« 『1984年』、米国で再読気運 | トップページ | エゴン・シーレの映画 »

2017年2月19日 (日)

『応仁の乱』に注目

中公新書『応仁の乱』(呉座勇一・著)が、販売部数10万部を超える注目の本に。同書は、先日発表された「新書大賞」(中央公論新社主催)でも、昨年発行の新書ランキング5位の評価を獲得している。毎日新聞サイト本日付発信記事(「不人気」応仁の乱、異例のヒット)から以下にメモ。
 
本書の読みどころは、広く知られた定説を覆すところにある。
まずはこれまでの説をおさらいしてみよう。銀閣寺(京都)を建てたことで知られる室町幕府八代将軍の足利義政が文化に力を入れるあまり政治に関心を示さなくなり、弟義視(よしみ)を後継者に決めた。しかし、「悪妻」とされる日野富子が、その後産んだ義尚(よしひさ)を後継ぎにしようと「ごり押し」したことで、それぞれの後見である細川勝元(東軍)と山名持豊(宗全、西軍)をはじめとする有力大名が争った――と伝えられることが多かった。
 
しかし、呉座さんは「日野富子の悪女説は(歴史上の合戦を題材にした文芸作品である)軍記物『応仁記』が起源です。近年の研究で虚構性が指摘され、歴史学界での富子への評価は、経済面から幕府を支えた存在に変わりつつある」と解説する。きちんとした史料には、富子が直接的に開戦に関与した形跡は見当たらず、義政も政治に無頓着なわけではなかったという。
開戦の直接的なきっかけは、有力大名だった畠山氏の家督争いだが、さまざまな思惑を持って多くの大名が戦乱に参加し、京都は焼け野原になってしまう。
1467年に始まった戦乱は1477年まで延々と続く。そして結局、勝者も敗者もはっきりしないままに終戦を迎えた。一言で言えば「ぐだぐだ」である。

売れ行きは好調だが、決して易しい本ではない。開戦26年前の六代将軍・義教(よしのり)暗殺(嘉吉の乱)など戦乱に至るまでの背景も丹念に描き、巻末の人名索引は約300人もの名前を掲載する。入り組んだ人間関係を過度に図式化することは避け、興福寺(奈良)の高僧が残した日記などを基に「同時進行ドキュメント」のような一冊にしたのは、呉座さんが「この先に何が起こるのか知るよしもない当時の人々の視点から、乱を描きたかった」ためだ。

・・・確かに、応仁の乱は「ぐだぐだ」ゆえによく分からない戦いだから「不人気」であるのだと思う。でもだからこそ知りたいという潜在的欲求があり、それに応えたのがこの本であるということなんだろう。でも店頭でぱらぱら見たけど、確かに簡単に読める本じゃないんだよね。ということで、自分はとりあえずもう少しやさしめな『戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本』(じっぴコンパクト新書)を買いました。(苦笑)

|

« 『1984年』、米国で再読気運 | トップページ | エゴン・シーレの映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/69658264

この記事へのトラックバック一覧です: 『応仁の乱』に注目:

« 『1984年』、米国で再読気運 | トップページ | エゴン・シーレの映画 »