« ジョン・ウェットン死去 | トップページ | 大統領令の威力 »

2017年2月 2日 (木)

吉祥寺人気に陰り

「住みたい街」の代名詞と言えば吉祥寺・・・だったはずだが、その人気にも陰りが見えてきたようで。朝日新聞デジタルの本日付配信記事からメモ。
 
首都圏で賃貸で住みたい駅は目黒、荻窪、武蔵小杉の順で人気が高く、ランキング上位の常連だった吉祥寺は2年連続で11位以下に転落・・・。不動産情報を扱うオウチーノ総研が、オウチーノの賃貸サイトへの2016年のアクセス数を基にランキングを発表した。
 
1位 目黒駅  2位 荻窪駅  3位 武蔵小杉駅  4位 赤羽駅  5位 池袋駅  6位 恵比寿駅  7位 大泉学園駅  8位 北千住駅  9位 三鷹駅 10位 中野駅
 
ランキングを始めた12年の首位は吉祥寺で13~14年も2位だったが、15年からトップ10圏外に転落。代わって14年に圏外からトップに躍り出たのが目黒で、15年も2位につけた。
一方、15年から4位に急浮上したのが赤羽。清水菜保子・主任研究員は「家賃が手頃なのに加え、漫画やドラマの影響もあるのではないか」と言う。
清水さんは「吉祥寺は駅前が発展しすぎて、駅近の物件が少なく、休日の混雑などからも住む街としては魅力が下がったのでは。通勤の利便性なども含め、幅広い選択肢の中から自分に合った街を選ぶようになっているようだ」と分析している。
 
・・・トップ10のうち、目黒と恵比寿はシングル向け家賃の相場が15~16万円台とのことで、「住みたい」けど「住めない」街だな。(苦笑)
 
自分が吉祥寺にある大学に通っていたのは、もう40年近く前のこと。随分昔だなと自分でも唖然とするが。昔の吉祥寺の雰囲気は賑わいと落ち着きが程よくブレンドされていたと思うのだが、今では開発されすぎたという感じかも。上記トップ10に荻窪と三鷹が入っているのを見ると、中央線ライフを楽しむなら荻窪か三鷹に住んで、吉祥寺に遊びに行くというイメージが浮かぶ。どうやら吉祥寺は「住みたい」街ではなく、「遊ぶ」街に変わってしまったようだな。

|

« ジョン・ウェットン死去 | トップページ | 大統領令の威力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/69461949

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺人気に陰り:

« ジョン・ウェットン死去 | トップページ | 大統領令の威力 »