« 応仁の乱は時代の転換点 | トップページ | エスカレーター問題 »

2017年3月30日 (木)

「義とされる」とは

人は信仰によって義とされる、って何のこっちゃと非キリスト教徒は思うわけだが、とりあえず『プロテスタンティズム』(深井智朗・著、中公新書)第3章からメモしよう。

キリスト教の救いとは「義とされる」ということである。しかし「義」とは説明の難しい考え方だ。

義とは神との関係の正しさのことであり、罪とはこの正しい関係の破壊のことである。

神の教えに反したり、神の存在や恩寵を否定したり、拒否することは罪である。関係が破壊されているからだ。人間が罪人であるのは、自らこの関係を破壊したからである。

この罪の状態では人間は天国に行けないのだから、神との壊れてしまった関係を修復しなければならない。 

しかしルターは、人間の側の努力によって正しい関係を回復することや、自分は義とされたという確信を持つことは不可能だと考えた。

ルターが聖書に発見した事実は、神は義を持つだけではなく、それを与えることが可能だということであった。義人とは、神によって義とされた人を指すというのが、ルターが聖書を読み、そこから引き出した結論であった。

この神の義を人間が受け取るために、この世に来たのがキリストとしてのイエスである。キリストとしてのイエスは神の子であるから、まさに義を持った存在だ。罪や過ちのないイエスが私たちの罪や過ちを引き取り、その代わりに義を与える。

ルターはこの発見を、「キリストの義と人間の罪が交換される」という、いわば神秘主義的な表現によって説明した。

ルターは、神が人間を救うという行為を人間はただ受け取るのであり、神がなすことを信頼するのが信仰だと考えたのである。

・・・義とは、神との正しい関係である、と言われればまあ分かるような気もする。けど、義を「持つ」とか、「与える」とか言われると、やっぱりよく分からなくなる。はあ。

|

« 応仁の乱は時代の転換点 | トップページ | エスカレーター問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「義とされる」とは:

« 応仁の乱は時代の転換点 | トップページ | エスカレーター問題 »