« 宗教改革と神聖ローマ帝国 | トップページ | ルドルフ一世の志 »

2017年9月 2日 (土)

米朝の「冷戦」状況

アメリカの識者は、米朝は「冷戦」状態にあるとの認識を示している。本日付日経新聞国際面記事(止まるか挑発・北朝鮮情勢を聞く)から以下にメモ。
 
北朝鮮は世界、特に日米韓が核兵器保有国と認めることを要求している。
米政府はまず朝鮮半島の非核化という考えを捨てる必要がある。実現の見込みがなく、交渉戦略や目標にはなり得ないからだ。次に北朝鮮が核保有国だと認めなくてはならない。さらに対北朝鮮政策が抑止と封じ込めだと明確に表明すべきだ。
トランプ政権はいまだに非核化に固執しているが、これまでにあらゆる政権が失敗してきた。現実を受け入れなくてはならない。これは北朝鮮との新たな冷戦なのだ。
(マイケル・オースリン氏、米スタンフォード大フーバー研究所フェロー)
 
制裁などの圧力によって北朝鮮に完全で検証可能な核放棄に向けた交渉に応じさせる、という従来の政策は土台が崩れている。北朝鮮が交渉に興味がないのは明白だ。
我々は北朝鮮の技術的能力と政権の寿命を過小評価していた。米韓同盟を強化し、必要なら朝鮮半島に軍事力を追加配備しなければならない。また中ロから北朝鮮に対し、攻撃は容認しないという明確なメッセージを送らせる必要がある。
長期的には、北朝鮮の内側からの平和的な政権の変革を目指す。いずれも困難で時間がかかるが、最善の道だろう。冷戦時に近い状況といえる。
(マイケル・メイザー氏、米ランド研究所上級研究員)
 
・・・自分が子供の頃、第三次世界大戦はアメリカとソ連が核ミサイルを撃ち合って決着を付ける、というイメージが流布していたと思う。冷戦の終結と共に、その「悪夢」も過去のものになった。はずだったのに、冷戦終結後四半世紀を経て、その可能性が「縮小再生産」された形で復活するとは想像もできなかった。
冷戦時のソ連解体を思えば、北朝鮮も内部崩壊を待つしかないのかも知れないが、そこに至る具体的な道筋は今のところ見えない。緊張を孕んだ困難な状況が長期化してしまうのか。

|

« 宗教改革と神聖ローマ帝国 | トップページ | ルドルフ一世の志 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/71591717

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝の「冷戦」状況:

« 宗教改革と神聖ローマ帝国 | トップページ | ルドルフ一世の志 »