« 「チェコのトランプ」は日系人 | トップページ | ブロントサウルス、「復活」困難か »

2018年1月27日 (土)

福島正則が造った堀川

慶長14年(1609)、徳川家康が名古屋城築城を命令、その翌年2月に着工。ほぼ同時期の慶長15年6月、堀川の開削が始まる。城と町造りが一体化して進められたことがうかがえる。開削の責任者は福島正則。『地図と地形で楽しむ 名古屋歴史散歩』(都市研究会編、洋泉社歴史新書)から以下にメモ。
 
福島正則といえば、加藤清正と並ぶ豊臣秀吉子飼いの武将としてしられています。賤ヶ岳の戦いで「賤ヶ岳七本槍」とよばれる活躍を見せて出世し、文禄4年(1595)には尾張24万石で清須城主となっています。関ヶ原合戦では東軍につき先鋒をつとめ、広島藩約50万石の大大名となりました。史実では決して清正に優るとも劣らない英雄です。
 
かつての領地だった名古屋城の築城では、堀川の開削担当奉行(責任者)となりました。
堀川の別名は正則(左衛門太夫)にちなんで「太夫掘」と呼ばれたこともありましたが、清正人気におされて、段々とその功績は忘れられていきました。ようやく最近になって、堀川の産みの親として、正則も再評価される動きも出ています。今は堀川にかかる納屋橋の欄干に福島氏の家紋「中貫十文字」がひっそり刻まれているのです。
また、堀川の河口部にあった貯木場と堀川を結ぶ掘の一部(名古屋市熱田区)が「太夫掘」の名で残っています。
 
・・・秀吉とその軍団の武将は土木工事が得意、というイメージがあるなあ。でもなんで、正則と清正の知名度に大きな差がついてしまったんだろう。酒好きで人情に厚い、いかにも豪傑らしい福島正則。関ヶ原の戦功による大出世の後、豊臣氏の滅亡を見届け、最後は自らもお家取り潰しの憂き目にあう悲劇の人でもある。こんな正則さんに、歴史好きの関心がもっと向けられても良いように思う。

|

« 「チェコのトランプ」は日系人 | トップページ | ブロントサウルス、「復活」困難か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/72788982

この記事へのトラックバック一覧です: 福島正則が造った堀川:

« 「チェコのトランプ」は日系人 | トップページ | ブロントサウルス、「復活」困難か »