著者は半藤一利氏。昭和5年生まれ、いわゆる昭和ヒトケタ世代である。私事めいたことを記すと、自分の親と同年代の人である。なので自分にとっては、この本を読むことは親世代の言葉を聞くということに他ならない。昭和ヒトケタ世代は、戦時中の少年少女として空襲や疎開を経験し、戦後は価値観が全くひっくり返った社会を生きた人々である。自分たちの親世代の経験と考え方を理解すること、その価値観を時々思い起こして今の世の中を見てみることが、昭和ヒトケタの親を持つ自分たちの義務のような感覚がある。

 

 東京・向島生まれの著者は昭和20年3月10日の東京大空襲を経験している。空襲の後の焼死体がいくつも転がる焼け跡に立った著者は、これからは「絶対」という言葉を使うまい、と心に誓う。「絶対に正義は勝つ。絶対に日本は正しい。絶対に日本は負けない。絶対にわが家は焼けない。絶対に焼夷弾は消せる。絶対に俺は人を殺さない。絶対に・・・・・・と、どのくらいまわりに絶対があり、その絶対を信じていたことか。それが虚しい、自分勝手な信念であることかを、このあっけらかんとした焼け跡が思いしらせてくれた」。

その東京大空襲を指揮したルメイ将軍は戦後、日本政府から勲章を授与されている。航空自衛隊の育成に功績あり、との理由だ。この不条理な事実を毎年3月になると思い出す著者は、「われながら執念深いことと思うが、こればかりはこの世をオサラバするまで永遠に思い起こすことになる」と語る。当然の感情だと思う。時に政治は戦争よりも不条理である。

 

 そして「あとがき」には「本書の結論」として、以下の言葉がある。

 「わたくしを含めて戦時下に生をうけた日本人はだれもが一生をフィクションのなかで生きてきたといえるのではなかろうか。万世一系の天皇は神であり、日本民族は世界一優秀であり、この国の使命は世界史を新しく書きかえることにあった。日本軍は無敵であり、天にまします神はかならず大日本帝国を救い給うのである。このゆるぎないフィクションの上に、いくつもの小さなフィクションを重ねてみたところで、それを虚構とは考えられないのではなかったか。そんな日本をもう一度つくってはいけない」。

 

 「国家総動員法」「大政翼賛会」「大本営発表」「戦陣訓」「国体護持」「一億総特攻」・・・この本に出てくる戦時中の言葉を拾っていくと、息苦しい時代がありありと感じられてくる。これらの言葉が重くのしかかってくる生活、その中で日々を送ることが自分の親世代の少年少女時代の現実だった。この戦時を支配したフィクションが将来、同じ姿で現われることはさすがに無いだろうが、国家が国民の生活と生命を危機に陥れるフィクションを、別の形で生み出す可能性が全く無いとは言い切れない。そのような可能性を考える時に、著者を始めとする昭和ヒトケタ世代の経験と思考を思い起こすことが、強く求められるのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »