« 存在感高まる「中世都市」 | トップページ | パンダの繁殖努力が奏功 »

2018年1月 3日 (水)

平成30年の初詣は日泰寺

名古屋で迎えた平成30年のお正月。近年自分は初詣スルーが続いていたけど、環境が変わったせいなのか、何となく初詣に行くかという気持ちになり、東山線沿線にある覚王山日泰寺に出かけてみた。
午前中に行ったら、参拝客は少ない。たくさん人がいるのも疲れを覚えるが、あんまり人がいないのも初詣の雰囲気としては物足りないものだなと思った。

Photo_4

日泰寺は明治37年(1904)建立の、歴史的には新しいお寺。何でも宗派を超えた仏教寺院とのこと。タイ国から寄贈された仏舎利を境内に収めており、日本とタイから名前は日泰寺。また覚王とは、お釈迦様のことだそうです。

|

« 存在感高まる「中世都市」 | トップページ | パンダの繁殖努力が奏功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年の初詣は日泰寺:

« 存在感高まる「中世都市」 | トップページ | パンダの繁殖努力が奏功 »