« 2017年10月 | トップページ

2017年11月25日 (土)

消えゆく半チャンラーメン

もう30年も前、神保町にある小さな出版社に勤めていた自分にとって、ラーメン「さぶちゃん」閉店のニュースは、感慨めいた思いを抱かざるを得ない知らせというほかない。21日付東洋経済オンライン発信記事(執筆者はラーメンライターの井手隊長)から以下にメモ。
 
安くてお腹いっぱいになれるサラリーマンや学生の味方。ラーメンと半(分の)チャーハンがセットになった「半チャンラーメン」が静かに衰退している。
 
東京・神保町で長らく愛されてきた老舗のラーメン店が、ひっそりとその看板を下ろした。「さぶちゃん」。熱心なファンを獲得しており、行列が目立つお店として有名だった。さぶちゃんの来店客のほとんどが注文していたのが、「半ちゃんラーメン」(750円)。生姜の効いたスープのラーメンと醤油の濃いチャーハンをセットにした看板メニューだ。
 
「さぶちゃん」が閉店してしまったのは、「半チャンラーメン」というメニューを提供してきた「町中華」の凋落を象徴しているようでもある。
 
「町中華」は今、店主の高齢化や後継者問題に悩んでいる。
厚生労働省が2011年に発表した「飲食店営業(中華料理店)の実態の経営改善の方策」によれば、個人経営の中華店の店主の年齢は50歳以上で72%。5年以上前のデータなので、今はさらに高齢化が進んでいるだろう。
このうち営業時間が10時間以上の個人店は30.8%。閉店時刻も「21時以降」が73.9%を占め、長時間営業が当たり前となっている。そして、「後継者がいない」と答えたお店は何と全体の62%に上った。
 
店主の高齢化が進み、後継者探しも難しく、長時間労働となると閉店もやむなし。実数を把握できないが、「町中華」は確実に町から減ってきている。おのずと「半チャンラーメン」を出すお店も減ってきているということだ。
 
・・・「町中華」の減少のほか、糖質制限ブームの逆風、調理工程は多いのに価格設定は抑えめ、というのも半チャンラーメン衰退の理由という。
 
日本の中小零細企業が抱える、経営者の高齢化と後継者難という問題から、町中華も逃れることはできない。それが現実だろうとは思う。でも、このまま町中華そして半チャンラーメンが消えていき、町のラーメン屋はチェーン店だけになってしまったら、それも何だか味気ない感じがする。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

「怖い絵」展大人気の謎

Photo

現在、東京・上野の森美術館で開催中の「怖い絵」展が大人気となっている。10月7日から開館時間10:00~17:00でスタートしたが、早くも一週間後には土9:00~20:00、日9:00~18:00に時間拡大。三週間で来場者数10万人突破。人気上昇も加速し、直近では入場待ち最大3時間という凄まじいことに。来週以降は土曜に加えて、金曜と祝日も9:00~20:00開館で対応する。(12月17日終了予定)

自分も先日、東京に行く機会があったので、とにかく入場したのだが、なるほど大混雑。まさに絵を見るより人を見るという感じでありました。

この展覧会が気になったのは、たまたま展覧会準備の苦労話を雑誌で読んだ(『芸術新潮』8月号・「怖い絵」展ができるまでの本当にあった怖い話)ことによる。確かに世界のあっちこっちから絵を集めてくるというのは、大変なことだよなあと思う。苦労して開催に漕ぎ着けた展覧会に、これだけたくさんの人が見に来てホントに良かったねと、関係者を讃えたい気持ちにもなる。

とはいえ、「怖い絵」展がこれ程の人気を集めている理由はというと、正直よく分からない。この展覧会のコンセプトの基礎にあるのはもちろん、ドイツ文学者中野京子の人気著作「怖い絵」シリーズなのだが、今回の出展作品約80点のうち、「怖い絵」の本で紹介された西洋名画の実物は10点ほどだという。なので、よく知らない画家や作品も多いし、そもそも「怖い」と言っても直接的視覚的にとても怖いという程でもない。本のコンセプトに基づいて、文化的歴史的背景を理解した上で、じわじわ怖くなるという絵が大半なのである。

まあ、こうしたお勉強的要素のある展覧会にわんさか人が来るのだから、それはそれで大したことだなあと思う。今夜はテレビ番組「美の巨人たち」で、今回の展覧会の目玉である「レディ・ジェーン・グレイの処刑」が紹介されたし、さらにわんさか人が来るんだろうな。

(11/10追記)開館時間は11月16日以降、連日9:00~20:00に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ