« 社会学は経済学に勝てない | トップページ | 将棋オールドファンの独り言 »

2017年6月27日 (火)

グローバリズムにリベラルは無力

現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』(北田暁大、栗原裕一郎、後藤和智の共著、イースト新書)は、「若者論」や「リベラル」などを切り口に、おおよそ90年代以降の人文社会分野の動きを踏まえながら、社会運動や社会批評の現状を語るという内容。グローバリズムに対するリベラル思考の破綻について、以下に栗原氏、北田氏の発言からメモする。
 
栗原:左派リベラルの論理では、グローバリズムというのは帝国による周辺国からの搾取にほかならないから、辺境国が耐えられなくなって破綻するというストーリーが描かれてきました。でもトランプ現象やブレグジットで明らかになったのは、グローバリズムに耐えられなくなったのは、途上国ではなくて、先進国の中間層だったということですよね。途上国はグローバリゼーションの恩恵を受けて潤っている。そこでも左派のロジックは破綻してしまっているんだけど、その辺に対する弁明も聞いたことがない。
 
北田:なんかグローバリズムの捉え方が、かつての帝国主義論と同じような枠組みのままで、どこかに搾取されているところがなきゃいけないことになっているけれど、実態は、かつての第三世界搾取論で搾取されていたといわれているようなところが、経済発展を遂げている。どこが疲れているかというと、実は先進国が疲れている。搾取を見出そうとすると、場合によっては搾取されているのはアメリカとか日本とかになってしまう。
 
・・・グローバリズムに対するリベラルのスタンスは無効、無力であるというほかない。グローバル経済への抵抗運動という意味では、おそらくリベラルに変わるものとして、というのも変な感じだが、ポピュリズムやナショナリズムの動きが目立つようになっている面もあるのかなと。

|

« 社会学は経済学に勝てない | トップページ | 将棋オールドファンの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/70957187

この記事へのトラックバック一覧です: グローバリズムにリベラルは無力:

« 社会学は経済学に勝てない | トップページ | 将棋オールドファンの独り言 »